Yahoo! JAPAN

深場釣りで4.1kg良型メヌケ手中 船中60kg級アブラボウズも浮上

TSURINEWS

良型メヌケ浮上(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

4月上旬、千葉・大原沖の深場釣りに出かけてきました。当日は特大アブラボウズが船中2本上がった他、筆者も4.1kgの良型メヌケを確保。深場釣りの醍醐味を十分堪能した釣行をレポートします。

メヌケ狙いの深場釣り

大原漁港から東に約25マイル。平坦な海底に突如として深い溝が現れます。ここが有名なメヌケの住処、片貝海溝。

陸岸から遥か沖に位置するこの漁場は気象の影響を受けやすく、また時期によっては黒潮による速潮の影響も受けやすいことから、ここにたどり着き、500号のオモリをしっかり着底させるには、ちょっとした運も必要。

普段の行いが良かった……かどうかはちょっと自信がありませんが、今回は「ベタ凪、トロトロの潮」という絶好の条件下にて、この「魅惑のポイント」で釣り糸を垂らすことができました。

タックル&仕掛け

竿は500号のオモリが背負える硬めのもの。キンメ竿のような柔らかめでもできなくはいのですが、水深は最深部で600m以上になることから、まずはしっかり底をとらえることを優先させたタックルがおすすめ。リールはコマンド9番、15番、マリンパワーの他、MJ1200も船中2名の方が使用していました。

大型電動リールがズラリ!(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

仕掛けは船宿ルールで10本針以内。針はネムリムツ20~25号、ハリス14~20号、幹25~30号が目安。ただし、大型アブラボウズも掛かる可能性があることから、できるだけ大きめに振っておいた方が安心です。

その他、水中ライト等の装飾品はオマツリ防止の観点から使用はせず、基本はシンプルな仕様。ただし、タコベイトは有効なケースがあるので、ピンク、オレンジ、グリーン、ケイムラ等、基本的な色のものを準備しておくとよいでしょう。

ちなみにクーラーボックスは、皆さん50~80Lクラスを持ち込んでいました。私は80Lを持ち込みました。

投入方法

深場釣りの船宿ルールで最も気になる点は「投入方法」だと思います。鈴栄丸さんの場合、右舷に並び、大トモ(後ろ側)から船長の合図によって順番に投入するスタイル。よって掛け枠への仕掛けの巻き方は順巻き、もしくは綾巻きにて「左手で掛け枠を持った時に針先がこちらを向いている状態」に巻いておくように。

基本は掛け枠投入(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

基本、掛け枠に巻いての投入になりますが、船中で仕掛けを掛け枠に巻きなおす自信がなければ、磁石板を持ち込み、針を並べオモリを前方に投げる方法でもOK。やりやすい方法にて確実に投入を行いましょう。無論、失敗してしまったらその流しは1回お休み。これは深場釣りの大原則です。

磁石板に針を並べての「オモリポイ方式」でもOK(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

また、メヌケのポイントは根がきついので、着底後は「オモリトントン」をキープするのではなく、たま~に「トン」となるように。特にカケアガリでは気を抜くとすぐに根掛りしてしまうので注意が必要。って、わかってはいるものの……私は今回も根掛りにて500号オモリを1つロストしてしまいました(涙)

前半は浅いポイント

2時集合、2時半出船。2時間半走って5時にポイントへ到着。周りを見渡すと皆さんややライトな仕掛けを準備。どうやら出だしはキンメを主に狙うようです。水深は300m前後。1投目こそカラスサメの猛攻にあってしまいましたが、2投目でみなさん25~40cmのキンメを確保。

まずはキンメ3匹を確保(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

私もキンメ狙いにしては不利な、やや大きめのメヌケ仕掛けで何とか3匹掛けることに成功しました。

船中30kg級アブラボウズ浮上

300m前後のポイントにて2投を終えると、船長「深いポイントに行きます」とアナウンス。水深420mからのカケサガリのポイントへとやってきました。潮はそこそこ流れているようで、オモリが着底すると糸ふけは30m程出ています。

慎重に底を取っていると、後ろの方でアブラボウズがヒットした模様。お祭り騒ぎを起こしながら船長目測30kgの中型サイズが上がってきました。

巨大アブラボウズ浮上!(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

更に次の投入ではミヨシで推定60kgの巨大アブラボウズが、同じく大規模なお祭り騒ぎを引き起こしながら浮上。船中大いに盛り上がります!

待望の本命メヌケ登場

巨大アブラボウズの浮上にて船中大いに盛り上がった後の5投目。「今度こそ自分が!」と思い、仕掛け投入後、カケサガリにて丁寧に底を取っていると、右横の同行者が「アタッた!」と雄叫び。

同行者は深海のルビー多点掛け!(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

直後、私の竿先も「クンクン」と、メヌケっぽいアタリがあり、巻き上げたい衝動を抑えつつ、糸を送って追い食いを待ちます。もどかしい時間を耐えぬいた同行者は追い食いが成功したらしく、段々とアタリが派手に。私もじっくり待ったものの、残念ながら追い食いらしきアタリは確認できず、やがて船長の巻き上げの合図。

赤い魚は映えますね(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

しかし、竿にはずっしりとした重量感。すかさずドラグを調整し、中速で巻き上げスタート!心臓の鼓動が高鳴ります!

十分なお土産を確保

オマツリしながら上がってきたので提灯行列とはいかなかったものの、同行者は1.5~3kgのメヌケ4点掛けを達成!私も1点ながら、4.1kgの大型を仕留めることができました。

私は値千金の4.1kg!(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

ラストの6投目は、トモ側でポツポツと単発にてメヌケが上がったものの、私と同行者はスカ。しかし、お土産としては既に十二分ということで納得の納竿です。

同行者の50Lクーラーはわずか1投でほぼ満タン(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

写真では小さく見えるキンメですが、メヌケとクーラーボックスが大きすぎるだけで、実際は26~30cmとまずまずのサイズ。メヌケとともに良いお土産になりました。

個人記録更新の63cm4.1kg!(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

釣行を振り返えって

この日、出だしの2投は300mの浅いポイントということで、常連さんはキンメを意識した、やや小ぶりの仕掛け(針)とエサを準備。針数分パーフェクトという離れ業をやってのけていました。時期によってはこういった裏メニューもあるようなので、次回は釣果情報をしっかり確認し準備しようと思います。

時期によってはキンメも狙えます(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

そして3投目以降のポイントは水深400~600mの、アタればメヌケかアブラボウズといったポイント。3~4投はアブラボウズ、5~6投はメヌケと、全ての流しで誰かしらの竿にアタりがあり、皆さん、赤や黒の高級魚を確保していました。

アクアパッツァは最高に美味しかったです!(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

大原沖(片貝海溝)の深場釣りは特に禁漁期間を設けていないのですが、潮が緩み、産卵を終えて荒食いをする春から初夏にかけてが特に狙い目。去年に引き続き、今年もアブラボウズの気配が高い点も魅力。是非大型クーラーボックスを持って出かけてみてください。

<尾崎大祐/TSURINEWSライター>

The post深場釣りで4.1kg良型メヌケ手中 船中60kg級アブラボウズも浮上first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事