Yahoo! JAPAN

あなたの愛犬はどう?『頑固な犬』がする態度3選

わんちゃんホンポ

1.声をかけられても無視をする

頑固な気質を持つ犬は、自分の意に沿わないことはしないという傾向が強く見られます。そのため、自分が動きたくないと思っている時や、呼ばれても興味を持てない時には声をかけられても無視をすることが少なくありません。

名前を呼んだり声をかけたりした時、寝ているように見えても耳はピクッと動く時は、自分に話しかけられていることに気が付いていると思います。

それでも身じろぎせずに止まっていたり、チラッと視線だけを送るだけで寝たままだったりする時は、「聞こえているけど、動きたくない」という意思のあらわれでしょう。

2.その場を動かなくなる

呼びかけを無視するのと同様に、犬自身のやる気がないことについては、断固として動かないということもあります。

わかりやすいものでは、散歩中に突然立ち止まって頑なに動かなくなったり、自分の行きたい方向以外に進もうとすると座り込んでしまったりという行動があります。

動かずにいることで自分の意思を通そうとしていて、この態度に「仕方ないなぁ」と飼い主さんが折れて従ってしまうと、ますます犬は自分の思うがままに物事を動かそうとするようになってしまいます。

散歩中に動かなくなるのと行動としては真逆になりますが、散歩中犬がリードを引っ張って歩き続けるという態度も頑固さのあらわれである可能性があります。

自分の行きたい方向に、自分のペースで進みたいという頑固な意思によって、リードを引っ張って歩いているのかもしれません。

犬がリードを引っ張った状態のまま歩き続けてしまうと、犬のわがままを許したり、犬に従ったりすることになってしまうため、注意が必要です。

3.嫌なことは完全拒否をする

頑固な犬は、自分の気分が乗らないことは頑なに拒否するため、苦手なことや怖いと感じていることは全く受け入れてくれない場合があります。

特に、シャンプーや爪切り、足拭き、ブラッシング、歯みがきなどのボディケアは、必要なことでありながら犬にとっては不快感や苦痛を伴うことがあるので、完全拒否することがあります。

体を固定されて、様々な場所を触られたり見られたりすることは、慣れていないと嫌がる犬が多くいます。それでも多くの犬は多少嫌がりつつも、毎日やらなくてはいけないことと認識して諦めて受け入れたり、少しずつ慣れていったりするものです。

しかし、頑固な気質を持つ犬は、嫌なことは全く受け入れようとせず、様々な方法で拒否をします。逃げたり隠れたりするだけでなく、暴れたり攻撃性を見せたりすることもあります。

このような場合、無理強いすると余計に強い拒否感を抱かせてしまうので、少しずつ慣らしていくなどすることが必要です。

まとめ

頑固な犬は扱いにくいと思われがちですが、自分の意思を強く持っていることから信頼している相手への忠誠心が強いという一面も持っています。

そのため、一度信頼関係を築いた相手であれば、しつけトレーニングなどもスムーズに行うことができますし、意思の疎通も取りやすいでしょう。

また、頑固な犬は賢さも持ち合わせているため、犬の主張をそのまま通してしまうとわがままになってしまうことも少なくありません。

さらに、飼い主さんのことを信頼せずに「自分が一番偉い」と勘違いしてしまうこともあるので、接し方や対処には十分注意しなければなりません。

【関連記事】

おすすめの記事