Yahoo! JAPAN

【ダイソー】夏休みの自由研究やおうち遊びに!100円で簡単「手作りせっけん&あわボム」作ってみた

ウレぴあ総研

100円ショップ「ダイソー」には、安くて本格的で、可愛い「手作りキット」がたくさんあります。

今回はその中でも、お湯の中でぶくぶく泡立つところを楽しめる「あわボム」キットと、実際に使えて見た目も可愛い「せっけん」キットをご紹介します。

子どもの夏休みの自由研究にもおすすめですよ!

100円なのに本格的!ダイソーの「手作りキット」作ってみた

つくろう!キラキラせっけん/100円(税抜き)

まずは「つくろう!キラキラせっけん」(税込み110円)を作ります。

型つきの商品で、簡単にできそうなイメージですが、実際にはどうなのでしょうか。

パッケージを見ただけで「早く作りたい!」とノリノリになっている娘と作ってみました。

材料

・つくろう!キラキラせっけん
・紙コップ:色の数に合わせて
・せっけんカット用のナイフ
・割り箸:1本
・食用色素、ラメグリッター(必要であれば)

色を分けるための紙コップや混ぜるときの割り箸は、キットとは別に必ず用意しておきましょう。

色をつけたりパッケージのようなキラキラを混ぜたりしたい場合は、別途食用色素やラメを用意する必要があります。

パッケージと同じものを作りたい場合は、キットひとつではできないので注意してくださいね。

キットの中には説明書とせっけんの型、せっけんのもとが入っています。

説明書にはQRコードが付いていて、動画で作り方を確認することもできますよ。

作り方

それでは、早速作っていきましょう。

まずはせっけんを1cm角にカットします。

すこし力が必要な作業なので、大人がやってもいいかもしれません。

色を分ける場合は、ここでせっけんを紙コップの中に分けておきます。

今回はそれぞれ3色のせっけんを作るので、3つの紙コップに3等分しました。

小分けした紙コップの中に、食用色素をほんの少し入れます。(耳かき1杯程度)

ラメを入れておきたい場合は、この段階でグリッターも混ぜておきます。

筆者と娘が作ったときは、グリッターを思いっきりこぼして床がキラキラに…。あらかじめ何か敷いておけばよかったです。

色素とグリッターを入れたせっけんをレンジで加熱して溶かします。

説明書には500Wで20秒と書かれていますが、よくレンジの中をみて調節しましょう。

加熱しすぎると、ぶくぶくと溶けたせっけんが紙コップから溢れてしまいます。

少しせっけんが溶け残るかな?くらいの加熱で止めておき、残りは割り箸で混ぜて溶かしきったほうが上手にできると感じました。

溶かしたせっけん混ぜて、型に流し入れます。

温めておいたせっけんはすぐ冷えて固まってしまいます。

3色まとめて加熱し、順番に型に流し込んでいると、最後の方にはせっけんが固まり始めてしまいました。

1色ずつレンジで加熱→型入れを繰り返すのがおすすめです。

冷蔵庫で冷やし固めます。きれいに作りたい場合は、ここで気泡を潰して消しておいてもいいかもしれません。

固めるまでの所要時間は約10分程度。とっても簡単にできました。

固まったせっけんを型から取り出して、完成です!

型からは簡単に取り出すことができましたよ。

大きさはちょうど子どもの手のひらに乗るくらい。

ラメグリッターはもちろん、色素の溶け残りや気泡が残っていても味があって可愛らしい仕上がりに。

宝石みたいで乙女心をくすぐります。

光に少し透けるのが夏らしく、子どもの宝物になりそうな見た目です。

火傷に注意しないといけない部分もあるので、大人と一緒に取り組むのがおすすめですよ。

せっけんを実際に使ってみると、実際にしっかり泡立ちました!

