Yahoo! JAPAN

「カレーにぶっかけ、ざるうどん。旨いうどんは高知黒潮町にあり」美食おじさんマッキー牧元の高知満腹日記

高知県まとめサイト 高知家の○○

高知は意外にも、香川に負けない多くの名うどん屋があることは、以前紹介した。

過去、高知市にある「麺房 三宅」のきつねうどんや「手打ちうどん 藤家」のタイカレーうどん、土佐市「繁じ(はんじ)」の釜玉うどん、安芸市「国虎屋」のカレーうどんを紹介して来た。

関連記事を読む▶▶「麺房三宅」/「手打ちうどん藤家」/「繁じ」/「国虎屋」

香川と違って高知県うどん食べ歩きの面白いところは、そのバリエーションの豊かさである。

各店舗うどんのタイプが違う。

つゆも違えば、看板メニューも異なる。

隠れたうどん県なのである。

今回はさらに素晴らしいうどんの店があると聞いて、黒潮町へと向かった。

街道に面した店は「いろりや」という。

入るとすぐ右手側は、店名となった囲炉裏部屋で、左手がテーブル席になっている。

うどんをいただく前に、「青さのり天ぷら」220円に、こじゃんと(土佐弁で「すっごく」)冷えたキリンビールを注文する。

サクサクッと衣が軽やかに砕け散ると、アオサ海苔の香りが広がり、鼻に抜けて行く。

そこですかさずビールを飲む。

ああ、たまりません。

香り、微かな苦みなど、濃厚なアオサ海苔の味わいがあって、舌の上でねろねろやってると甘みが出てくる。

そこですかさずビールを飲む。

店の奥には田んぼが広がり、のどかな景色を見ながらの昼ビールを飲む。

他では味わえない、この時間が愛おしい。

さあ、いよいようどんである。

まずはその実力を知るために、「ざるうどん550円」を頼んだ。

うん、なによりうどんがいい。

ツルツルっとなめらかな唇あたりで、もちもちとしている。

最初は優しい食感に感じるが、うどんの芯にコシがある。

温和ながら芯の強さがある女性のようで惚れちまう。

次に「釜玉うどん682円」もいってみた。

放飼鶏玉子と特製宗太節醤油だという。

温かくなったうどんは、小麦の甘い香りを漂わせ、そこへ卵の甘みと醤油の品のいい旨味が絡み合う。

このうどんには、柚子をこじゃんと絞るとうまいぞ。

次に登場したのは、「力豚のカレーうどん」880円であった。

力豚とは大月町の松本さんが作ったというブランド豚である

カレー味が丸い。

豚のほの甘い滋味が、カレースープに溶け込んで心が穏やかな気分となる。

ううむ、三者ともに捨てがたい。

どんな味わいでもうならせるのは、うどん自体に魅力があるからだろう

その秘密を、店主の周治輝峰さんにうかがってみた。

粉は、国産小麦粉の薄力粉中心で、うどんの背骨ともいうべきコシには強力粉を使っているのだという。

だからあのなめらかさが生まれ、芯にコシを忍ばせているのだな。

さらに重要なのは、いい練りであり、熟成時間だという。

熟成が進みすぎると、劣化が早い。

季節や気温、湿度によっても寝かせ方が変わってくる。

夏は朝5時打って寝かせると、昼の開店にちょうどよくなる。

しかし今回いただいたうどんは、昨晩に練ったものに、今朝5時半練ったものを混ぜて、暖房をかけて寝かせたという。

「人間は震えていますが、うどんは冷暖房付です」。

周治さんは、そういって笑われた。

朝も早く、重労働だろう。

しかしお顔にはそんな苦労など微塵も見えない。

うどんが好きなのだろう。

お客さんに美味しいうどんを食べてもらいたいという一心だけなのだ。

そんなうどんを食べられる我々は、なんと幸せなのだろう。

高知県幡多郡黒潮町入野「いろりや」にて

おすすめの記事