Yahoo! JAPAN

ロープウエー運行開始 桜木町駅と新港ふ頭を5分〈横浜市都筑区〉

タウンニュース

桜木町駅前から運行するロープウエー

桜木町駅前と新港ふ頭をつなぐロープウエー「YOKOHAMAAIRCABIN(ヨコハマ・エア・キャビン)」が4月22日に運行を開始した。

遊園地「よこはまコスモワールド」を経営する泉陽興業(本社・大阪市)が運営する。ロープウエーの全長は630m、1台8人乗りのキャビン36台が循環する。汽車道沿いの海上を通り、片道5分ほど。最高地点は約40mで、インナーハーバーを上空から楽しめる。同社によると、常設されている都市型ロープウエーは日本初だという。

料金は片道で大人(中学生以上)1千円、子どもは500円。コスモワールド内にある大観覧車「コスモクロック21」とのセット券(片道、大人1500円)などの設定もある。営業時間は午前10時から午後10時まで。

スタッフ、福祉講座も

開業に先立ち4月14日にはスタッフ向けの福祉啓発講座が行われた。泉陽興業の社員とアルバイトら約45人が参加した。

同社が横浜市社会福祉協議会に依頼した。参加者は車椅子を押して実際にロープウエーに乗り込んだ。参加者の一人は「力加減が分かり、体験して良かった」と話していた。

運営するヨコハマエアキャビン事業所の舩田昌宏事業所長は「色々なハンディキャップのある方も、分け隔てなくご利用いただきたい」と語っていた。

【関連記事】

おすすめの記事