ラメが溶け出してきたり、お湯が色素の色になったり、とても楽しめました。

せっけん自体はなにも匂いがしないので、いい香りのするものをあらかじめ混ぜてみてもいいかもしれません。

簡単に本格的なせっけんができて、大人もびっくりの仕上がりでした。

つくろう!あわボム/100円(税抜き)

続いて「つくろう!あわボム」を作ってみます。こちらも税込み110円です。

バスボムのようなイメージですが、お風呂ではなく洗面器等にいれて遊ぶのがおすすめのようです。

店頭には「月と星」「ボール」があったので、どちらも購入してみました。

材料

・つくろう!あわボムキット
・スプレーボトル:1本
・塩:大さじ1
・食用色素、ラメグリッター(必要あれば)
・中に入れるおもちゃ(必要あれば)

あわボムを作るときには、細かな水の調整のためスプレーボトルが必須となります。

トライしてみた感想を先にお伝えしてしまうと、スプーン等で水の微調整をするのはほぼ不可能だと思うので、ダイソーでスプレーボトルも一緒に購入するのがおすすめです!

作り方

「つくろう!あわボム」には、あわボムの元と型が付いています。

「ボール」にはボール型が付いています。2つのキットの違いは型のみだと思われます。

それでは、実際に作ってみます。

あわボムのもと1、2をボールに入れます。

さらに塩大さじ1を入れて、スプーンでざっと混ぜます。

複数の色を作る場合は混ぜた粉を紙コップ等で分けておきましょう。

食用色素、グリッターなどもこの段階で一緒に入れます。

水をスプレーボトルで少しずつ吹きかけながら混ぜます。

水は入れすぎても少なすぎてもNG!様子を確認しながら少しずつ追加していきましょう。

「しゅわしゅわする」といいながら娘も楽しく混ぜてくれました。

(私も混ぜてみましたが、この段階で「しゅわしゅわ」とは思いませんでしたが…笑)

水の目安は、手でギュッとにぎってすこし固まるくらい。多すぎても少なすぎでも出来栄えが変わるようなので注意です。

説明書にはQRコードが載っており、作り方が動画で紹介されているので、それを参考に混ぜてみましょう。

できた粉を型に入れていきます。

ギュッと圧をかけながら入れていくのがコツですよ。

ボールの方はマーブルになるよう色を変えながら親子で協力して入れました。

こちらもこぼしても大丈夫なようシートを敷いておくのがおすすめです。

ボールの方には中心におもちゃを入れておくこともできます。

小さなものなら指人形やフィギュアでもいいですが、今回は娘と相談の結果シーグラスを入れてみました。

ボールの方は型であらかじめ形を作った後、取り出してギュッと手で握って整えます。

型から外してそっと乾かしましょう。

「月と星」の方は型にいれたまま乾かします。30分程度で固まりますよ。

型からそっと取り出して、完成です!

崩れそうでどきどきしましたが、簡単に取り外すことができました。

市販の入浴剤のように、綺麗な仕上がりで大満足です♪

ボールのあわボムは、海外のアイスのようなマーブルがポップな仕上がりに!

早速お湯に入れてみると…

とたんに泡がぶくぶく出てきました!

一緒に作った娘と大興奮で眺めます。

色素やグリッターが溶け出して、洗面器の中の色も楽しめます。

たくさん色を混ぜたので、最後はなかなか濁った色になってしまいましたが、それも含めていい色の勉強になりますよ(笑)

中に仕込んでおいたシーグラスもボムの中から綺麗に出てきました。

いつもの家のおもちゃを入れただけですが、新しいおもちゃを発見したような特別な気持ちになります。

「つくろう!あわボム」も、「つくろう!キラキラせっけん」も100円とは思えないくらいの本格的な仕上がりに。

きれいなものやカラフルなものが大好きな子なら喜ぶこと間違い無しの出来上がりでした。

作るときには必要なものを必ず用意して、挑戦してみてくださいね。

(ハピママ*/なかじま なつ)

【関連記事】

おすすめの記事