Yahoo! JAPAN

秋のアオリイカシーズン開幕 陸っぱりエギングタックル&釣行装備

TSURINEWS

秋のアオリイカタックル(提供:TSURINEWSライター野中功二)

西伊豆の秋イカシーズンがスタート。シーズンの特徴を含め、入門者に向けてタックルや装備などのキホンを紹介していきましょう。

西伊豆の秋イカシーズン

西伊豆のフィールドはまだまだ高水温。水温は20度超えを維持。まさしく温暖化の伊豆と言えるでしょう。朝夕青物の回遊もあるほど高水温、秋イカも一潮ごとに大きくなり、イカは港湾内よりやや外洋を意識しはじめる個体も。

これからは障害物周辺に居たイカも姿を消しだします。早生まれの個体はすでに潮に乗り回遊を始めています。夏イカの残りであろうキロアップや300g前後の数釣りもスタートで、多彩なサイズが顔を出すタイミングです。

秋イカシーズン開幕(提供:TSURINEWSライター野中功二)

西伊豆秋イカタックル

西伊豆の秋イカタックルは、サオはエギング用でもその他のルアーロッドでも適合ウェイトが適応範囲、サオの硬さがM~MHなら流用できます。専用ロッドがいいのは当たり前ですが、この時期初めてエギングを始める初心者の方などは代用品でもOKです。長さは取り回しの楽な長さ、8~8.6ftが使いやすいです。リールは中型スピニングリールで、ラインは伸縮性の少ないPEラインが150m巻けるぐらいのものがいいでしょう。

リールは中型スピニング(提供:TSURINEWSライター野中功二)

リーダーの結び方

エギングではPEラインとリーダーと呼ばれる先イトを結びます。このラインの結び方をノットといいます。このノットにはFGノット、電車結び、ノーネームノットなどいろいろな結び方があります。器具を使用しノットを結ぶ方法もあります。

エギは2.5号か3号を(提供:TSURINEWSライター野中功二)

必要な釣行装備

装備として必要なのは、第一にライフジャケット。自動膨張や手動膨張といった物ならコンパクトで、アクションの邪魔になりません。また、目を保護し、海面の乱反射を軽減する偏光グラス、日の光から頭を守る帽子は必要です。

安全装備で楽しもう(提供:TSURINEWSライター野中功二)

そして、大きなイカもまだまだ釣れる可能性がある時期なので、ランディングネットやイカ用ギャフ、釣ったイカはその場で生き締めにして後でおいしく頂くために、烏賊絞め道具も必要です。

体調管理&イカ保存

まだまだ暑い日もあるので、熱中症予防、脱水予防に飲み物は多めに持参しましょう。また、釣ったイカをキープするのにチャック付ポリ袋があると便利でしょう。烏賊墨を流すバケツも要準備です。

チャック付ポリ袋が便利(提供:TSURINEWSライター野中功二)

近年、釣り場のゴミ問題やマナーの悪さにより、堤防閉鎖や立ち入り禁止が増えている伊豆。アングラー皆さんのお声がけや注意でこれ以上、遊び場がなくなるのを防ぎたいですね。

<野中功二/TSURINEWSライター>

The post秋のアオリイカシーズン開幕 陸っぱりエギングタックル&釣行装備first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事