Yahoo! JAPAN

犬のトイレを置いてはいけないNGな場所4選!思わぬトラブルに発展することも?

わんちゃんホンポ

愛犬のトイレをNGな場所に置かないようにしましょう

犬を室内飼いする場合、家のどこかに犬用のトイレを置かなくてはいけません。そして愛犬のトイレを設置するときは、「ここでいっか」と適当に決めてしまったり、飼い主さんの都合だけで決めてしまったりしがちです。

でも犬のトイレを置く場所は意外と重要で、場所によっては粗相が多くなるといったトラブルにつながることもあります。そういったトラブルを避けるため、NGな場所には愛犬のトイレを置かないようにしたいものです。そこで今回は、犬のトイレを置いてはいけないNGな場所をご紹介したいと思います。

犬のトイレを置いてはいけないNGな場所

①人目につきやすい場所

排泄時は、無防備な姿勢になります。人目につく場所では、安心して用を足すことができないでしょう。また飼い主さんとしても、食事中や来客時に愛犬の排泄シーンや排泄物を目にするのは避けたいはず。愛犬のためにも飼い主さんのためにも、人目のつきやすい場所には愛犬のトイレを置かない方がいいでしょう。

②落ち着かない場所

人の行き来が多かったり、外の物音や気配を感じやすかったりするような落ち着かない場所では、やはり安心して用を足すことができません。ドアのそばや玄関、窓際などは、犬のトイレを置く場所には不向きと言えます。

③寝床に近い場所

犬は寝床が汚れるのを嫌うため、トイレと寝床が近いとストレスを感じたり、トイレ以外の場所で排泄をしたりする原因になります。また、散歩まで排泄を我慢するようになってしまうことも。おしっこを我慢しすぎると、膀胱炎や尿路結石といった泌尿器系の病気につながることがあるので注意が必要です。

ケージやサークルでお留守番させる場合も、大きめのケージやサークルを用意して、トイレと寝床はある程度距離を置いて配置するのが理想です。

④普段過ごす場所から遠い場所

愛犬が普段過ごしている場所から遠い場所にトイレがあると、おしっこやうんちをしたいと思ってトイレに向かっても、間に合わずに途中で粗相をしてしまったり、遠いところまで行くのが億劫で排泄を我慢してしまったりする可能性があります。人も、トイレに行きたくても近くにトイレがないと、ちょっと我慢してしまうことがありますよね。

犬のトイレはどんな場所に置いたらいいの?

これまで犬のトイレを置いてはいけないNGな場所をご紹介してきましたが、逆に犬のトイレはどのような場所に置いたらいいのでしょうか?答えは簡単。NGな場所とは反対の条件の場所に置けばいいのです。つまり、人目につきにくく落ち着ける場所で、普段過ごす場所から近いけれども、寝床からは離れている場所です。

例えば、普段愛犬がリビングで過ごすことが多いのならば、リビングの隅にトイレを置くといいかもしれません。家具などで死角になっているような場所を選んであげてもよさそうです。寝床からは離して配置することも忘れないようにしましょう。

犬のトイレの場所を変えたいときは?

犬のトイレを別の場所に変えたい場合、急に変えると犬が混乱してしまう可能性があります。ですから、少しずつ移動させていきましょう。まず少しだけ位置を移動させて、そこで問題なく排泄できていることを確認したら、また少し移動するということを繰り返していきます。

まとめ

犬のトイレはスペースさえあればどこにでも置けますが、飼い主さんの都合だけではなく、犬の気持ちや習性なども考慮した上で置く場所を決めてあげることが大切です。ご紹介したようなNGな場所に愛犬のトイレを置くと、粗相する原因になったり、愛犬のストレスや病気につながったりと、思わぬトラブルに発展することもあるので注意しましょう。

もし愛犬のトイレの場所を変えたいときは急に変えずに、愛犬の様子を見ながら少しずつトイレの位置を移動していってくださいね。

【関連記事】

おすすめの記事