Yahoo! JAPAN

つかうのは定番調味料だけ。「えのき」でつくる“5分で完成!自家製なめたけ”レシピ

saita

「えのき」でつくる“自家製なめたけ”レシピ

新米の季節になりました。ご飯のお供として、人気の高いなめたけですが、実は簡単に手作りすることができるのです。 今回は、新米にぴったりな「自家製なめたけ」の作り方をご紹介します。

なめたけは5分で作れます!

「え?なめたけってえのきたけでできているの?」という驚きのフレーズを何度か聞きました。
市販の「瓶入なめたけ」を深く考えずに買っている人もいらっしゃいます。

stock.adobe.com

しかしその「なめたけ」は、実は5分もあれば簡単に作ることができるのです。
あの独特なとろみも加熱していくと自然と出てくるので、あとはシンプルな調味料で味付けするだけです。
配合も覚えやすいので、味のお好みは後から調節できるのも自家製のよいところではないでしょうか。

また、なめたけは「白いご飯のお供」が定番ですが、豆腐やオムレツにたっぷりかけて「タレ」の代わりにも使えます。
実は素麺や蕎麦はもちろん、パスタの具と味付けにも役立つ万能常備菜です。

えのきたけは年間を通じて価格が安定していてお求めやすいだけでなく、うまみ成分も多くどんな料理にも主張しすぎない謙虚さがあるコスパ抜群な食材です。
冷蔵庫で4日ほど保存が可能なので、ぜひいろいろな料理に使いまわしてみてください。

5分で完成「自家製なめたけ」の作り方

<材料>(作りやすい分量)

・えのきたけ……大きめ1束(約200g)

・生姜……小さめ1かけ

・醤油……大さじ1

・酒……大さじ1

・みりん……大さじ1

・酢……大さじ2分の1

<作り方>
1. えのきたけは長さを半分に切って軸の部分を細かく割き、生姜は皮ごと千切りにしておく。

2. 鍋にえのきたけと生姜、醤油、酒、みりんを入れて中火で加熱する。

3. ときどきかき混ぜて、とろみが出てきたら酢を入れてひと煮たちさせる。

シャキシャキの歯応えとショウガの風味で食欲をそそる「自家製なめたけ」。一度食べたら、病みつきになること間違いなしです。
えのきたけが安い日にはまとめ買いして、常備しておけば、ご飯のお供に、おつまみにいろいろと使えて重宝しますよ。

本多 理恵子/料理教室主宰

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. <冷酷よりいい>義父からの電話のせいで家族での外食は中止。イライラして旦那を無視している

    ママスタセレクト
  2. 星熊南巫(我儘ラキア)、圧倒的な世界観で迫るソロプロジェクト「DEATHNYANN」始動

    SPICE
  3. シャンプーズ、1stフルアルバムを2022年2月にリリース タワーレコード限定アルバム予約購入特典はライブ音源CD-Rに決定 『爆裂洗髪祭2022』第2弾アーティストを発表

    SPICE
  4. ORANGE RANGE、12/6(月)20時に“ORANGE RANGEからの特別なお知らせ”をYouTubeにてプレミア公開決定

    SPICE
  5. 崎村調理師専門学校 漆器に模様付け 生徒が伝統工芸を体験〈小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町〉

    タウンニュース
  6. フレスコボールで繋がり強化 沼間3丁目自治会〈逗子市・葉山町〉

    タウンニュース
  7. SDGs推進の旗手目指せ 松下政経塾で全4回講座〈藤沢市〉

    タウンニュース
  8. 長津田 ラーメン自販機が出現 考案は肉フェスの創始者〈横浜市緑区〉

    タウンニュース
  9. MUCC逹瑯、ソロプロジェクト始動 アルバム2枚同時リリース&ツアー開催を発表

    SPICE
  10. sleepyhead、2022年春ツアーで活動終了を発表「自分がやってきたことを大切に振り返り、これから自分がやるべきことを見つける時間が欲しい」

    SPICE