Yahoo! JAPAN

夜のボートロックゲームで40cm超クロソイ連発【愛知・名古屋港】

TSURINEWS

ボートロックゲームでクロソイ40cm超(提供:週刊つりニュース中部版APC・水野和俊)

8月5日、久しぶりに名古屋港ナイトゲームに出撃。カサゴが連発、クロソイ40cm超が登場した釣行をレポートしよう。

名古屋港ボートロックゲーム

8月5日、名古屋港へナイトゲームに出撃。午後7時ごろに大坪さん、伊豫部キャプテンと愛知県・飛島村の筏川で待ち合わせをして出船。

今回のターゲットはクロソイ、キジハタ、タケノコメバルなどのデカロックフィッシュだ。デカロックと聞くと少し難しく感じるかもしれないが、そんなことはなくタックルやルアーの進化によって、簡単に釣れるターゲットになってきている。

使用したタックル

今回用意したルアーはビスケイミノー9cm21g、12cm30g、14cm46gの3タイプと、ビスケイシャッド19gオフセットタイプだ。

タックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・水野和俊)

水深のあるブレイクでのリトリーブでは、ジグヘッドタイプのビスケイミノー、根周りの根掛かりが多い場所では、すり抜けがいいオフセットタイプのビスケイシャッドで狙っていく。

ゴロタエリアでカサゴ連発

クロソイ、キジハタ、タケノコメバルのデカロック3種コンプリートを目指し、最初のポイントに向かった。最初のポイントはブレイクがあり根も点在するエリア。

スタートはビスケイミノーでボトムを取り、ボトムギリギリをリトリーブしていく。根の場所を確認しながら狙う。すると私にいきなりバイト。しかし惜しくもフックアウト。

この後もキャストを続けるが、満潮潮止まり時間帯で微妙な感じを受けたので、少しエリアを変えてロックフィッシュの定番カサゴを狙うことにした。

ゴロタエリアで3.5gのジグヘッドに10FTUプリティーシャッドを装着しキャスト。するとカサゴが次々にヒットしてくる。潮止まりでもカサゴの活性は上々で、大坪さんも大満足。しばし、下げ潮にかかるまでの時間をカサゴで楽しんだ。

クロソイ40cm超が連発!

少し下げ潮が効き始めたため、ゴロタの切れ目をビスケイミノーでコチを狙う。すると数投目、私にバイトが。水面に浮いてきたのはマゴチだ。やがて下げ潮が効き始めたので、再びデカロック狙いに切り替え移動する。

今度はビスケイミノーをバーチカルに落とし、ボトムで跳ね上げさせ落とす。すると早々に伊豫部キャプテンにヒット。上がってきたのは40cmアップのクロソイだ。

伊豫部キャプテンもデカロック捕獲(提供:週刊つりニュース中部版APC・水野和俊)

続けて大坪さんにヒット。ロッドが大きく曲がり、ファイトからひと目でデカロックと分かった。

上がってきたのは、こちらも本命のクロソイ。大坪さんは初の40cmアップのクロソイに大興奮。

大坪さん初の40UPクロソイに大興奮(提供:週刊つりニュース中部版APC・水野和俊)

筆者にも本命クロソイ

一瞬の時合いだったのか、私にもヒット。ロッドが大きく曲がりデカロックに間違いない。水面に見えたのは本命のクロソイの登場だ。

ビスケイミノーでクロソイ(提供:週刊つりニュース中部版APC・水野和俊)

この後はフックアウトや本命を思わせる引きのデカカサゴの登場があったりと、終始面白いゲームを満喫。満足な釣行となった。今後もまだまだデカロックを狙えるようだ。

<週刊つりニュース中部版 APC・水野和俊/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年9月4日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post夜のボートロックゲームで40cm超クロソイ連発【愛知・名古屋港】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事