Yahoo! JAPAN

幽☆遊☆白書キャラクター人気ランキング…浦飯幽助、蔵馬、飛影らランクイン

ランキングー!

幽☆遊☆白書キャラクター人気ランキング

1990年から1994年にわたって「週刊少年ジャンプ」で連載された大人気少年漫画「幽☆遊☆白書(以下:幽遊白書)」!

子どもから大人まで夢中になったバトル漫画としての熱さや、個性たっぷりのキャラクターたち、そして漫画家・冨樫義博さんが描くちょっとダークな世界観……と多角的な魅力があり、少年漫画を語る上で欠かせない名作として知られていますね。1992年からはアニメ化、2019年に舞台化。さらに2021年には「Netflix」で実写シリーズ化が決定するなど、令和の最新コンテンツとしても注目されています!

そこで、今回は「幽遊白書の人気キャラクターランキング」として調査を実施。原作漫画版でも不動の人気だったあのキャラは何位に入ったのか?主人公・幽助は何位?幽白ファン注目のランキング結果です!

1位に輝いたのは…!

※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

【幽☆遊☆白書キャラクター人気ランキング】

第1位 蔵馬/妖狐蔵馬
第2位 浦飯幽助
第3位 飛影

(4位以下は『ランキングー!』サイトに掲載中)

調査方法:株式会社CMサイトがインターネットリサーチした結果を集計。
※有効回答者数:10~40代の男女(性別回答しないを含む)4939名

二面性をもつクールな秀才!1位は蔵馬/妖狐蔵馬!

<投票者のコメント>
「赤髪のジェントル蔵馬と、妖狐蔵馬、どっちも惹かれる!」

「初めて2次元の人でカッコイイと思ったのが蔵馬!」

「イケメンすぎて辛い。声もいい、性格もいい、最高!」

見事1位に輝いたのは人間に転生した妖狐・蔵馬/妖狐蔵馬(くらま/ようこくらま)。元は魔界で暗躍する盗賊・蔵馬でしたが、紆余曲折して人間・南野秀一へ憑依して転生します。物腰穏やかで常に冷静かつ知性的。直情型の幽助をはじめ、短気なメンバーが多い中でブレーキ役として大活躍しました。赤紫のロングヘアー(アニメ版)もまた美しく、ローズウィップを始めとした植物を用いた戦闘も華麗!ただ、バトルではやたら怪我したり血だらけになったり……とボロボロになり、その姿にドキドキしたファンも多いでしょう。物語中盤からは元の姿である妖狐に戻れるようになりますが、純白の美しい御姿、ケモミミ、ほのかなSっ気……と、心くすぐる要素が盛りだくさん!
【アニメ版声優】CV.緒方恵美/中原茂


バチバチに殴り合う喧嘩上等な主人公!2位は浦飯幽助!

<投票者のコメント>
「優しくて根性がある主人公!」

「少年漫画らしい猪突猛進型の性格が潔い」

「最後まで面白かった」

2位は「幽遊白書」の主人公・浦飯幽助(うらめしゆうすけ)。当初はケンカ好きの素行不良な中学生。1話で子供をかばって事故死してしまいますが、霊界から生き返るチャンスをもらい、「霊界探偵」として働くことに。その後、幻海の元で修業を経て霊光波動拳の後継者となり、様々な妖怪たちと激闘を繰り広げる事になります。登場キャラ曰く「バトルマニア」であり、ドツきあうケンカが大好き。暗黒武術会編での120%戸愚呂との決戦、魔界の扉編での魔族への覚醒イベント、そして終盤の螢子へのプロポーズなど、主人公らしい数々のシーンが心に残ります!
【アニメ版声優】CV.佐々木望


ツンデレ気質な言動で女性ファンを虜に!3位は飛影!

<投票者のコメント>
「クールでカッコいい!陰がある感じが好き。王道ツンデレ!」

「『残像だ』は今でもしょっちゅう使ってしまう」

「三白眼で寡黙なキャラクターが好きになったのは飛影がきっかけ」

3位は額に第3の目「邪眼」を宿した妖怪・飛影(ひえい)。登場当初は幽助の敵として立ちはだかり、紆余曲折を経て仲間に。クールな物言い、後天的に獲得した額の邪眼、魔界の炎を操る邪王炎殺拳など、読者の少年心をくすぐるセリフや技名がどれも魅力的!そのルックスもあって主人公・幽助を凌駕する人気っぷりであり、男性・女性ファンを問わず支持された大人気キャラです。「邪眼の力をなめるなよ」や「残像だ」などの名言も当時は流行しましたね!
【アニメ版声優】CV.檜山修之


4位以下は雪菜や、幻海、雷禅などがランクイン!

【関連記事】

おすすめの記事