Yahoo! JAPAN

ボートルアーフィッシングでサワラ好捕 夕マヅメの時合いにナブラ発生

TSURINEWS

サワラをキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版APC・大石 剛)

好調なマゴチを狙って、愛知県常滑市のガイド船で釣行。しかし、マゴチからのアタリはない。そこで夕マヅメに青物狙いへ。知多沖のボートゲームをレポートする。

ボートでルアーマゴチ

今年はマゴチが好調なようで、愛知県常滑市のガイド船で釣りに行くことにした。

9月上旬に午後2時半から6時半までの4時間コースで、苅谷漁港から出航。ターゲットはマゴチ以外には沖の青物と聞いていたので、マゴチ&青物のタックルを持参。

筆者のタックル(作図:週刊つりニュース中部版APC・大石 剛)

メンバーは同じ釣りクラブの中島さんと金子さんだ。まずは青物のいる野間沖まで目指してクルージング。船長が言うには、前日にサワラのナブラが発生したと言っているが、まだ時間が早いのか海は静かだ。

仕方なくセントレアまで戻ってマゴチを狙う。ジグヘッド30gにシャッドテールのワームを付けて、キャストして探ってみる。サバフグがわいているようで、ワームがボロボロになって帰ってくる。

何カ所か移動しても、マゴチからのアタリもなし。1時間ほどやった後、夕マヅメのチャンスタイムを狙って野間沖の青物ポイントへ向かう。

夕マヅメにサワラ狙い70cmヒット

ポイントに到着すると、時々だがサワラのナブラが発生している。ボラが跳ねるのとは明らかに違う跳ね方で、サワラが宙を舞っている。

そのうちあちこちで水柱が立ち、バコバコという捕食音が聞こえるようになってきた。どうやら「当たりの日」に当たったようだ。ルアーをキャストするが、若干届かない。あぁ~と落胆するが、うまくナブラにキャストできた中島さんにファーストヒット。ボートまで寄ってきた魚影を確認すると、70cmほどのサワラだ。

見事サワラを手にした中島さん(提供:週刊つりニュース中部版APC・大石 剛)

筆者も70cmサワラキャッチ!

水柱の音と捕食音が響くなか、ひたすらにルアーをキャストする。ガイドも「ナブラにキャストできなくてもひたすら投げ続けるしかない」と言う。汗だくになりながらも私にもヒット。サゴシではなくサワラなので、突っ込みが強烈だ。最後は船長がタモですくってくれて無事にゲット。そのまま船長がサワラを絞めてくれるので、次のサワラを狙う。

筆者がキャッチした70cmほどのサワラ(提供:週刊つりニュース中部版APC・大石 剛)

最終釣果

しかし、サワラはたくさんいるものの、なかなか攻略できず時間だけが過ぎていく。結局船中4匹のサワラをゲットして、タイムアップとなった。

タックルを厳選すれば、まだ捕れると思うだけに悔しい釣りになった。船長が言うには、8月の末にサワラが釣れるのは異例とのこと。

マゴチ釣りが青物釣りになってしまったが、臨機応変に対応してくれるところが、ガイド船のいいところだと思う。まだ知多沖の青物シーズンは始まったばかりなので、次も捕れるように準備して臨もうと思う。

<週刊つりニュース中部版APC・大石 剛/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年10月8日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The postボートルアーフィッシングでサワラ好捕 夕マヅメの時合いにナブラ発生first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事