Yahoo! JAPAN

『スタトレ』シリーズ最新作『Strange New Worlds』、他の番組と異なる点とは?

海外ドラマNAVI

海外ドラマNAVI

米Paramount+(旧CBS All Access)が製作する『スター・トレック:ディスカバリー』のスピンオフドラマ『Star Trek: Strange New Worlds(原題)』について、他のシリーズとはどこが違うのかクリエイターが明かしている。

『Star Trek: Strange New Worlds』は、『ディスカバリー』に登場したクリストファー・パイク船長とスポック、ナンバーワンの3人が中心となり、演じるアンソン・マウント(『SAFE/セイフ』)とイーサン・ペック(『ゴシップガール』)、レベッカ・ローミン(『アグリー・ベティ』)が続投する。

その新スピンオフでショーランナーを務めるアキヴァ・ゴールズマンが、米Hollywood Reporterのインタビューに応え、他のフランチャイズ作品との違いを述べている。

「すごく挿話的だという点で、他の番組と違っている。オリジナル版を振り返ったら、すごくリベラルだったんだ。それは政治的な観点ではなく、より自由が利くという意味でね。例えば、(オリジナル版では)時々ロバート・ブロックがホラーなエピソードを書いてたし、ハーラン・エリスンが書いたコテコテのSFエピソード「危険な過去への旅」(オリジナル版のシーズン1第28話)とかね。それから、「おかしなおかしな遊園惑星」(オリジナル版のシーズン1第15話)や、「新種クアドトリティケール」(オリジナル版のシーズン2第15話)のようなコメディチックなエピソードもある。だから、(共同ショーランナーの)ヘンリー・アロンソ・マイヤーズと私はオリジナル版のようにしようと努め、私を含めた全員が連載的なストーリー展開に夢中になっている。そして、私は『スター・トレック:ピカード』の舞台裏からインタビューに応えているけど、このシリーズも深く配列されている。『Strange New Worlds』はその週の冒険が中心になっているけど、キャラクター像が連載化されている」

ゴールズマンの発言から察するところ、『Strange New Worlds』は各エピソードでホラーやコメディなどトーンが変わり、さまざまなスタイルを楽しめるシリーズとなっているようだ。

『ディスカバリー』から続投する主役3人に加えて、ジェス・ブッシュ(『スキャンダラスな彼女たち ~嘘と秘密とセレブリティ~』)、クリスティーナ・チョン(『24:リブ・アナザー・デイ』)、メリッサ・ナヴィア(『ビリオンズ』)らもキャストに名を連ねている。

『Star Trek: Strange New Worlds』は、2022年にParamount+にて配信開始予定。なお、『スター・トレック:ディスカバリー』はシーズン4が今年後半に配信予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:アンソン・マウント公式Twitterより

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 生後9か月の孫の耳に勝手にピアスの穴を開けた祖父母、激怒する父親にSNSで擁護の声が集まる

    Techinsight
  2. 淡路島や六甲山のテラスでゆったり!一度は行くべき「絶景が楽しめるお店」

    anna(アンナ)
  3. 宇垣美里[イベントレポート]バーの楽しみ方を学ぶ「状況が許すようになったら友だちと一緒に行って楽しみたい」<DIAGEO WORLD CLASS 2021 JAPAN FINAL>アフターファイナル出演

    Pop’n’Roll
  4. 【県南ドライブ】いちご好きにはたまらない♡宮城のいちごパラダイス『やまもと夢いちごの郷』~山元町坂元~

    宮城仙台散策マガジン せんだいマチプラ
  5. 2021年5月12日オープン 京都丸だこ

    京都速報
  6. 日向坂46、5th SG収録「どうする?どうする?どうする?」「世界にはThank you!が溢れている」「Right?」MV解禁

    Pop’n’Roll
  7. 義母「孫を預かるわよ」<ありがたいけど無理……!>息子を預けたくない理由とは?【中編】まんが

    ママスタセレクト
  8. 仕事から帰ってきた旦那さん、まずはお風呂に入ってほしい!理由は、足の臭い……

    ママスタセレクト
  9. 剛力彩芽、直球質問「別れたん?」に回答

    ナリナリドットコム
  10. 剛力彩芽、直球質問「別れたん?」に回答

    ナリナリドットコム