Yahoo! JAPAN

四日市港ライトゲーム満喫 アジは抜けたがメバル2匹をキャッチ成功

TSURINEWS

待望のメバルは19cm(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

1月8日はダメ元でアジを狙って四日市港へ釣行した。満潮まで実績場を探ったが、案の定アジは不発。下げ潮にかわってからメバルは狙い通り本命を2匹キャッチすることができたので、その模様をリポートしたい。

四日市港でメバリング

年末まで釣れていたアジが、四日市港から姿を消してしまった。雪代の流入による水温低下か、それとも他の要因か。12月に入ってから少しずつ数が減っていたので、元々そういう時期だったのかもしれないが、少し未練もあったので1月8日にダメ元で釣行した。

午後8時ごろから満潮の潮止まりまで、水深のある場所を中心に今シーズンの実績場を探った結果はアタリもなし。ここは潔く、敗北を認めようではないか。

とはいえ、このままでは帰れない。そこでタックルはそのまま、下げ始めの1時間だけふ頭周りでメバルを狙ってみた。

タックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

ジグヘッドは0.4g。パワーイソメをセットして、岸壁際や明暗の境目を中心に探っていく。

セイゴ祭りもメバルの姿見えず

しばらく反応は渋かったが、やがて潮が効き始めるとアタリも多くなってきた。とはいえ、ヒットするのはセイゴばかり。予想以上に高活性だ。

ならば表層は諦め、次は1.5gのジグヘッドでボトム狙い。こちらはカサゴ時々タケノコメバル、所により一時セイゴといった状況だが、メバルはどこにもいない。

カサゴも安定の釣果(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

となれば中層だが、水深のあるふ頭周りでの中層狙いは予想以上に難しい。ウキ釣りや胴つき仕掛けならいざ知らず、軽量ジグヘッドなのだ。仮にアタリが出たとしても、次のキャストで同じレンジを正確にトレースできる腕は、私にはない。

そんな訳で、中層はバーチカルに探っていく。足元に投入し、着底したらゆっくり巻き上げながら縦に誘う。しかし、ここでもヒットの大半はセイゴ。

待望の19cmメバル

そこで再び0.4gに戻し、表層を再調査。メバルが着きそうな岸壁のエグレを超スローで探ると、サオ先に微妙な重みが伝わってきた。

もしやと期待しながら聞きアワせると、セイゴとは違う手応え。カキ殻に擦られないよう慎重に壁から引きはがし、そっと抜き上げたのは念願のメバルだ。今シーズン、アジの外道としては何匹か釣っているが、これは狙って釣った本命。19cmとサイズは微妙ながら、うれしい1匹だ。

セイゴ40cm級も登場

ようやく肩の荷が下りたところで、気持ちも新たに次を狙う。同じパターンで探るとヒットは続く。ジャンプしないので良型のメバルを期待したが、水面に浮かんだのは目測40cmのセイゴ。ラインはアジ用エステル、しかも使い古しだ。果たして抜き上げられるのか。

セイゴは40cm級頭に多数ヒット(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

小物釣り師の私は普段ネットを持ち歩かないが、代わりに落としギャフをバッグに忍ばせている。ラインにセットしてスルスルと落とし込み、無事にキャッチ成功。これがメバルなら気持ちよく帰れるが、セイゴとなればそうはいかない。

最後に本命追加で満足

移動しながら探っていくと、今度は本命らしいアタリ。ひと呼吸おいて聞きアワせると、鋭い引きでエグレの奥に突っ込んでいく。これは間違いないだろう。慎重に誘導し、抜き上げたのは本命のメバル。18cmとややサイズダウンしたものの、これで心は満たされた。

時計を見れば11時少し前。下げに入ってからのわずかな時間だが、前半のアジ狙いとは比較にならないほど濃密な時間だった。

<週刊つりニュース中部版APC・浅井達志/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年1月21日号に掲載された記事を再編集したものになります。The post四日市港ライトゲーム満喫 アジは抜けたがメバル2匹をキャッチ成功first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事