Yahoo! JAPAN

ボディアクションでクラブを振る動きが身につくストレッチポールドリルとは!?【板橋繁の世界標準インパクトで飛ばす!G1スウィングの真実/ゴルフ】

ラブすぽ

ボディアクションでクラブを振る動きが身につくストレッチポールドリルとは!?【板橋繁の世界標準インパクトで飛ばす!G1スウィングの真実/ゴルフ】

ストレッチポールドリル

●立体的な体捌きが身につく!
G1スウィングは、手を返さずに体捌き(ボディアクション)だけでクラブを動かしますが、その感覚を掴むのに最適なのがこのドリル。

ストレッチポールを下から支えるようにして右肩の上に担ぎ、右手が下、左手が上のまま手を返さずに身体の動きだけでポールが背中側に入れ替わるようにします。

胸の面を下に向けたまま、身体の前にある仮想のスウィング軸を回り込むようにして身体を回転させるのがポイントです。

【世界標準】手を返さずボディアクションでクラブを振る!

フォローでは左前腕の回外が肝!

出典:『世界標準インパクトで飛ばす!G1スウィングの真実』著/板橋繁

【レッスンプロ情報】
●板橋繁
Gold One Golf Schoolディレクターオブゴルフ。全米ゴルフ教師インストラクター協会日本支部 (USGTF JAPAN) 主席試験官。1967年生まれ。日本体育大学大学院体育学修士課程修了。日体大ゴルフ部時代は同期の伊澤利光プロとともに活躍。卒業後は日体大ゴルフ部コーチ兼スポーツトレーニングセンターに勤務し、オリンピック選手とプロゴルフアーのトレーニングを指導。1995年に渡豪し、ヒルズ学園高校ゴルフ部監督に就任。ジュニアゴルフの育成と数々の勝利に貢献する。2002年からは、豪州のトッププロ養成学校 A Game Golf Academy 日本人担当コーチを務めた。運動力学を主体にした独自のコーチング理論とメンタルコントロール論を確立し、ツアープロのコーチングも担当する。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 「科学忍者隊ガッチャマン」放送開始50周年記念!上映&トークイベント開催

    おたくま経済新聞
  2. 伊藤裕一、大山真志、東山光明らが魅せる“芝居バトル” 音楽劇『刻(きざむ)』レポート

    エンタステージ
  3. 保田圭、息子に弁当を作るも心配している理由「上手に食べられるか」

    Ameba News
  4. 市川海老蔵、父・市川團十郎さんに会わせたかった子ども達「泣けます」「ジーンときました」の声

    Ameba News
  5. 【8月17日プロ野球公示】ヤクルト石山泰稚が昇格、巨人・中山礼都は抹消、広島は森浦大輔と石原貴規を登録、白濱裕太を抹消

    SPAIA
  6. 乳がんになり、素直に受け取れなかった友人からの励まし「がんだよ、わかってる?」

    Ameba News
  7. 【日本100名城・小谷城(滋賀県長浜市)】姉川合戦の舞台を見下ろす戦国時代屈指の山城

    城びと
  8. 小原正子、バスが遅れた際の長男の言動に「最高」「カッコいい」の声

    Ameba News
  9. 心のリゾートへ出かけよう!暑い中0円でもストレス解消ができる 「真夏のリゾート法」とは?【ストレスの話】

    ラブすぽ
  10. 犬に大声を出すべきではない『ダメな理由』4つ 犬にとってどんな悪影響があるの?

    わんちゃんホンポ