Yahoo! JAPAN

犬が『ソファに乗る』4つの理由

わんちゃんホンポ

犬の認識能力

犬もヒトも、同じように五感を使って自分の周囲の環境や状況を認識しています。視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚の5つです。しかし同じ五感なのですが、犬とヒトとでは、五感の使い方が異なります。

ヒトの五感は、視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚の順に優れており、その中でも特に、約8割を視覚に頼っていると言われています。しかし、犬の場合は約4割が嗅覚、3割が聴覚で、視覚は1割程度だと考えられています。

ソファが置かれているお部屋のレイアウトにもよりますが、多くの場合、飼い主さんがソファに求めているのは、一緒に使う家具等との関係である程度の高さがあることと、場合によっては寝心地も含んだ座り心地の良いクッション性、そしてお部屋にあったデザイン性でしょうか。

では、犬は何を求めてソファに乗りたがるのかについて、考えてみましょう。

犬がソファに乗る理由

1.飼い主さんのそばで甘えていたい

子犬の場合はもちろんですが、人と一緒に暮らしている犬にとって飼い主さんは母親のような存在です。いつまでも自立する必要のない犬は、成犬になっても子犬のような気持ちが残っているため、常に飼い主さんのそばで甘えていたいという思いがあります。

飼い主さんが自宅でくつろいでいる時に過ごす場所が、ソファではないでしょうか。テレビや映画、音楽、読書など、室内でリラックスして過ごされる場所がソファのはずです。場合によっては、ソファに寝転んでウトウトされることもあるかもしれません。

愛犬にとっては、飼い主さんがくつろいでいるときこそが、甘えられるチャンスです。そのため、ソファに乗って飼い主さんのそばで一緒にくつろぎたいと思うのでしょう。

2.飼い主さんの匂いが残っているので安心する

中には、「いや、うちの子は飼い主がいない留守中もソファに乗っている。」という飼い主さんもおられるかもしれません。しかし、その場合も理由はほぼ同じです。

冒頭で述べたように、犬の五感の約4割は嗅覚が占めています。つまり、犬はにおいでものの識別をしていると言っても良いでしょう。飼い主さんが座っているソファには、飼い主さんのにおいがたっぷりと残っています。

愛犬はソファに乗って飼い主さんのにおいを嗅ぐことで、飼い主さんの存在を感じ、安心できるのです。飼い主さんの留守中や、用事で構ってもらえない時などは、ソファに乗って飼い主さんを感じながら寂しさを紛らわせ、安心しているのでしょう。

3.ソファのクッションが居心地良い

ソファを買われる際は、おそらくお店で実際に腰掛けてみて、素材の肌触りや座り心地を確認されるのではないでしょうか。中には、わざと座ったまま体を上下にはねさせて、クッション性を確認される方もおられます。

リラックスしながら比較的長時間過ごすのが目的ですから、普通の椅子以上に座り心地の良さを求めるはずです。人にとって座り心地が良い場所は、犬にとっても居心地の良い場所になります。

飼い主さんのにおいが残っていて、さらに居心地も良いとなれば、ソファが愛犬のお気に入りの場所になっても不思議はありません。

4.飛び乗るのが楽しい

前述の通り、犬は成犬になっても子犬の気分が残っています。そのためか、犬はいくつになっても遊びやゲームが大好きです。中には、飛び乗ったり飛び降りたりするのが楽しくて、ソファで遊ぶ子もいるようです。

ただし、その場合は少し注意が必要です。猫とは異なり、元々犬は高いところから飛び降りるのに適した体の構造にはなっていません。そのため、ソファへの登り降りを頻繁に行うと足腰に負担をかけて、関節や骨の故障、また椎間板ヘルニアなどの原因になることがあるのです。

特に子犬や小型犬にとっては体への負荷が大きくなりますので、場合によってはステップを設置して使わせる、ソファには乗せないようにしつける等の対策が必要かもしれません。しっかりと判断してあげてください。

犬がソファに乗る理由として誤解されていること

一時期、犬がソファに乗りたがるのは、飼い主さんと対等になりたいからだとか、飼い主さんよりも高い場所にいることで優位に立ちたいと思うからだという考え方があり、「ソファに乗せてはいけない」と言われていたこともありました。

しかし前述の通り、元々犬は高いところから飛び降りるのに適した体の作りにはなっていません。それどころか、高いところを怖がる犬が多いと言われています。おそらくソファが好きな犬も、それよりも高いところに連れて行くと、怖がることも多いでしょう。

したがって、ソファに乗せることで愛犬が飼い主さんよりも優位に立とうとしているなどと考える必要はないでしょう。愛犬にソファが傷つけられるのが嫌だなどという理由がない限りは、乗せても問題ないでしょう。ただし、安全性にはくれぐれも注意が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。愛犬がソファに乗る主な理由は、飼い主さんを感じていたいからです。あまりお家でくつろぐことのできない飼い主さんの場合は、同じ理由でソファよりもベッドに乗りたがるかもしれません。

飼い主さんは、これだけ愛犬に愛されているということを認識し、どんなに忙しくても、愛犬のことを気にかけ、一緒に遊ぶ時間を作ってあげてください。

【関連記事】

おすすめの記事