Yahoo! JAPAN

あなたの家の「シャワーヘッド」もしかしたらカビてるかも……。放置するだけ“簡単シャワーヘッド掃除術”

saita

放置するだけ“簡単シャワーヘッド掃除術”

普段からお風呂のお掃除は定期的にしていると思いますが、以外と見落としがちなのがシャワーヘッド。一見綺麗に見えても、水垢やカビが沢山潜んでいる事があります。今回はお家にある物で簡単!シャワーヘッドをピカピカにする方法のご紹介します。

シャワーヘッドは汚れがビッシリ!

シャワーヘッドが汚れている原因は主に2つです。一つが水垢、もう一つがカビ。

長い間シャワーヘッドをお掃除しないと、この二つの汚れが蓄積された物を使っている状態で不衛生ですね。写真は筆者の自宅のシャワーヘッド。半年以上お掃除していなかったら、汚れやカビでかなり汚くなってしまいました。できれば3か月に一度程度、シャワーヘッドもお掃除してあげると清潔な状態がキープできます。お掃除方法はお家にある物2つと簡単!お酢と重曹だけです。

混ぜてシャワーヘッドをつけるだけ!

お酢は市販のお酢(できれば米酢)で大丈夫です。重曹はスーパーや100円ショップにあります。お掃除に色々使えるので、無い方は一つあると使い勝手が良いのでおススメです。

ボウルや洗面器にお湯500CC入れ、お酢100CCを注ぎます。そこに重曹大さじ2を加え混ぜます。
その液にシャワーヘッドをつけて1時間以上つけ置きして下さい。時間のある方は半日以上つけて置くと、より効果が実感できると思います。

もうひと手間加えるとさらにピカピカに!

つけた後は、スポンジや歯ブラシでゴシゴシこすりましょう。筆者は使っていない子ども用の歯ブラシを使ったら、細かい汚れまで取れて便利でした。これだけでもかなりの汚れが落ちますが、余裕がある方はもうひと手間加えるとさらに綺麗に。

こちらも、100円ショップやスーパーに置いてあるクエン酸。水100CCにクエン酸大さじ1を混ぜて溶かします。ティッシュペーパー2.3枚に染み込ませ、シャワーヘッドをおおいラップでくるみます。このまま1時間以上置いてから、またブラシでこすります。この作業もプラスしたら、シャワーヘッドが新品同様ピカピカになりました。

お風呂にカビを発生させないために!

カビを発生させないためには、定期的なシャワーヘッドのお掃除がポイントに!

3か月に1度程度のつけ置き洗いが効果的。できれば一回1時間以上のつけ置きがおススメです。カビの繁殖を防ぐには、浴室内の汚れを45℃のお湯をかけて落とし、換気して乾燥させておくこと。

室温が高く湿気があると、新たな菌が空気と一緒にきてまた育ってしまいます。しっかり乾燥させるのが重要です!最後にタオルドライするのが一番ですが、手間なので換気扇や浴室乾燥機で乾燥させるのがおススメ。浴室全体のカビ予防にもなります。

道具もシンプルでとても簡単なシャワーヘッドのお掃除。良かったら是非やってみてくださいね。

saita編集部

【関連記事】

おすすめの記事