Yahoo! JAPAN

母の日は「母がラクできる日」だと思っていたのに!気にしてくれたのはうれしいけど、旦那の対応や発言にモヤモヤ

ママスタセレクト

1年に1度、日ごろの感謝の気持ちを伝える「母の日」。出産を経て母となり、いつのまにか感謝の気持ちを伝えられる側になりましたね。ママスタコミュニティには、母の日にまつわることでモヤモヤが収まらないママの姿がありました。

『母の日当日、わたしは体調を崩していました。母の日から1週間後、旦那が「1週間過ぎちゃったけど、母の日を今日やろう」と言いだしたのです。旦那に「外食はできないけれど、家で何を食べたい?」と聞かれたので、私は「しゃぶしゃぶか、焼肉が食べたい」と答えました。つづけて「母の日だし、準備から後片付けまであなたがしてくれるんだよね?」と聞くと「準備や後片づけはやらないよ。母の日に好きなものが食べられるだけ、ありがたいと思えよ! もし自分がラクをしたいなら、寿司にすれば? 作らないし後片づけもラクじゃん」って。「準備や後片づけは私なのね(笑)」と返すと「当たり前じゃん!」だってさ。結局わたしが食事の支度はするみたい。
わたしが子どもの頃は、父と一緒にご飯作ったり一緒に後片づけしたりしていたから、母の日は「母がラクをしてもいい日」だと思っていたのに。母の日をどう過ごすか考えてくれた気持ちはありがたいんだけど、なんだかモヤモヤ。わたしは求めすぎかな?』


自身が想像していた「母の日」とは異なる状況になり、腑に落ちない様子の投稿者さんにママたちから意見が寄せられます。

「母の日をやろう!」と言われたら、期待しちゃう

旦那さんから提案された「母の日」リベンジをありがたいと思ういっぽう、投稿者さんと同じくモヤモヤしてしまうママたちもいるようです。
自分で作るなら普段と変わらない

『旦那から「なにを食べたい?」と聞いて期待させておいて「準備や後片づけはやらないよ」の流れはテンション下がるわー』


『自分で作るなら、普段の食事と変わらないじゃん。恩着せがましいし「じゃあ、やらなくて結構」と思っちゃう』


旦那さんに普段なら購入しないような「少しいい食材」を買ってもらえるなら、たしかにありがたい気もします。しかし調理は投稿者さんに丸投げならば、旦那さんがお寿司でも買ってきてくれるほうが素直に喜べるかもしれませんね。
旦那の上から目線の物言いが腹立たしい!

『「ありがたく思えよ」なんていう人には、何もしてもらいたくないわ。だったらご褒美として、自分だけにケーキ買うよ』


『「好きなものが食べられるだけ、ありがたいと思えよ」なんて何様? 父の日には何もしてあげないよ!』


少々言葉にトゲがある旦那さんの言い方に、不満をもつママもいました。せっかくのねぎらいの言葉も、言い方ひとつで素直に喜べなくなってしまいますね。

「母の日」を旦那さんに求めても……


いっぽう「母の日」は、子どもが母親に感謝する日なので「旦那さんに期待しても……」との意見も寄せられました。

『母の日なのに、旦那が投稿者さんをねぎらうの? 「妻の日」じゃないし、求め過ぎじゃない?』


『旦那に息子要素を求めたから「準備も洗い物もしない」って気持ちになったんだよ。期待しないほうがいい』


『まだ「母の日をやろう」と言ってくれるだけマシかもね。わが家は完全スルーだよ。うちの旦那は自分の母親にだけ、高級な花をプレゼントしていたよ』


投稿者さんのお子さんは現在7歳だそう。7歳ではまだ母の日をどのように過ごしたらいいか、わからない可能性もあります。もしかするとお子さんの代わりに、旦那さんが率先して行動してくれたのかもしれませんね。

投稿者さんが思う「母の日」と、旦那さんが思う「母の日」

投稿者さんが思う母の日は、お父さんと一緒に食事の準備や後片づけをすることだったそう。お父さんが「今日はお母さんに少しでもラクをさせてあげよう」と考えてくれていたのでしょうね。あるママからこんなコメントが寄せられます。

『投稿者さんの実家では「母の日」がラクしていい日という認識だったのかもしれない。私の実家は、プレゼントだけ渡して終わりだった。旦那さんも母の日に投稿者さんをねぎらいたかったのかもしれないけど、投稿者さんが考える「母の日」とは違ったのかもね』


もしかすると旦那さんが思う「母の日」は「母のリクエストに応える日」で、お母さんが希望する店に出かけ、家族そろって食事をする日だったのかもしれませんね。

理想の「母の日」に近づけるために


旦那さんが提案してくれた1週間遅れの「母の日」。残念ながら投稿者さんの理想とは、異なる過ごし方だったようですね。今後の「母の日」を少しでも理想に近づけるよう、「私はこうしてほしいな」と旦那さんに直接、希望を伝えるのもいいかもしれません。もし希望を伝えるのが難しい場合は、投稿者さんがお子さんと一緒に「父の日」を計画してみるのはいかがでしょう。旦那さんが父の日を気持ちよく過ごせれば、旦那さんにどのように過ごせばいいかが伝わり、投稿者さんが思い描く「母の日」に近づけるきっかけになるかもしれませんよ。

文・吉岡可奈 編集・藤まゆ花 イラスト・はなめがね

【関連記事】

おすすめの記事