Yahoo! JAPAN

冬のアイスコーヒーの魅力を味わえる「こたつカフェ」を、ネスレが期間限定オープン!

New's

ネスレ日本株式会社は、11月26日(金)から12月12日(日)までの期間限定で「ネスカフェ こたつカフェ」(以下、こたつカフェ)をオープンする。場所はネスレがプロデュースするコーヒーショップ「ネスカフェ 原宿」。11月25日(木)にはメディア向け体験会も実施された。

こたつカフェでは、ネスカフェ 原宿内にこたつ席が用意されていて、利用者は体を暖めながらアイスコーヒーや冷たいスイーツを味わうことができる。

冬でもアイスコーヒーを提供することに至った背景としては、アイスで飲まれることが多いボトルコーヒーの拡大する需要がある。ボトルコーヒーの最需要期は夏だが、秋冬においても市場規模が約1.8倍成長しているのだ。

つまり、秋冬においてもアイスコーヒーを飲む人が増えている。ネスレがユーザーに調査したところ、その理由としては「夏によく飲んでいたのが習慣化して、秋冬も継続して飲んでいる」「すぐ飲めるので、忙しいときに向いているから」「暖かい部屋で飲むアイスコーヒーは美味しい」といったものがあることが分かった。

1日10個の数量限定の氷グラスのコーヒーも

こたつカフェは、この「暖かい部屋で飲むアイスコーヒーは美味しい」というアイスコーヒーの魅力を体感してもらうためのものである。昨年も実施されたが、こたつ席の数が昨年の5席から16席へと増え、リモートワークに最適な1人席も用意されて、メニューも充実するなど、パワーアップしている。

今回の目玉のひとつは、氷でできた特製グラスで味わう「氷グラスのコーヒー」(税込1000円)。しっかりと冷やされたコーヒーは、飲み口も非常にスッキリとしている。1日10個の数量限定というレア感もたまらない。

スイーツには、こたつのお供としておなじみのみかんを使用。全部で3種類で、みかん約1個分を使用した「みかんアイス大福」(税込850円)、みかんとナッツが詰め込まれた「ねこ型ヌガーグラッセ」(税込900円)、手作りでジューシーな「みかんシャーベット」(税込520円)が楽しめる。

どのスイーツもアイスコーヒーとの相性がばっちりで、なおかつ暖かい室内で味わうには最適な冷たさも兼ね備えている。なお、ヌガーグラッセはチョコペンを使って好きなネコの顔を書くことができる。

そのネコの顔や氷グラスのコーヒー、こたつ席など、撮影してSNSにアップすれば話題になりそうな要素が満載な点もこたつカフェの魅力だろう。

ネスカフェ ボトルコーヒーのツイッターキャンペーンも実施

「ネスカフェ こたつカフェ」の開催期間は、2021年11月26日(金)~12月12日(日)の11~20時(ラストオーダー19時)。場所は、「ネスカフェ 原宿」(東京都渋谷区神宮前1-22-8)。

また、「ネスカフェ ボトルコーヒー」をさらに美味しく飲むためのアイテム「ネスカフェ ボトルコーヒー クーラー」が300名に当たるツイッターキャンペーンも実施中だ。

対象期間は11月26日(金)~12月12日(日)23:59。応募方法は、ツイッターのネスカフェの公式アカウント(twitter.com/nescafe_jp)をフォローしてキャンペーン投稿をリツイートするというもの。景品の発送は12月末の予定だ。

【関連記事】

おすすめの記事