Yahoo! JAPAN

go!go!vanillas『RUSH BALL 2021』ライブレポート ーー共に見た花火にイベントの成功を願う

SPICE

go!go!vanillas 撮影=渡邉一生

『RUSH BALL 2021』go!go!vanillas

音楽を鳴らす喜びに満ちていた『RUSH BALL』初日、その大トリを務めるのはgo!go!vanillasだ。サウンドチェックから早々と会場の熱量を高めていた彼らは1曲目「one shot kill」から、タイトルのまんま瞬発力高く観客の心をブチ抜いていく。強靭なロックにスカの要素を組み込んだサウンドはハチャメチャに楽しいんだけど、これまでのようなレスポンスが返せないのがもどかしい……。それでも観客は拳を突き上げるだけじゃ物足りないと、限られたスペースのなかでツーステもヘドバンも何でもありと、思い思いに彼らの音を満喫している。何度も上がる花火の特効が着火剤となって、メンバーも観客のテンションも跳ね上がっていく。

go!go!vanillas

柳沢進太郎(Gt)は「生音で聴くからこそ感じる音楽の魔法を信じて『RUSH BALL』に集まってくれてありがとう。最後まで転がり続けていくから!」と叫ぶと、牧達弥(Vo.Gt)が不敵に笑みを浮かべ「波乱万丈、上等ー!」と「カウンターアクション」へと続く。爽快でワイルドな柳沢のギターが突っ走っていく。歌詞の冒頭にある<馬鹿げたことばかり 頭にくるよな><日差しさす ひとときをただ目指して 毒に飲み込まれないよう常に問いかけて>。ライブでお馴染みのナンバーだが、この日はひと際歌詞が心に突き刺さる。その気持ちは同曲だけじゃない。

go!go!vanillas

今年3月にリリースされたアルバム『PANDORA』から披露された「クライベイビー」「お子さまプレート」と、混沌とした時代に生まれた作品だからこそか、彼らの音楽に懸ける思いがギューギューに詰まっているのを感じる。トリである緊張だとかプレッシャーはそこにはない。ただただ音を鳴らせる喜びが表情に、パフォーマンスに溢れていて、ロックンロールが止まる気配は微塵も感じない。

go!go!vanillas

「夢みたいな光景です」と、感謝の思いを伝える牧。ただ言葉にして話すのではなく、音楽で思いを返したいと、数日前に今の思いを詰め込んで作ったばかりだという新曲を披露。<しょうがないなんて言わせない><ステージにいま僕らは立っている><聞こえない声も聞こえてきそうだよ>と、今この瞬間を流露した言葉の数々に胸が締め付けられる。心打つ素晴らしい曲だけれど、どうかいつか、笑い飛ばしながら歌える日がくることを願ってやまない。

go!go!vanillas

「大阪の未来に懸けてみよーぜ!」、ライブ後半は「アメイジングレース」からピースフルな楽曲が続く。ジェットセイヤ(Dr)が立ち上がってドラムを叩けば、呼応するように観客も踊り、「エマ」では長谷川プリティ敬祐(Ba)がライブを謳歌しまくりのご機嫌なリズムを叩き出す。ライブハウスみたく、メンバーがフロア中央に集まってプレイする姿さえも嬉しくなってくる。

go!go!vanillas

「世の中の暗闇を照らせるのはオレたちじゃないの? 音楽を愛しているみんなと、思い切り溜まりに溜まった思いをぶつけて!」とラスト「平成ペイン」へ。痛みを笑顔に代える、晴れ晴れとしたアンセムを鳴らし、『RUSH BALL 2021』初日のトリを駆け抜けた。

go!go!vanillas

イベント最後の恒例の打ち上げ花火は「最高の夏の思い出を作ってくれてありがとう。また音楽のなる場所で会えるように」と、メンバー4人もステージに残り、観客と見届ける。今秋にはバンド初のアリーナツアーも決定している彼ら。打ち上げ花火に込めた願いはきっとすぐに叶うはず!

取材・文=黒田奈保子 撮影=渡邉一生

『RUSH BALL 2021』オフィシャルレポート一覧はこちら

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. あったらいいな「大人の秘密基地」をカタチに 模型のツリーハウスで表現

    おたくま経済新聞
  2. 神社で買ったお守りは毎年交換しなくても効力が無くならないのは本当?【12ヶ月の開運神社カレンダー】

    ラブすぽ
  3. 高齢者の便秘を改善する薬の使用。押さえておきたいポイント2つ

    「みんなの介護」ニュース
  4. TVアニメ『86―エイティシックス―』第2クールのEDテーマ リーガルリリー「アルケミラ」 Remix版リリース決定 リミキサーはRudeLies

    SPICE
  5. 華やかな邸宅でパティシエ特製の苺スイーツをお腹いっぱい堪能 加古川市の結婚式場 ミル・アンジュ「プレミアムスイーツコレクション」

    Kiss PRESS
  6. こんなポケモン待ってました! 「Pokemon LEGENDS アルセウス」試遊レポート

    価格.comマガジン
  7. ヲドルマヨナカ、色鮮やかで個性溢れるメンバー10名が届けた始動ワンマンライブ開催!

    Pop’n’Roll
  8. <離婚したくなった話>子どもの夜泣きに怒鳴る夫!追い詰められる心、もうだめ【まんが】

    ママスタセレクト
  9. 松下洸平、メジャーデビュー後初のライブツアー完走 自身作詞作曲のラブソング「KISS」配信リリースを発表

    SPICE
  10. やしろ優、医師らが驚く早さで第1子を出産したことを報告「まさかの2時間」

    Ameba News