Yahoo! JAPAN

春の陸っぱりライトゲームで20cm級メバルと対面 アジは不発

TSURINEWS

待望の本命メバル(提供:TSURINEWSライター井上海生)

久々に釣りに行った。水温の情報を見ながらじりじりしていたのだが、13℃安定がまあ一週間近く続いていたので、「そろそろ」とサオを取り出してきたのだ。しかし、初春の洗礼というべきか、なかなか渋い釣果にはなってしまった。ともあれ、これが春の釣り始めだ。

釣行当日の状況

釣行日は3月31日。気温は、昼は20℃くらいで、水温は13℃くらい。しかし夕方釣り場に着くとさすがに冷え込んだ。車の中に積んでおいたダウンジャケットを着て、なんとか釣りをできるくらい。やはりこの時期の夜の冷え込みは、まだまだ侮れない。

中潮の上げきりからスタートとなった。海に気配は満ちている。かなりプランクトン過多とも思えるような、泡っ気のある海だ。この感じなら最初はアジかなと思い、急遽ショートロッドに持ち替えて、アジングからスタートした。

アジングからスタート

残念ながら、この日はアジの反応がなかった。昨年は4月の中頃から釣れだしたので、もしかしたらと期待したのだが、もう二潮周りくらい早かったのか。微妙に足元で小アタリを出すものが、果たしてボトムなのかサバなのかカサゴなのかどうなのかもわからない。

私にとって三ヶ月ぶりの釣行である。ちょっと勘が鈍ったのだろうか?ということで、アジは1時間で見切ってメバリングに切り替えた。ここからが本番だ。

メバリングへ転戦

しかしこの日はメバルも渋かった。2時間、無の時間が続く。キワの表層トレース。アタらない。ちょっとレンジを入れてみる。無。プラッギングでオープンに打つと、微反応。しかしもしかしたら、うじゃうじゃ沸いていたボラの魚体に擦ってしまっただけかもしれない。

あーこれは辛いと思っていたら、ボトムでようやくヒット。カサゴかなと思ったら、まあまあ貪婪な引き方をして、タケノコメバルが登場。かわいいサイズだが、ともあれボーズを免れることができてよかった。

タケノコメバル(提供:TSURINEWSライター井上海生)

そのあと、小カサゴも追釣する。しかし、何か物足りない――。

小さいカサゴ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

執念のメバルヒット

下げ潮がきいてきて、トレースするコースに潮位がなくなってしまって、メバルはもう諦めるしかなくなった。ということで、再びショートロッドに持ち替えて、期待薄のアジングをリスタートする。三ヶ月ぶりの釣行で、タケノコと小カサゴだけじゃ帰れない。こんなていたらくでは、釣行記を書くこともできないじゃないか!

すると執念のヒット。アジはアタらなかったが、微妙に明暗が形成されているコースを見つけてショートロッドを振り抜き、目一杯ぎりぎりの表層をトレースしてくると、横追尾でメバルが食ってきた。切れやすいエステルラインでのやりとりだ。慎重にいく。手前まで寄せてくると重みを感じたので、タモ入れもした。

20cm級メバル登場(提供:TSURINEWSライター井上海生)

よかった。なんとかメバル20cm級を取り込めた。やっとこれで帰れます。

もう一週先か?

車に戻ると、まったく時計を見ていなかったのでわからなかったが、なんと3時間半も経っていた。何もかもに打たれ弱い私が、よく3ヒットで3時間以上もやれていたものだと思う。しかし、それだけ久々の釣りというものは、もう、無心になるものがあるのだ。

この日は本当にちょっと変わった海で、堤防際にとにかく泡っ気が多かった。気泡パターンのいき過ぎ、みたいな。もしかするとプランクトン過多で、マヅメくらいにメバルが捕食を終えて満腹状態だったのかもしれない。このあたりはなかなか読みきれない部分がある。

大阪湾、とりわけ大阪南港のメバリングはシビアで、5月の連休を過ぎると、私感ではあるがほとんど食ってこなくなる。ということで、釣り切るなら4月にスパートをかけなければいけない。メバリング本格再開に祈りをこめて、この日は1尾で退散した。

<井上海生/TSURINEWSライター>

The post春の陸っぱりライトゲームで20cm級メバルと対面 アジは不発first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事