Yahoo! JAPAN

“いい人”でも要注意!そもそも“結婚に向いていない”男女の共通点

ウレぴあ総研

結婚に“そもそも”向いていない男女の共通点

世間的に“あの人いい人だよ”と言われている人が、必ずしも結婚に向いている人とは限りません。

なぜなら、それはあくまで“外面”。
世間に見せる外面が、その人の人柄すべてを表しているわけではないからです。

外面よりもむしろ“内面”しか見ないことになるのが結婚。
外面から垣間見られる、その人本来の人柄である内面をしっかり見れば、そもそも結婚に向いていない人、結婚してもうまくいかない人を選んでしまうことを未然に防ぐことができます。

今回は、男女問わずそのポイントをご紹介します。

■派手さを求める人

大前提として、結婚とは生活です。

生活とは日常、つまり同じことが淡々と繰り返される日々ですから、そこに非日常を求めたり、刺激を求めるような、いわゆる“派手さ”を必要とする人は、結婚には問答無用で向いていません。

そもそも、非日常には、お金と暇(時間)が不可欠。

恋愛をしているときなら日常のほんのひと時、つまり非日常を味わえるのがデートですから、このときはお金とヒマをピンポイントで使うことができたかもしれません。

しかし、結婚は日常。恋愛のときと同じ様にはいきません。

派手さを求める、つまり恋愛の時と同じような非日常を求める人は、それが満たされなくなった途端、結婚生活がつまらなくなり外へ非日常を求めるようになります。

外へ非日常を求めると、浮気や散財といったトラブルがついてまわりますから、結果としてパートナーに迷惑をかけることになり結婚相手には向かないのです。

■サプライズ好きな人

派手さを求める人は、とにかくサプライズ好きです。

例えば、豪華な誕生日プレゼントや旅行など、デートのたびに心をときめかせる様々な演出、つまりサプライズが大好きで欠かさない人は、結婚には向いていません。

恋愛時代のときにこういったサプライズがあると、女性は特に嬉しいかもしれませんが、サプライズをするためにはお金と暇が不可欠。

長く続く円満結婚とは、健全に運営されている会社のようなもの。

健全な会社が、無計画にお金と時間を使ったりはしませんよね?

サプライズが止められない人は、結婚してサプライズがなくなった途端、夢から覚めたように結婚生活にも冷めます。

不満が増え、八つ当たりもし、当然ケンカも増えるでしょう。結果として、パートナーに不必要なストレスを溜めさせることになりますから、結婚には向かないのです。

■会話ができない人

結婚生活を、会社運営に置き換えてみてください。

会話が成り立たないと、通常業務さえ滞ってしまいますよね?

結婚生活だって同じなんです。

なにか問題(課題)が起きた時、一方に任せっきりでいつも逃げるような人だったり、話し合いをしようにも、その場にいようとしなかったり、話をしてもまるで他人事のような態度を取られたり。

または、懇切丁寧に説明しても、支離滅裂なことを返されたり、逆ギレされるなんてことも…。

いずれにしても、このように一対一でしっかりと会話ができない、あるいは会話が成り立たない人というのは結婚には向かないのです。

■イレギュラーが苦手

思わぬ事態が起きた時の態度で、その人が結婚生活に向いているかどうかは分かります。

自分を常に正当化するような態度をとったり、相手によって態度を変えたりする人というのは言うまでもなく結婚に向いていませんが、それらと同じくらい注意したいのが、イレギュラーが苦手な人です。

結婚生活を送っていくうえで、子どもがいるとより分かることですが、計画通りに行かないことは度々あります。

計画通りに行かなかったことに、いちいち腹を立てたり、ストレスでパートナーに当たったり、なすりつけたり…。

酷い場合は「こうなると思っていた」と言い、事前に予測していたように振舞いつつも、物事自体は何も解決しない調子だけがいい人もイレギュラーが苦手な人に当てはまります。

このようなタイプの人は、一緒にいる人に迷惑しかかけませんから、結婚には向かないのです。

長く続く穏やかで円満な結婚生活を送ることができるかどうかは、男女問わずこれらに当てはまらないかが非常に重要です。

ぜひ見極める際の参考にしてくださいね。

(mimot.(ミモット)/空人衣)

【関連記事】

おすすめの記事