Yahoo! JAPAN

おいしいご当地おそばが食べたい|ソーキそばとタコライス

ソトコトオンライン

sotokoto online

ローカルごとの違いがあるご当地もの

地域によって、名前は同じでも違いがある食べ物がある。例えば「そば」。

「そば」と言われて想起するできのが「蕎麦」だと思うが、「中華そば」となればラーメン、「沖縄そば」となるとまた異なる。

そもそもの素材の違いがあるが、成り立ちを調べると地域の歴史を知れたりするのでおもしろい。

今回は沖縄のソーキそば

これは神田小川町にあるの「沖縄料理店 ぐしけん」さんでいただいた、ソーキそば。

ランチタイムでセットがあったので、半タコライスをつけることに。

なかなか遠出ができない今、近くで食べられるのがうれしい。

ソーキそばは薄味なスープで野菜・鶏ガラ・豚骨がベースとか。あっさりしている。

麺は那覇の製麺所に特注して作てもらっているそうだ。

食感はほんと蕎麦にちかい。

ソーキ(豚のスペアリブ)は軟骨部分もトロトロになっているくらい、しっかり煮込まれている。

タコライスもタコミートがしっかり味がついていて、ソーキそばがあっさりしている分バランスが取れている。

スープもほとんど飲み干して終了。

こうやって、地域を感じられる食べ物が身近にあると、その地域に行きたくなるきっかけになる。

今度はラフテーを食べに来よう。

【関連記事】

おすすめの記事