Yahoo! JAPAN

サラ・オレイン「No Ordinaryな日々からExtraordinaryな日になりますように」 初の無観客配信ライブを開催

SPICE

サラ・オレイン

ヴォーカリスト・ヴァイオリニストとして活躍するサラ・オレイン初の無観客配信ライブ『No Ordinary Live~土曜の夜のサラ・オレイン~』が、2020年8月1日(土)に開催された。本公演のライブレポートが届いたので、紹介する。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、サラ自身も約半年ぶりのライブとなった。脚本・構成・演出すべてサラ・オレインによるプロデュース。ピアノには長年共演経験のあるジャズ・レジェンドのクリヤ・マコトを迎え、全8曲を披露した。

サラ・オレイン

ユーモアたっぷりのオープニング映像から始まり、ステージへ。オープニングトークでは「席がいまいち、水飲みたいなどのコンサート会場の悩みも今日はない! 今日はみんなが特等席! ファミリーで赤ちゃんやワンちゃんとも一緒に見られる!」とオンライン配信の良さをポジティブに語ったのち、コンサートタイトルについて、「まさに今は、These are no ordinary times(普通とは程遠い時代)」と言い、「Ordinary(普通)でない今だからこそ、変わらない価値観に気づく、そして新たな発見もある」と伝えた。そんな真面目なトークの中、カメラが引いて全身が映ると下半身はパジャマ! という何ともタイムリーなオチ付き。

サラ・オレイン

びっくり! 下半身はパジャマ姿!

仕切り直し、名作映画が伝えてくれるタイムレスなメッセージに触れ「どんなに時代が流れても変わらない、大事なことを」とメッセージを残し1曲目、映画『カサブランカ』より「As Time Goes By」へ。ほか、「君をのせて」、先日逝去したばかりのエンニオ・モリコーネの「シネマ・パラディーゾ」(映画『ニュー・シネマ・パラダイス』より)など映画音楽の名曲をパフォーマンスした。

MCではクリヤ・マコトとの軽妙なトークを繰り広げ、時折ファンからのコメントに応えるなど、オンラインだからこそできる交流を楽しんだ。

「サラっと!ジャンルーレット」をスタート!

コンサート中盤では「サラっと!ジャンルーレット」と題し、日本の童謡・歌謡曲をスウィング・ジャズ、ロックなど5つのジャンルから、ルーレットでジャンルを決めてその場でアレンジして披露するという遊び心溢れるコーナーを展開。童謡「夏の思い出」は、配信画面のチャットボックスを使って、ファンからの投票でジャンルを決定してパフォーマンス。クリヤ・マコトの多彩な即興アレンジで曲の雰囲気が一変。あっという間に時間が過ぎまだまだ聞いていたいほどだった。

サラ・オレイン

サラ自身が作曲した「Animus」はRemixアレンジをバックに演奏。ライブで盛り上がる定番曲なだけに生のライブが一層恋しくなった方も多いかもしれない。

サラ・オレイン

最後の楽曲は世界的なメッゾ・ソプラノのキャサリン・ジェンキンスとのデュエット歌唱が実現した「メリー・クリスマス・ミスター・ローレンス(遥か彼方に)」(映画『戦場のメリークリスマス』より)。どこか遠くの戦場で戦っている少年たちを想う歌詞と重ねて、「コロナウイルスの最前線で戦っている方々を想い、感謝を込めて歌います」と語った。本来キャサリンとのデュエット曲だが、画面にはなんとサラが二人現れてデュエットを披露。配信ライブだからこそ出来る最大のサプライズとなった。

画面にサラが二人現れてデュエットを披露

サラのオールプロデュースのもと、オンラインならではの仕掛けが満載となった今回の配信ライブ。ジャズ界の大物クリヤ・マコトとのタッグなだけに、歌とヴァイオリンでジャズのアドリブにも挑戦した。サラ・オレインというとクラシカルなイメージがあるかもしれないが、多岐に渡る音楽ジャンルに驚いた方も多いだろう。次回はどんなショーとなるのか楽しみだ。

サラ・オレイン

ライブ終了後、特別企画としてリアルタイムで視聴者との交流を楽しむ「Sarah Bar(サラバー)」を開催。ファンにはおなじみ、「銀河鉄道999」のメーテルの衣装で登場。ファンからのメッセージを読みながら、「サラっと!アカペラ」ではファンクラブで募集したリクエスト曲をアカペラで歌っていく。またこのライブの直前に亡くなった親友を想い、ギターの弾き語りも披露。同じ空間を共有できなくても、視聴者ひとりひとりに話しかけてくれるような近い距離を感じるパーソナルなひとときとなった。

サラ・オレイン コメント

メディアでは一部分しか表現できないため、やはりライブは色々とサラけだせる自由がありますね。オンラインという形で、普段ライブに来られない方に、ジャンルレスな音楽とユーモアを大事にしている素の自分を見て頂けたことが、とても嬉しかったです。今後もぜひ、もっと色々な方に表現者、エンターテイナーサラに出会ってもらえたら幸せです。
普通でない、Ordinaryでない世の中。大変でもあり、でも新たな発見と変わらない価値観に気づかせてくれる。Ordinaryでない日々から、Extraordinaryな日になりますように。そんなNo Ordinaryエンターテインメント・音楽ショーをこれからも皆さんにお届けできるよう頑張りたいと思います。アーカイブで本編をぜひ、サラにお楽しみ下さい!
スタッフの皆様、ビルボード横浜、クリヤ・マコトさん、見て下さった皆様、心からThank You。

なお、本ライブ本編のアーカイブ映像は8月5日(水)23:59まで視聴可能。チケットは8月5日(水)21:00まで販売となっている。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 探検したい子ネコ vs 遊びたい子ネコ。引き留めようとじゃれ合いが始まる。2匹の温度差が…(´ω`)

    PECO
  2. 三月のパンタシア、アルバム収録曲「透明色」リリックビデオ公開&先行配信スタート

    SPICE
  3. 企業がコロナ禍を生き残るための必要条件 コーポレート・トランスフォーメーションとはなんだ?

    J-CAST会社ウォッチ
  4. この構図どこかで見たことあるぞ……。『TENET テネット』とポスターデザインが似ている映画

    ciatr[シアター]
  5. 給食で大人気の「焼プリンタルト」 待望の専用サイトがオープン!

    東京バーゲンマニア
  6. わが子の「思春期の取扱説明書」。あなたの家庭にもありますか?

    ママスタセレクト
  7. 国際宇宙ステーションでどう生活する?宇宙飛行士たちの訓練風景

    おたくま経済新聞
  8. 広めの浴槽はゆったりのびのび。地下なのに明るさ満点の西荻窪『文化湯』

    さんたつ by 散歩の達人
  9. 刑事役がハマっていた女優ランキング…篠原涼子、天海祐希、米倉涼子らランクイン

    ランキングー!
  10. 杉浦太陽、入院してから約1週間が経過「嗅覚が効かなくなってしまったのが気になる」

    アメーバニュース