Yahoo! JAPAN

「タイラバ」ステップアップ解説 【ベイト別トレーラーの選び方】

TSURINEWS

ベイトに合わせて選びたいトレーラー(提供:TSURINEWSライターあつ)

ただ巻きをするだけで、美味しい魚が釣れるタイラバ。単純な作業に見えて、ちょっとのポイントで釣果がかわってきます。重要なのは「トレーラー」です。意識して選ぶだけで、釣果アップが狙えます。今回はタイラバのトレーラーについて解説するので、ぜひ参考にしてください。

タイラバのトレーラーとは?

タイラバのトレーラーとは、フックに掛けるワームのことです。タイが捕食しているエサに見立てることで、バイトを誘発できます。そして、バイトマーカーにもなるので、フッキング率が高いです。トレーラーを使えば、タイからのバイトを多く得られて、キャッチできる確率も高くなります。

ベイトごとトレーラータイプ選び方

タイラバトレーラの選び方を3つ解説します。実際に釣りに行き、困ったり迷ったりしないように、確認しておきましょう。

マダイを攻略(提供:TSURINEWSライターあつ)

カニやエビを捕食しているときはクロー系

タイがカニやエビを捕食しているときは、クロー系のワームがおすすめです。ベイトのフォルムに近いので、エサと間違えて食いついてきます。他のワームを使うと、見切られてしまう可能性が高いです。カニやエビがベイトのときは、迷わずにクロー系をセットしてください。

魚やイソメを捕食しているならストレート系

魚やイソメを捕食しているときは、ストレート系のトレーラーが効果的です。スッキリとした形状が、ベイトをイメージさせてくれます。また、ストレートワームはシンプルな形状ゆえに、食い込みがいいです。必然的にフッキング率が高くなります。魚やイソメ類を捕食しているなら、ストレート系のトレーラーを迷わずにチョイスしてください。

イカを捕食しているならタコ・イカ系

イカを捕食しているときには、タコ・イカ系のトレーラーを使いましょう。ゲソ部分も再現されているワームだと、バイトを多く得ることができます。ホタルイカをベイトにしているときは、タコ・イカ系のワームじゃないと、食いつかない場合があります。ベイトのフォルムに近づけて、確実に釣り上げるようにしてください。

ベイトごとカラーの選び方

タイラバトレーラーは、カラー選びも重要なポイントです。チャンスをものにするためにも、下記の選び方を抑えておいてください。

カラーも重要(提供:TSURINEWSライターあつ)

エビやカニがベイトならオレンジ系

エビやカニがベイトのときは、オレンジ系がおすすめです。カニやエビの色は、オレンジや赤系になっています。カニやエビは目立つ色合いです。トレーラーカラーも揃えれば、ベイトと認識させることができます。

魚がベイトならクリア系

魚がベイトになっているときは、クリア系のカラーがいいです。魚は、基本的にナチュラルな色合いになっています。クリア系の色でしか、バイトをしてこないときもあるので、絶対に準備しておいてください。

イカがベイトならホワイト系

イカを捕食しているなら、ホワイト系のカラーを選びましょう。イカの色合いは完全な白ではなく、軽く透明がかっている白です。クリア寄りのホワイトカラーを選ぶと、効果的です。ホタルイカがベイトになっているときは、確実に持っておくようにしましょう。

タイラバはトレーラー選びで差をつけよう

タイラバはトレーラー選びを意識するだけで、釣果が大きくかわります。トレーラーの形状、カラー選びのポイントを参考に、状況にあった相応しいワームをチョイスしてみてください。

次回のタイラバ釣行からは、トレーラー選びにも力を入れ、周りとの差をつけてみてはいかがでしょうか。

<あつ/TSURINEWSライター>

The post「タイラバ」ステップアップ解説 【ベイト別トレーラーの選び方】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事