Yahoo! JAPAN

霜降り明星せいや、ミキ亜生と“ケンカ最弱コンビ”巡り牽制しあう うどん屋で築いた関係に亀裂か

Techinsight

「まず昴生さんをボコボコに…」とせいや

兄弟お笑いコンビ・ミキの亜生が6月17日、Twitterで「霜降り、喧嘩しよや」とつぶやいて「亜生くん、どうした?」「どヤンキーやんか台詞が(笑)」とフォロワーをざわつかせた。しかも霜降り明星・せいやが亜生のツイートにリアクションして火に油を注いだ。冠番組『霜降りミキXIT』(TBS系、2022年3月終了)でレギュラーを務めた間柄なのに、なぜケンカを吹っかけるようなことをしたのだろうか。他にも多くのコメントが寄せられており、どうやら同日放送のバラエティ番組が関係しているらしい。

霜降り明星がゲスト出演した17日の『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系)で、その件を持ち出したのはせいやだった。1週間ほど前に松本人志や千鳥・大悟と一緒に飲んでいると「お笑い界で一番ケンカが弱いコンビは誰か?」という話で盛り上がり、40分近くしゃべって「せいやはちびデブ、粗品は細長でこんなケンカが弱いコンビはない」という結論に落ち着いたという。それを蒸し返したせいやが「最弱は霜降りではなくて、もっと弱いコンビがいるでしょ?」と異を唱えたところ、共演者が意見を交わすなか粗品が「ミキは? 小柄やし、さえん感じで…」と思い付いた。するとせいやが乗っかって「まず昴生さんを2人でボコボコにして」、「メガネを割って、埋めて」、粗品も「ミキなんてメガネとったら終わりですよ」と言いたい放題だった。

ミキが2021年9月放送の『霜降りバラエティ』(テレビ朝日系)にゲスト出演して、まだ若手芸人として出会った2013年頃を回想したことがある。当時、亜生は芸歴2年で芸歴1年のせいやより先輩になるが、芸歴3年の粗品は亜生の先輩にあたる。そのため亜生は粗品とコンビを組んでいるせいやを気遣い、せいやは亜生の後輩だと自覚していたのでお互いに敬語で話してぎこちなかった。そんなある日、亜生が霜降り明星からうどん屋に連れて行ってもらったことで距離が近づいたという。まだお金がなくて霜降り明星が「280円のかけうどんを1円単位で割り勘」することになりどちらが出すか揉めそうになったため、亜生が「もういいですよ」と口を挟んだところ「いや、これは先輩やから(俺たちが出す)」と言われたそうだ。せいやも「もうこのうどん奢るから“俺先輩でいい?”ってなって、そこから敬語使うのやめてんな」と仲良くなったきっかけを覚えていた。

その亜生が「霜降り、喧嘩しよや」とツイートしたところ「亜生さん急にどうしました?」と心配する声があるなか、『酒のツマミになる話』を見たフォロワーは「お兄ちゃんやられちゃうからやめてあげて 笑」、「メガネ取られちゃ困るよ~笑」と楽しんでいた。さらにせいやがリツイートして「メガネ取り上げたらしまいやろ」といじったので、「その前にお兄ちゃんにぼこぼこにされて負けます」、「平和の象徴、第7世代でしょ!」など反響があり、「是非しもばらで放送してください」と再現シーンを期待する声も見受けられた。

画像2、3枚目は『ミキ 亜生 弟 2022年1月1日付Instagram「2022年の新衣装を作らせていただきました。」、2022年3月14日付Instagram「今日で霜降りミキXITは最終回です!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

【関連記事】

おすすめの記事