Yahoo! JAPAN

圧力鍋で時短調理!子どもが喜ぶイワシのトマト煮15分レシピ

たべぷろ

こんにちは。仙台在住の料理家sato aiです。圧力鍋は、いわずとしれた時短調理アイテムですが有効に活用できていますか? 圧力鍋を使いこなせれば、大きめのお魚やお肉もあっという間に時短調理できるので、ぜひ働くママの夜ごはん作りに活用いただきたい調理道具です。今回は15分で完成する、魚臭さを全く感じないイワシのトマト煮のレシピをご紹介します。

イワシのトマト煮

丸ごとの大きめ魚も、圧力鍋を使えば時短で調理することができます。イワシとトマトの組み合わせはごはんとの相性も良いので、夜ごはんにもオススメです。

【材料】(4人分)
真イワシ(頭とお腹を取ったもの) 5匹
生姜 1片
にんにく 1片
キャベツ 1/4個
しめじ 1袋
トマト缶 1缶
塩 少々
醤油 大さじ1/2

【作り方】
1.イワシは半分に切り、お腹の中に内蔵が残っているものはサッと洗い流す。

2.キャベツはザク切り、しめじは石づきを取り除き手でさく。

3.圧力鍋に、薄切りにした生姜と潰したにんにくを入れ、(1)のイワシ・(2)の野菜・トマト缶を入れて蓋をする。
※水は入れずに野菜から出た水分とトマトで煮込みます。

4.蓋をして高圧で10分加圧する。時間が経ったら冷却して、蓋を開け塩・醤油を入れて味を整える。
※汁気が少ない方が良い方は、ここで煮詰めても良いです。

5.器に盛り付け、お好みでバジルを飾って完成。

圧力鍋を急速冷却して時短調理

圧力鍋の冷却方法は大まかに2種類の方法があります。

1つ目は、加圧時間が終わったら加熱を終わらせて、自然に鍋が冷めて圧が下がるのを待つ、自然冷却の方法。

2つ目は、水をかけたり圧力鍋の圧力調整装置を使用して減圧をして行う、急速冷却の方法です。

余熱での加熱が必要ない今回のレシピの場合は、急速冷却の方法をとっています。水を鍋に直接かけたり、濡らしたタオルをかけるなどして冷却できます。

圧力鍋に減圧装置が付いている場合は、そちらを使って冷却することもできます。こちらは圧力鍋によって操作方法が違ってくるので、お手持ちの説明書などをご確認ください。

しっかり操作を覚えると、通常の鍋を使った加熱では3時間ほどかかる工程も、たった10〜15分で終了してしまうので、夜ごはん作りにはオススメのアイテムです。

食べやすいイワシ料理の臭み消し法は?

イワシを甘辛く生姜や醤油で煮て仕上げる和食のイワシ料理も美味しいですが、お子様や青魚の臭みが苦手な方はあまり得意ではないかもしれません。

今回ご紹介したトマト煮は、イワシと相性の良いトマトを使用して洋風にすることで、お子様でも食べやすいお料理に仕上げられますよ。隠し味で醤油を使用しているので、ごはんとの相性も良い味付けです。

青魚の臭みを消すには、生姜とにんにくが効果的です。洋風のお料理を作る際には、スパイスやハーブを使用しても良いです。煮込み料理にするときには是非一緒に使用してみてください。

【関連記事】

おすすめの記事