Yahoo! JAPAN

猫が床で『くねくね・ゴロンゴロン』する意味5つ 楽しそうに見える行動、ご機嫌な証拠?

ねこちゃんホンポ

1.安心している

猫がゴロンと仰向けになりお腹を見せている姿は、とても無防備な姿です。この姿には、「急所であるお腹を見せられるほどリラックスしている」という意味があります。

猫はもともと警戒心が強い動物です。安全な環境、信頼している人の前以外で無防備な姿を見せることはあまりありません。

つまり、そんな無防備な姿を見せられるほど安心している、ということなのです。

2.構ってほしいアピール

飼い主さんや同居猫の前でくねくねしたりゴロンと寝転がったりするのは、「遊んでほしい」「甘えたい」という気持ちをアピールしているときです。

無防備な姿を見せていますが、お腹を見せたからといって、「お腹を触ってほしい」という意味ではないので注意しましょう。お腹を触られるのを嫌がる猫は多く、触ろうとすると攻撃されることがあります。

3.縄張りの主張

猫は自分の体から出るにおいをつけて、縄張りをアピールしています。

柱や壁に体をこすり付けたり、おしっこを飛ばしたりする方法が有名ですが、仰向けになって背中を床にすりつけるようにして自分のにおいをつける方法もあります。

室内で暮らす猫よりも、外で暮らす猫によく見られる行動のようです。

4.マタタビを感じている

猫にマタタビの粉末や枝を与えると、床に体をこすりつけるようにくねくねすることがあります。これは、マタタビに含まれる成分によって興奮したり、幸せな気持ちになったりするためです。

また、蚊を避けるためにマタタビの成分を体にこすりつける行動とも言われています。

マタタビに似たにおいがするものは、意外に身近にあります。実は『人の汗には、マタタビに含まれる成分に似た成分が含まれている』と言われていて、特に男性が着ていた服などに猫がくねくね・ゴロンゴロンとすることが多いようです。

ただし、マタタビへの反応は猫によってさまざまです。ほんのわずかな量でも反応する猫もいれば、全く反応しない猫もいます。

5.発情期の行動

避妊手術を受けていないメス猫は、年に数回発情期を迎えます。

発情期にはオス猫に自分の存在をアピールするための特徴的な行動をするようになり、そのひとつが背中を床につけてゴロンゴロンすることです。床に転がることでフェロモンをこすりつけてオス猫にアピールしていると言われています。

まとめ

猫が「くねくね・ゴロンゴロン」する姿はとてもかわいらしいですよね。

その行動は、安心しているときや飼い主さんに構ってほしいときなどにします。縄張りの主張や繁殖のためなど本能的にしているときもあります。

愛猫がくねくね・ゴロゴロしていたら、そのような意味でその行動をしているのか、じっくり観察してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. お猪口で気軽に試せる♪日本酒に精通した夫婦がセレクト NHK神戸放送局前の『立ち呑みニューワールド』で日本酒と逸品を堪能してきました 神戸市

    Kiss PRESS
  2. 野呂佳代が同級生役で登場!脛男(木村昴)のほろ苦い思い出に「泣けた」「共感しかない」の声『クラスメイトの女子、全員好きでした』第2話

    読みテレ~読んで楽しいテレビの話
  3. 戦争で全てを失っても「人を思いやる気持ちがある」難民問題の専門家が衝撃の経験を語る

    文化放送
  4. 守られない公益通報者に青木氏が警鐘「告発する人が守られるシステムができれば不正をさせられる人も減る。色々な意味で重要」

    文化放送
  5. 【8/25まで】庄原市の国営備北丘陵公園で「備北夏まつり」開催中!全力で夏を遊び倒そう

    ひろしまリード
  6. 【7月19日プロ野球公示】阪神・木浪&森下、ヤクルト川端、中日・中田、オリックス中川圭太、ロッテ山口航輝ら登録

    SPAIA
  7. わさだタウンにあった『和の食堂 穂なみ』がトキハ会館でオープンするみたい

    LOG OITA
  8. 新しくできるトライアル皆春の建物ができてた

    LOG OITA
  9. GREEN DAY、15年ぶり単独来日ツアー決定 2025年2月に大阪・名古屋・横浜で全4公演

    SPICE
  10. 【沖のルアー釣果速報】中深海ジギングで良型「アラ」がコンスタントにヒット!(愛知)

    TSURINEWS