Yahoo! JAPAN

大木優紀さん、“高給”テレ朝アナ辞め転職した理由

ナリナリドットコム

元テレビ朝日アナウンサーの大木優紀さんが、6月24日から22時間放送された特別番組「ABEMA Prime 転職を考える22時間」(ABEMA)に出演。ベンチャー企業広報に転職した経緯を語った。

大木さんは今年1月、18年間勤めたテレビ朝日のアナウンサーから旅行ベンチャー「令和トラベル」の広報に転職。その決断をした経緯について「私は、『NEWT』という海外旅行の予約アプリを運用する令和トラベルの広報として働いている。テレビ朝日のことは好きだし、18年半、アナウンサーとして楽しく過ごしてきた。ただ、創業者のnoteを読んで、コロナ禍で本当にダメになっている海外旅行事業をあえてスタートさせるという逆張りの発想に胸が熱くなるものがあった。業界がゼロリセットされるというのは、新規参入にとっては本当にビッグチャンス。『ここで働いてみたい、絶対にこの機会を逃しちゃダメだ』という気がした」と語る。

さらに、「年収1000万円は超えていたはずなのに、なぜ不安定な道を選んだのか」と問われた大木さんは「台本作成などいろんなものをお膳立てしていただける環境でアナウンサーをしていたので、自分のスキルには偏りがあると感じていた。共働きだし、40歳になったタイミングだったので、一度ゼロから立ち上げる世界を見てみたかった」と説明。

実際に外の世界に出てみると、「本当にアナウンサーは“潰しがきかない”と感じた。当初は社内のコミュニケーションツールさえ使いこなせず、今まで私は何をしてきたのだろうと思った」と赤裸々に告白した。

また、「元アナウンサーという肩書はやはり強いのでは?」との質問に、大木さんは「本当にテレビ朝日に感謝している。“取材する側”から“取材してもらう側”になったことで、テレビの影響力の大きさを改めて感じているし、メディアのヒエラルキーの中においては依然トップの位置にいると思う。テレビ離れが叫ばれているけれど、辞めてみたことで、まだまだテレビは“死んでいない”という感覚が強くなった」と明かした。

【関連記事】

おすすめの記事