Yahoo! JAPAN

1800発で「百年目」祝う 御幸の浜花火大会が復活〈小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町〉

タウンニュース

賑わいを見せたかつての御幸の浜花火大会=小田原市商連提供

かつて小田原市の御幸の浜で行われていた花火大会が初めて開催されて100年目の今年。地域有志らが悪疫からの地域復興を願ったイベントとして復活させる。

(公社)小田原青年会議所(JCI小田原)が主催、(公社)小田原法人会青年部会と市商店街連合会青年部が共催で11月22日(日)に実施するのが「復活小田原御幸の浜花火大会」。地域活性とコロナ禍以降のイベントの在り方を考える機会にしようというテーマも込められている。

花火大会は1920(大正9)年、商工会議所の前身となる「小田原保勝会」が初開催。観光協会や市商連が運営を引継ぎながら開催してきたが、海岸浸食などの問題から2009年を最後に行われていなかった。

歴史ある花火大会を復活させようと3者が動き出したのは今夏。当初は1千発強の打ち上げ想定で協賛を募ったところ、地域の理解を得たことで1800発まで増発を実現した。花火大会は来年以降の継続開催も検討していくという。

花火の打ち上げは午後6時30分から7時10分まで。同イベントに関する問い合わせはJCI小田原【電話】0465・22・6381へ。

外呑みイベント、動画配信も

花火大会当日の正午から午後9時まで、小田原駅前東通り商店街とおしゃれ横丁商店会が「え!?冬なのに外呑み横丁」を開催(企画・同イベント実行委員会)。これは10月に開催した外呑みイベントの好評を受け、第2弾を花火大会に合わせて実施するもの。

今回も通路にテーブルと椅子を設置し、屋外で参加店舗提供の飲食を楽しむことができる。

またジェイコムチャンネル(地デジ11ch)では花火大会の様子を生中継。放送時間は午後6時15分から7時15分までの1時間。J‥COM小田原局舎屋上とTOTOCO小田原に設置されたカメラ3台で中継する。番組内で花火師へのインタビューなども予定。詳しくは【電話】0120・999・000まで。

【関連記事】

おすすめの記事