Yahoo! JAPAN

藤本美貴、道重さゆみ、飯窪春菜らハロプロOG、映画『あの頃。』へのコメント発表!

Pop’n’Roll

©2020『あの頃。』製作委員会

映画『あの頃。』が、2月19日(金)の公開に先駆けて同作を観たハロー!プロジェクトOGたちのコメントを公開した。

今回コメントを寄せたハロー!プロジェクトOGたちは、劇中で仲野太賀演じるコズミンが推している藤本美貴や、山中崇演じるロビが推している石川梨華など。

藤本は、本作を観て当時の気持ちを思い出したと言い、“推し”を通して出会った仲間たちと青春を謳歌する主人公たちの様子に“お互いの好きなことで熱く語り合い、時が経っても変わらぬ友情に胸が打たれました”とコメント。

現在女優としても活躍中の飯窪春菜は、“懐かしさに泣けて親近感に笑って、最後まで温かさに包まれる映画です”と太鼓判を押している。

コメント

藤本美貴:
現役アイドル時代のことでなんだか照れくさいですが、当時の瑞々しい気持ちを思い出しました。

ファンのみなさまが私たち、ハロー!プロジェクトのことをこんなにも深く愛し、応援して支えてくれたことは本当に幸せです。

お互いの好きなことで熱く語り合い、時が経っても変わらぬ友情に胸が打たれました。

飯田圭織:
当時が蘇る素晴らしい再現に感激しました。ハロプロとともに青春を送った方々にもぜひ観ていただきたい作品です。

矢口真里:
ハロプロを通して結ばれた絆が本当に素敵でした。

改めてファンの方の人生の登場人物になれて幸せに思います。

保田圭:
夢中になれるってすばらしい。

ハロプロは、素敵な仲間に支えられてるなぁ。 

「恋ING」聴いたら、また泣いちゃう。

石川梨華:
私の青春の1ページはファンのみなさんとともに作られてきたんだなと改めて思いました!

高橋愛:
ファンの方はこんな話をしていたんだ!と嬉しくなりました。ハロプロをこんなに愛してくれてありがとう!

田中れいな:
大好きなモーニング娘。の一員でいれたことを誇りに思えた映画! ファンの方に会いたくなった。

道重さゆみ:
熱いハロプロ愛をたくさん感じることができ、私もハロプロが大好きだと改めて思いました。

夏焼雅(PINK CRES.):
Berryz工房も登場したり共感ポイントがいっぱいあって、何度も見返したくなる素敵な超青春映画です!

飯窪春菜:
懐かしさに泣けて親近感に笑って、最後まで温かさに包まれる映画です。そして私は「恋ING」に弱い。

©2020『あの頃。』製作委員会

映画『あの頃。』

2021年2月19日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
出演:松坂桃李 仲野太賀
山中崇 若葉竜也 芹澤興人/コカドケンタロウ
大下ヒロト 木口健太 中田青渚 片山友希/ 山﨑夢羽(BEYOOOOONDS)/ 西田尚美
監督:今泉力哉
脚本:冨永昌敬
音楽:長谷川白紙
原作:劔樹人『あの頃。 男子かしまし物語』(イースト・プレス刊)
製作幹事:日活 ファントム・フィルム
配給:ファントム・フィルム
2020年/カラー/ヨーロピアンビスタ/5.1ch/117分 映倫区分:G

【ストーリー】
中学10年生の夏休みのような、そんな毎日が永遠に続くような気がしていた――
大学院受験に失敗し、彼女なし、お金なし、地獄のようなバンド活動もウマくいかず、どん底の生活を送っていた劔(つるぎ)。ある日、松浦亜弥の「♡桃色片想い♡」のMVを観たことをきっかけに、劔は一気にハロー!プロジェクトのアイドルたちにドハマりし、ヲタ活にのめり込んでいく。藤本美貴の魅力を熱く語るケチでプライドが高いコズミンをはじめとした個性的なヲタク仲間と出会い、学園祭でのハロプロの啓蒙活動やトークイベント、また「恋愛研究会。」というバンドを結成しライブ活動を行なうなど、くだらなくも愛おしい青春の日々を謳歌する劔。しかし時は流れ、仲間たちはハロプロのアイドルと同じくらい大切なものを見つけて次第に離れ離れになり……。

©2020『あの頃。』製作委員会

©2020『あの頃。』製作委員会

【関連記事】

おすすめの記事