Yahoo! JAPAN

ミュージカル『ストーリー・オブ・マイ・ライフ』田代万里生×平方元基で再演!新ペア参加も予定

エンタステージ

ミュージカル『ストーリー・オブ・マイ・ライフ』田代万里生×平方元基で再演!新ペア参加も予定

ミュージカル『ストーリー・オブ・マイ・ライフ』が、2021年12月に再演されることが決定した。本作は、メロディアスな楽曲にのせ110分間ノンストップで描かれる二人の男の友情を描いた二人だけのミュージカル。出演には、2019年の日本初演時と同じ田代万里生・平方元基ペアのほか、新ペアを迎えて上演する。

本作は、音楽・作詞のニール・バートラムと脚本のブライアン・ヒルの手によって、2009年にブロードウェイで初演され、ドラマ・デスク・アワードにノミネートされた(ミュージカル作品賞・作曲賞・作詞賞・脚本賞)。その後、2010年には韓国でも上演され、『スリル・ミー』と同様に大ヒット。現在は韓国ミュージカルの定番作品の一つに成長した。

描かれるのは、故郷を同じくする2人の男、トーマスとアルヴィンの友情の物語。トーマスは、長年の友であるアルヴィンの死に対して弔辞を書くために、自分の心の中に広がる空想世界でアルヴィンとの出会いからの転機を一つ一つ語っていく。アルヴィンは、その追憶の旅の中でトーマスを導くために、彼の心の中にある物語を探し回る。2人は、音楽と歌を通して、自分たちの冒険を語り、過去の不和に触れ、最後には固い友情の根底にある愛を見出していく。

初演時は、田代と平方が2役を交互に演じる「相互上演」が話題を呼んだが、今回は、亡くなった幼馴染アルヴィン役を田代、小説家トーマス役を平方に固定し、より作品を掘り下げる。また、今夏には本作に取り組む新ペアの発表も予定しているとのこと。

ミュージカル『ストーリー・オブ・マイ・ライフ』は、12月14日(火)から12月25日(土)まで東京・よみうり大手町ホールにて上演される。チケットは、秋頃より発売予定。

コメント紹介

◆高橋正徳(演出)
この作品は2年前、田代万里生さん平方元基さんをキャスト相互上演という形で日本初演を迎えました。初演を立ち上げる大変さもさることながら日替わりで役を変えて演じて行くというのは相当なハードルでした。ですが二人の努力の結果、同じ二人が同じ台詞を喋り、 同じスコアで唄っているにも関わらず役を入れかえると随分違った印象の作品になったと思います。今回二人と共により作品を深めていく時間にしたいと思っています。
そして、新たに加わる二人の才能が作品に刺激を与えるだけでなく、新たな眼差しをもたらしてくれる事に期待しています。
今年12月大手町ホールにて待ちしております。ご期待ください。

◆田代万里生(アルヴィン役)
「君の頭の中には、何千もの物語があるはずだよ!」
今年のクリスマスシーズンは『ストーリー・オブ・マイ・ライフ』が待っている!こんなに嬉しいことはありません。2019年の日本初演からわずか2年、今回は平方元基が作家のトーマス、田代万里生が本屋のアルヴィンのみを演じます。ノンストップの全1幕(約110分)で2人とも一度も舞台からはけずに出ずっぱり。名曲揃いのミュージックナンバーは38曲もあります。劇中ではアメリカで大定番のクリスマス映画「素晴らしき哉、人生!」がキーポイントとなっているので、まさにクリスマスシーズンのご観劇にもぴったり。大人になったあなたの【心の落とし物】が、この作品できっと見つかるはず。
劇場でお待ちしております!

◆平方元基(トーマス役)
二役交互出演の初演、とんでもないことに挑戦させるなぁ~と思いながらも、毎日頭が沸騰しつつ、一つ一つシーンを作っていきました。いやぁ、 稽古時間も短くて本当に苦しかった(笑)。舞台に上がったら約110分一本勝負。逃げも隠れもできない出ずっぱり。何もかもが新鮮な体験でした。初演の台本を開くたびに当時の記憶が目まぐるしく駆け巡ります。韓国まで観に行ったのもいい思い出です。
今回はトーマス役として、また、この作品に出会うことができました。より深く、役と向き合い、初演では辿り着けなかったさらに遠く、さらに高いところまで皆様をご案内できるよう、万里生くんと共に、精進して参ります。より輪郭を深く際立たせたトーマスを造形したいと思います。
どんな天使が見られるのか、今から僕もワクワクしています。よろしくお願いします。

ミュージカル『ストーリー・オブ・マイ・ライフ』公演情報

上演スケジュール

2021年12月14日(火)~12月25日(土) よみうり大手町ホール

スタッフ・キャスト

【作詞・作曲】ニール・バートラム
【脚本】ブライアン・ヒル
【演出】高橋正徳(文学座)
【翻訳・訳詞】保科由里子

【出演】
田代万里生 平方元基
※今夏、新ペアを発表

あらすじ

人気短編小説家のトーマス(平方元基)は、幼なじみのアルヴィン(田代万里生)の突然の死に際し、弔辞を読むために故郷へ帰って来る。しかし、葬儀が始まるというのに、アルヴィンへ手向ける言葉が思い浮かばない。
すると死んだはずのアルヴィンが目の前に現れ、トーマスを自らの心の奥深くへと導いていく。そこには延々と続く本棚があり、トーマスの思い出と積み重ねた人生の本当の物語を書いた原稿や本が存在していた。アルヴィンは、その中から弔辞に相応しい2人の物語を選び、トーマスの手助けを始める。しかし、トーマスはそれを拒み、助けを借りずに弔辞を書くと言い張るが、アルヴィンは気にもとめず、次々と物語を選び、語っていく。果たして、弔辞は完成するのか・・・。
いくつもの物語が語られるにつれ、2人の間に存在した数々の埋もれてしまっていた小さな結びつきが明らかになっていく。
アルヴィンとトーマスが子ども時代に育んだ絆と生涯を通じて築き上げた友情の物語。

【公式サイト】https://horipro-stage.jp/stage/soml2021/
【公式Twitter】

@soml_jp

舞台写真:撮影/西木義和(C)ホリプロ

【関連記事】

おすすめの記事