Yahoo! JAPAN

コロナ禍に花々の癒し 色鮮やかな興聖寺の「花手水」【京都府宇治市】

ALCO宇治・城陽

3月6日から始まった興聖寺の花手水。美しい光景に心も清められる。

2021年3月6日(土)、興聖寺(京都府宇治市宇治山田27-1)で色鮮やかな花々を手水に浮かべた「花手水」が始まりました。

お寺の方によると、現在新型コロナ対策で手水が使用中止になっているため、お花を飾って皆様に喜んでいただければ、との思いで始められたそうです。

今回が初めての試みという事ですが、本当に素敵ですね!美しい花たちが人々の心を癒してくれそうです。

こちらはお庭の椿を使ったもの。落ちたお花も綺麗なので利用されているそうです。一度落ちてもまた可愛らしく飾られて、椿も喜んでいるのではないでしょうか。

可愛らしくほっとする光景。お寺の境内という事もあって、静かな中にも力を感じました。

【関連記事】

おすすめの記事