Yahoo! JAPAN

新型コロナウイルス 横浜市保土ケ谷区の陽性者 前週から19人増 累計で1148人に〈横浜市保土ケ谷区〉

タウンニュース

横浜市が5月7日に発表した新型コロナ感染症の区別の発生状況(患者住所地)によると、保土ケ谷区の感染者は4月30日から5月6日までの1週間で19人増えて、累計で1148人となった(速報値)。

横浜市全体で2万3943人

保土ケ谷区以外の区別発生状況を感染者数の多いエリアから並べると、港北区2175人、南区1843人、鶴見区1809人、青葉区1651人、中区1569人、神奈川区1515人、港南区1426人、戸塚区1401人、旭区1335人、磯子区1062人、都筑区1040人、金沢区1005人、緑区932人、西区833人、泉区696人、瀬谷区566人、栄区473人となった。これに、市外の1464人を加えるとこれまでの累計感染者数は2万3943人となり1週間前に比べ、682人の増加となる。

また、これまでの陽性患者のうち1万2349人は感染経路が不明。死亡者数の累計は1週間前から2人増え、362人となった。

相談は各コールセンターへ

新型コロナウイルス感染症についての特徴や予防方法、有症時の対応など全般的な相談は「横浜市新型コロナウイルス感染症コールセンター(帰国者・接触者相談センター)」【電話】045・550・5530(土日祝日を含む24時間対応)。

発熱・せき・のどの痛みがある人の相談は「神奈川県発熱等診療予約センター」【電話】0570・048914、または【電話】045・285・1015(土日祝日を含む午前9時から午後9時まで)。

横浜市は新型コロナウイルス感染症に関する情報について特設ページを開設している。新型コロナに関するさまざまな情報は【URL】https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/koho-kocho/koho/topics/covid-19/で検索を。

【関連記事】

おすすめの記事