Yahoo! JAPAN

犬がストレスを感じやすい『冬の環境』4選!ベストな環境を作るコツとは?

わんちゃんホンポ

犬がストレスを感じやすい冬の環境4選

冬はホカホカなお部屋でのんびり過ごしたいですよね。でも犬を室内飼いする方は、犬にとって快適な環境がどのようなものか知っておく必要があります。人間は快適でも、状況によっては犬の体調不良の原因を作りかねないからです

子犬、小型犬、高齢犬、温かい国が原産の犬、シングルコートの犬種はとくに寒さに弱いので寒さへの配慮は欠かさないようにしてください。しかし、適度な管理を行うことがとても重要。寒すぎず、反対に暑すぎて熱中症にならない環境作りが大切です。

まずは、犬がストレスを感じやすい冬の環境4選のチェックを行いましょう。もし思い当たる点があれば今後改善してください。

1.暖房で暑い

人間が温まるこたつ、ファンヒーター、エアコン、床暖房、ホットカーペットなども暖房器具は、温度によっては犬にとって暑すぎてしまいます。とくに直接温度が伝わりやすい暖房器具には要注意。

こたつで寝ているうちに熱中症になってしまう犬もいます。また、床全体が温まる床暖房は犬の逃げ場がなくなりやすいので、高温にならないよう気をつけなければなりません。あらゆる暖房器具を使用する際は、犬の安全性や体調を優先して使用することが大切です。

2.冷えて寒い

冷気は下に流れていくため、人間よりも低い位置にいる犬は予想以上に寒さを感じている可能性があります。とくにフローリングの床材は冷えやすいです。犬の位置までしゃがんだりしながら温度を確認してみましょう。

犬が寒さで小刻みに震えていないか、水を飲む量や回数が減っていないかなど確認しながら冬を過ごすようにしてください。

3.乾燥している

人間と同じように、乾燥した部屋は犬にもストレスを与えます。喉や鼻の乾きがウイルスへの抵抗力を減らしてしまい、肌や毛にも悪影響を与えかねません。犬とひと冬過ごす間は、十分な湿度を保つことが大切です。

4.暖房器具が近くに置いてある

人間用の暖房器具は、時には犬に危険を与えることがあります。こたつの中、ストーブの前でやけどしないよう十分注意しなければなりません。また、それぞれの電気コードを噛んでしまう、ホットカーペットを引っ掻いてしまい感電してしまうことも…。

暖房器具はあくまでも人間用であることを再認識し、犬が安全に使える工夫をしてあげてください。ストレスがなく、犬も温まることができる環境作りを行っていきましょう。

室内犬にとって快適な環境を作るコツ

寒い冬を愛犬と仲良く過ごすための、ちょっとした工夫を行っていきましょう。ここでご紹介する、快適な環境を作るコツをぜひ参考にしてください。

温度と湿度をしっかり設定

まずは犬にとって快適な温度・室温を確認しましょう。温度は20度前後、湿度は50%以下に調整を。暖房器具を付けている間は、加湿器も稼働するなどを行ってください。

リビングが暑くなりやすいご家庭は、ワンコーナーに犬が快適な空間を作っておくようにしましょう。

犬の寝床を冷やさない工夫

クレートごと毛布でくるんだり、ペットサークルをフリースやダンボールなどで囲うと保温性が高まります。安全に使える「ペット用ホットカーペット」なども冬の間は重宝しますよ。

ドアや窓サッシのすきま風をふさぐこともポイントです。寒い空気がたまりやすい場所は避け、温度差ができにくい場所に寝床を置くといいですね。

また、犬に留守番をさせる間は安全のため、こたつやストーブなどは必ずオフにしましょう。エアコンのみ稼働を行い、寒くないように最善を尽くしておくことが大切です。

ストーブには囲いをする

ストーブには必ずストーブガードで囲い、犬をやけどや熱中症から防ぎましょう。稼働中は決して目を離さないことも重要です。

まとめ

犬は人間よりも寒さに強い分、暖かすぎるお部屋は苦手です。人間と犬は体感温度がちがうことを改めて再認識し、愛犬が快適に暮らせるお部屋を整えてあげてくださいね!


(獣医師監修:平松育子)

【関連記事】

おすすめの記事