Yahoo! JAPAN

犬が快適に過ごせない『ベッドの共通点』3選

わんちゃんホンポ

犬にとって快適ではないベッドの共通点とは

1.季節に合わない

ベッドを快適に使ってもらうためには、季節に合ったベッドを選ぶことが大切です。夏なのに、保温性の高いベッドを与えていると、暑くて快適ではありません。そのため、ベッドを使いたくても使うことができず、ベッドよりも涼しくて快適な場所を選びます。

冬なのに、ひんやりと冷たい素材のベッドを与えていると、寒くて快適ではありません。そのため、ベッドに入ってもカラダを温めることができず、ベッドよりもあたたかくて快適な場所を選びます。私たち人間だって、季節に合わせて寝具を変えますよね。犬だって、暑さ対策や寒さ対策ができるベッドを好むんです。

2.カラダに負担がかかる

たとえば、犬のカラダの大きさに対して、とても小さいサイズのベッドを与えていることがあります。そうすると、カラダをギュッと丸めるようにして眠らなければならず、かなり窮屈な体勢です。

さらには、ベッドの底面が薄く、ほとんど床に寝ていることと変わらないような状態であることがあります。それでは、ベッドで眠る意味がありません。一日のほとんどを寝て過ごす犬ですから、ベッドに入っている間もずっとカラダに負担を与えているようなものです。

ベッドを使わず、ソファーやクッションの上を好んで眠る犬がいますよね。自分のベッドが小さくて窮屈で、底面が薄く床に寝ていることと変わらないのであれば、ふかふかで快適に眠ることができるソファーやクッションを選びたくなるはずです。

3.強い香りがする

愛犬のベッドをお洗濯するとき、人間用の洗濯洗剤や柔軟剤を使っていませんか?とても良い香りがするかもしれませんが、犬にとっては、刺激が強く、ただただ不快なだけの香りです。また、人間用の香り付きの消臭剤を使って、お手入れしていませんか?

これも同じように、犬にとっては不快な香りで、ベッドを使いたくなくなってしまう原因になります。犬にも犬用の洗濯洗剤や柔軟剤があり、香り付きである場合でも、犬が不快に感じることのない香りが使われています。もしくは、無香料のものを使うと良いです。消臭剤も同じように、犬用のものを使ってあると、ベッドの消臭や除菌もできて、犬も快適に使うことができます。

ベッドを快適に使ってもらうためのコツ

機能性を重視して選ぶ

✔暑さ対策ができる
✔寒さ対策ができる
✔低反発
✔高反発

このように、機能性の高いベッドを選んであげることで、犬がより快適にベッドを使うことができるようになります。かためのベッドを好む犬もいますし、やわらかくてふかふかなベッドを好む犬もいます。

愛犬に適した大きさを選ぶ

大型犬だからといって、大きなベッドを好むとは限りません。小型犬だからといって、小さなベッドを好むとは限りません。カラダの大きさに適したベッドを選んだにも関わらず、ベッドを使ってくれない…と、ベッドを使ってくれないときの解決方法を模索する飼い主さんが多いです。愛犬に適した大きさを選ぶって、とても難しいですよね。普段、どのような場所を寝床として好むか、よく観察してみると、ベッドを選ぶためのヒントが見つかるかもしれません。

まとめ

犬が快適に過ごせないベッドの共通点には、

✔季節に合わない
✔カラダに負担がかかる
✔強い香りがする

などがあり、ベッドを使ってくれない原因にもなります。ボックスタイプ・マットタイプ・ドームタイプなど、ベッドのタイプも様々で、薄暗く狭い場所を好む犬であれば、ドームタイプのベッドが快適であることもあります。また、ベッドを置く場所にも注意してみてください。窓際に置くと使ってくれない、テレビの近くに置くと使ってくれない、などもあります。外からの音、テレビからの音に敏感になり、くつろぐことができないことがあるからです。

【関連記事】

おすすめの記事