Yahoo! JAPAN

【池田町】ワゴン車を憧れの寝台特急「北斗星」に!? マイカーに詰め込んだ想いとは

北海道Likers

<span class="media-credit">出典: <a href="https://hokkaidolikers.com/">北海道Likers</a></span>

十勝・池田町に、かつて札幌と東京を結んでいた寝台特急『北斗星』ふうに改造された車があります。

本物と見間違うほどのクオリティですが、すべてオーナーの手作り。家族の夢を連結した“公道を走る寝台特急”をご紹介します。

豪華列車をワゴン車で再現

出典: 坂田稔さんTwitter

『北斗星』は、かつて上野-札幌間を運行していた寝台特急です。食堂車やロビーカー、個室寝台を連結し、日本有数の豪華寝台列車と呼ばれていました。しかし新幹線開業や車両の老朽化により、2015年3月13日をもって惜しまれながら定期運行を終了。その歴史に幕を下ろしました。

出典: 北海道Likers

北海道・池田町に住む坂田稔さんは、2010年に古い『ハイエース』をベースに、『北斗星』を牽引していた電気機関車『EF510』 をイメージした『初代 北斗星』を制作しました。北海道から九州まで約52万kmも走行した思い出が詰まった車両でしたが、老朽化によって残念ながら廃車に。

今度は『北斗星』が廃止された2015年に、ディーゼル機関車『DD51』をイメージした車両『北斗星ファーゴ』を完成させたのです。

制作費約10万円。DIYが結集した「北斗星ファーゴ」

出典: 坂田稔さんTwitter

いすゞのワゴン車『ファーゴ』がベースで、『北斗星』と同じ日本国有鉄道が定めた『青20号』を、塗装メーカー「関西ペイント」に2万円でオーダーして自家塗装しています。『DD51』らしさを演出するため、プラバンでノーズを作成。ヘッドライトも点灯します。基本的な制作費はわずか10万円。車検にも合格している公認車両です。

正面は機関車、後部は客車をイメージしています。発泡スチロールの連結器や、サイドウィンドウを活かした方向幕、リアウィンドウを活かしたテールマーク、発泡ボード製のエンブレムなど、100円ショップやホームセンターで入手した材料をそれらしく加工して装着しています。機関車らしく汽笛も鳴るというから驚きです。

これだけの完成度を誇りながら、坂田さんは実物の『北斗星』に乗る機会がなかったそう。憧れが制作にかける情熱の源になっているのかもしれません。

創意工夫が施された食堂車とコンパートメント

出典: 坂田稔さんTwitter

車内は坂田さんの工夫が詰まった夢の空間です。

スライドドアを開くと、食堂車『グランシャリオ』が。テーブルランプやシャンデリアは100円ショップの商品を使用しているそう。一方で、洋服掛けや灰皿は列車の廃品が使われるなど、バランスよくまとまり、豪華な雰囲気が演出されています。

出典: 北海道Likers

後方には寝台『Bコンパートメント』があります。ベッドは長さ180cm・幅52cmで10系・20系寝台とほぼ同じサイズを確保しており、実際に寝ることもできるそう。座面を10cm低くしたことで、上段寝台に頭が当たらないように工夫しています。「ホームセンターで曲がるカーテンレールを発見し、自らミシンで縫い付けました」と、手間暇を惜しみません。その甲斐があって寝台車らしい旅情に溢れています。

坂田家の宝が廃車の危機に!?

出典: 北海道Likers

停車しているだけで人が集まるほど人気の『北斗星ファーゴ』ですが、ベース車両が平成7年製と古く、数々のトラブルに廃車を考えたことも少なくないそう。坂田さんはTwitterで『北斗星ファーゴ』の情報を公開しています。「パーツや修理に関する情報がありましたら、ぜひ連絡いただきたい」とのこと。

『北斗星ファーゴ』は坂田家にとって家宝のような存在。「一緒にどこかへ行った思い出や、“北斗星ファーゴ”を通して知り合った方も多く、いつまでも大切にしたい」と、熱い想いで走り続けます。

■北斗星ファーゴ
■Twitter:@hokutoseihiece

【画像】坂田稔さんTwitter

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. JR両国駅 3番ホームでポケモンカードゲーム「スタートデッキ100ステーション」8/18~8/21開催! 事前予約受付中! 初心者大歓迎、ポケモンカードゲームの楽しさを体感できる絶好のチャンス!

    鉄道チャンネル
  2. 美女コスプレイヤー・すみれおじさん、オールスター競輪にゲスト出演決定!「今からワクワクしています」

    Pop’n’Roll
  3. <仲間外れ?>3人グループで仲良くしていたママ友。知らない間に他の2人が親密になっていた

    ママスタセレクト
  4. 山間地に市役所がやってきた!「妙高市移動窓口号」始動

    上越妙高タウン情報
  5. 新型コロナ11日(木)上越市最多431人、妙高市35人、県内全体3596人

    上越妙高タウン情報
  6. 1日たった2分で「くびれ」をつくる。寝ながらカンタンくびれ筋トレ!

    saita
  7. “映えるオムライス”とクリームソーダをテイクアウト!「ひとのわカフェ」

    上越妙高タウン情報
  8. 上越市 地域協議会の実態は?委員へのアンケート結果

    上越妙高タウン情報
  9. 習慣化したいナイスショット後の「決めポーズ」づくりとは!?【最長406ヤード!浦大輔のゴルフ“かっ飛び”メソッド】

    ラブすぽ
  10. 「美味しすぎる」SNSで話題の「チャイジャム」は買って正解!スコーン何個もいけちゃう

    東京バーゲンマニア