Yahoo! JAPAN

大阪湾メバリングゲームで27cm頭に5尾 大きめワームに良型が好反応

TSURINEWS

プラグにヒットしたメバル(提供:TSURINEWSライター井上海生)

この冬はじめてメバルを本気で狙った。大阪湾ではアジが抜けかけて、いつまでもサバだけが残っている。オープンにサバが多量にわいているので、キワをタイトに釣ってメバルを見た。数は伸ばせなかったが、短時間集中で5尾の良型を手にした釣行をレポートしたい。

メバリング本気釣行

日時は1月2日、私にとって2022年の釣り始めとなった日で、夕方から大阪南港にエントリー。最初はリバーアジングに望みをかけたのだが、キビレとサバだけという結果に終わる。水温13℃前後、アジの群れはなかなか薄い。

大潮回りの下げで、潮位がなくなる前にメバルを見ることに。汽水域から小さなボートの係留所のような場所へ移動した。実はここは温めているスポットで、エサ師に先に取られることが多いのだが、おそらく三が日は大丈夫だろうと来てみると、うまく場所がとれた。

海に向かって立った場所から右手前に岸壁から凸と出たストラクチャーがあり、レフティーの私はかなりポイントに投げ込みやすい。表層を巻きで狙ってみた。

巻きパターンで22cmメバル

最初はジグ単で。0.8gに2inchワームのベーシックな設定で1尾獲れた。

まずは1尾(提供:TSURINEWSライター井上海生)

22cmくらいだろうか?なかなか良型といえる。個人的に大阪湾のメバルには22cmの壁と25cmの壁があると思う。南港は25cmの壁が比較的低いので、これくらいでは帰れない。

この場所は本当にワンポイントだ。リリースしないことが大事で、リリースすると次が食ってこなくなる。とりあえずキープして次を狙った。

巻きの一手、ワンポイント。しかも30分。これが今回のテーマである。まあまあハード。

プラグで本命追加

ストラクチャーに向けてかなりオープンに、遠くに打って、怪しいコースをプラグで舐めてくる。

3コースくらい打ち直して、手元にぬっと鈍い感触がきた。ドラグは強めに締めていたので、一方的に巻き取ってくる。暴れる。プラグの抵抗感もあって、かなりスリリングなファイトになった。壁に引っ付かれそうになり、ロッドでぐーっとリフトして水面に浮かせる。足元で夜光虫が弾け、抜き上げると漆を塗ったような風格ある体色の良型がきた。

今季初プラグメバル25cm(提供:TSURINEWSライター井上海生)

立派なメバル。でも、こんなものじゃない。しかもラトル音のするプラグでコースを擦ってしまったので、ちょっとプレッシャーがかかったかもしれない。すぐにジグ単に戻した。

当日最大は27cm

そこから3尾も同一パターン。表層の巻き、コースの打ち直しで、正味20分くらいで5尾釣り切った。最大27cm。抜群の場所がとれたにしては少し物足りないが、独特の重い引き味に、最近アジングばかりしていたので「メバル面白っ」と再認識した。

20分で良型5尾釣りきる(提供:TSURINEWSライター井上海生)

ちなみに今回はバラシもなかった。リリースは後からまとめてして、ワンポイントでもスレない釣り方ができたと思う。本当はもう少し釣りたいのだが、翌日の朝がかなり早いので20時で納竿。

最良型の27cmは2.2inchのワームで出した。このワーム、昨年、尺が釣れたワームでもある。大きなメバルは結構ボリューミーなワームにも反応する。単に大きさに比例するともいえないが、次は3inch級でも使ってみようかと思う。

大きなワームでいいメバルを(提供:TSURINEWSライター井上海生)

今年のメバルはハードモード?

このメバリングをはじまりに、南港を中心に釣り歩いているのだが、どうも今年のメバルはハードモードである。そんなに簡単にカタにはまらない。

というかこの冬になってから海にあまり生命感がない。ショアでは必ずこういう時期が来るのだが、早めにこんな状態になってしまうと2月3月が思いやられる。釣りも休み休みした方がいいかもしれない。

<井上海生/TSURINEWSライター>

The post大阪湾メバリングゲームで27cm頭に5尾 大きめワームに良型が好反応first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事