Yahoo! JAPAN

東京国立近代美術館で「美術館の春まつり」開催中

ソトコトオンライン

東京国立近代美術館で「美術館の春まつり」開催中

皇居や千鳥ヶ淵、北の丸公園といった桜の名所エリアに立地している東京国立近代美術館では、春にちなんだ作品を一室に並べたほか、お花見を楽しめるお休み処もご用意した「美術館の春まつり」を開催中。散策や鑑賞の合間に、桜を眺めながらのひとときを心ゆくまでお楽しみください。

皇居や千鳥ヶ淵、北の丸公園といった桜の名所エリアに立地している東京国立近代美術館では、春にちなんだ作品を一室に並べたほか、お花見を楽しめるお休み処もご用意した「美術館の春まつり」を開催中。散策や鑑賞の合間に、桜を眺めながらのひとときを心ゆくまでお楽しみください。

「美術館の春まつり」 開催概要

期間:3月18日(金)- 4月10日(日)
場所:東京国立近代美術館 (東京・竹橋)
時間:10:00 - 17:00(金曜・土曜は20:00まで)
観覧料:一般 500円、大学生 250円(金曜・土曜の17時以降は一般 300円、大学生 150円)

※高校生以下および18歳未満、65歳以上、障害者手帳をお持ちの方とその付添者は無料
※所蔵作品展入館当日に限り、コレクションによる小企画「新収蔵&特別公開 | ピエール・ボナール《プロヴァンス風景》」もご覧いただけます。

WEBサイト:https://www.momat.go.jp/am/exhibition/springfest2022/

菊池芳文《小雨ふる吉野》1914年

春を感じられる催し

-桜を見ながらひと休み
前庭にはお休み処をご用意します。散策や鑑賞の合間に、桜を眺めながらのひとときをお楽しみください。

-春らしいオリジナルグッズ
ミュージアムショップでは、《桜花図巻》のマスキングテープやチケットファイルなど、春らしいオリジナルグッズを販売します。

同時開催 企画展「没後50年 鏑木清方展」

期間:3月18日(金) - 5月8日(日)
場所:1F 企画展ギャラリー
観覧料:一般 1800円ほか
※「没後50年 鏑木清方展」観覧料で、入館当日に限り、所蔵作品展「MOMATコレクション」、コレクションによる小企画「新収蔵&特別公開 | ピエール・ボナール《プロヴァンス風景》」もご覧いただけます。

-企画展詳細
鏑木清方(1878-1972)の代表作として知られ長きにわたり所在不明だった《築地明石町》(1972年)と、合わせて三部作となる《新富町》《浜町河岸》(どちらも1930年)をはじめとする109件の作品で構成した、大規模な回顧展です。

美術館概要

会場:東京国立近代美術館 東京都千代田区北の丸公園3-1 (東京メトロ東西線「竹橋駅」(1b出口) 徒歩3分)
休館日:月曜日(ただし3月28日は開館)、3月22日(火)
時間:10:00 - 17:00 (金曜・土曜は20:00まで)

※いずれも入館は閉館30分前まで、同時開催の企画展「没後50年 鏑木清方展」は9:30開場

お問い合わせ:050-5541-8600(ハローダイヤル)
https://www.momat.go.jp(美術館ウェブサイト)

【関連記事】

おすすめの記事