Yahoo! JAPAN

オークションで3万3000円で購入した食器棚から2000万円超もの現金が見つかる(独)

Techinsight

食器棚から見つけた大金を警察に届け出た男性(画像は『The Sun 2022年4月28日付「WINNING BID I found £130,000 in cash while assembling kitchen cabinets I bought from eBay - but there’s a devastating twist」(Credit: Newsflash)』のスクリーンショット)

このほどドイツの男性が、オークションサイトで購入した食器棚の中から大金を見つけた。男性は全ての現金を警察に届け出たが、警察は彼の正直さに驚いたという。『The Sun』『The Mirror』などが伝えている。

ドイツのビターフェルトに住むトーマス・ヘラーさん(Thomas Heller、50)が、思いもよらない大金を一時的に手に入れたことが話題となっている。公営住宅管理の仕事をしているトーマスさんは4月初旬に、世界最大級のオークションサイト『eBay』で中古の食器棚を購入したという。

トーマスさんは300ユーロ(約4万1000円)の食器棚を出品者と交渉を重ねた末、240ユーロ(約3万3000円)で購入することができたそうだ。ところがトーマスさんは、この食器棚が購入額をはるかに上回る価値に気付くことになった。彼はこの食器棚を組み立てている最中に、100ユーロ紙幣がぎっしりと詰まった封筒を発見したのだ。

多額の現金に驚いたトーマスさんだったが、それを自分の懐には入れずにそのまま警察に届け出た。しかしトーマスさんの発見はこれだけで終わらなかった。彼は当時を振り返り「食器棚の鍵がかかっていた戸棚を開けたんですが、そこには(100ユーロ紙幣が)200枚と他にも500枚の現金が見つかったんです」と語った。

トーマスさんが見つけた現金は合計で15万ユーロ(約2050万円)ほどに上り、その全ての現金を警察に届け出たそうで、警察はその大金とトーマスさんの正直さに驚いたという。そして警察によって現金の持ち主を捜索することになった。

その後の調べで、大金はザクセン=アンハルト州のハレに住む91歳の女性のものということが判明した。この女性は夫が亡くなった後、老人ホームで介護を受けながらの生活を送っているという。今回、女性の捜索にあたった地元警察の広報担当者アストリッド・クフタさん(Astrid Kuchta)は次のように述べている。

「台所の食器棚はハレに住む高齢の夫婦の家財整理をした時に売りに出されたようです。現金が入れられた2つの封筒については簡単に見つからないところにうまい具合に隠されていました。」

また食器棚を売りに出したのは女性の孫で、現金のことは全く知らなかったと話しているそうだ。ちなみに『The Sun』によると、ドイツの法律では10ユーロ(約1370円)以上の現金を拾得し、警察に届けずそのまま自分の懐に入れてしまった場合には横領罪で禁錮3年の刑に処せられる可能性があるという。

このほど食器棚から発見された現金を全て警察に届け出たトーマスさんは、拾得者の権利として届け出た金額の3パーセント相当の4500ユーロ(約61万5000円)を受け取ることができるそうだ。

画像は『The Sun 2022年4月28日付「WINNING BID I found £130000 in cash while assembling kitchen cabinets I bought from eBay - but there’s a devastating twist」(Credit: Newsflash)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

【関連記事】

おすすめの記事