Yahoo! JAPAN

【ポケモンGO】【ホウオウ】「サカキ」対策!イベント攻略!GOロケット団ボス

攻略大百科

ポケモンGOのGOロケット団ボス、サカキ(ホウオウ)との戦闘・対策について解説します。

出典: pokemongolive.com

リーダー対策はこちら

【2021年5月~】GOロケット団リーダー・シエラ、アルロ、クリフ対策!おすすめのポケモンまとめ

ホウオウがシャドウポケモンに

【6/17~9/1】シャドウポケモンは「ホウオウ」GOロケット団リーダーサカキ戦のポケモン変更!

GOロケット団ボス「サカキ」対策

サカキと戦うまでの流れ

まずサカキを見つけるためには、スペシャルリサーチ「悪の組織に立ち向かえ8」4/6までをクリアし、「スーパーロケットレーダー」を入手する必要があります。

スペシャルリサーチ全容

「悪の組織に立ち向かえ8」GOロケット団のスペシャルリサーチ解説!

「スーパーロケットレーダー」を起動し、GOロケット団リーダーの時と同様に”R”マークのあるポケストップを訪れましょう。

この時、見た目はサカキでもストップを回してみるとしたっぱ(おとり要員)が出現することが多いです。

下記では、本物のサカキを倒さずにおく利点と欠点を紹介しています。

サカキを倒さずにおく利点・欠点

サカキ温存の利点

おとり要員も「ふしぎなパーツ」を落とし、出すポケモンのレパートリーが少なく対策しやすいので、効率的にGOロケット団リーダーと戦える。

色違いシャドウ、イッシュのいしを入手できるチャンスが高まる。

上記がしやすい要因として、サカキ(本物・おとり)とリーダーの潜むポケストップにはしたっぱが出現しない可能性があることが挙げられます。おとりと戦えることで、一定のGOロケット団戦闘回数も保証され、リトレーン・バトル回数のメダルも達成しやすくなります。

サカキ温存の欠点

サカキ勝利でゲットできる伝説シャドウポケモンは毎月変わるので、ギリギリまで温存し達成できなかった場合、その月の伝説シャドウポケモンを逃す可能性がある。

本物のサカキの出現率はそこまで高くないようなので、毎月配布のスペシャルリサーチのスタートの出遅れにもつながりかねません。

伝説シャドウポケモン

2019年11月

フリーザー


2019年12月

サンダー


2020年1月

ファイヤー


2020年2月

ライコウ


2020年3月~6月

エンテイ


2020年7月

スイクン


2020年10月

ミュウツー


2021年2月~3月

フリーザー


2021年4月

サンダー


2021年5月~6月

ファイヤー


2021年6月~8月

ホウオウ


【ホウオウ】サカキ対策

相手使用ポケモン

初手

ペルシアン

2番手(いずれか1匹)

カイリキーパルシェンゴローニャ

3番手

ホウオウ

サカキ対策パーティ

1番目「ペルシアン」

ギラティナ(アナザーフォルム)(りゅうのいぶき×ドラゴンクロー×かげうち)

代用:

ルカリオ(カウンターxグロウパンチxはどうだん)

ローブシン(カウンターxばくれつパンチxきあいだま)

カイリキー(カウンターxクロスチョップxばくれつパンチ)

2番目「カイリキー」だった場合…

トゲキッス(あまえるxつばめがえしxマジカルシャイン)

代用:

ミュウツー(サイコカッター×サイコブレイク×サイコキネシス)

サーナイト(あまえるxサイコキネシスxマジカルシャイン)

エーフィ(ねんりきxサイコキネシスxみらいよち)

2番目「パルシェン」だった場合…

カイリキー(カウンターxばくれつパンチxクロスチョップ)

代用:

ローブシン(カウンターxばくれつパンチxきあいだま)

ルカリオ(カウンターxグロウパンチxはどうだん)

ジバコイル(スパーク×ワイルドボルト×でんじほう)

2番目「ゴローニャ」だった場合…

カイリキー(カウンターxばくれつパンチxクロスチョップ)

代用:

ローブシン(カウンターxばくれつパンチxきあいだま)

ルカリオ(カウンターxグロウパンチxはどうだん)

メタグロス(バレットパンチxコメットパンチxラスターカノン)

3番目「ホウオウ」

ラムパルド(うちおとすxいわなだれxげきりん)

代用:

バンギラス(うちおとすxストーンエッジxかみくだく)

テラキオン(うちおとす×いわなだれ×じしん)

ドサイドン(うちおとすxがんせきほうxストーンエッジ)

サカキの1番手はペルシアン で固定されています。

弱点はかくとうタイプのみですので、かくとうタイプのポケモンで攻めるのが良いですが、ペルシアンの通常技・ひっかく がタイプ一致な上にシャドウポケモンということで攻撃力も高く非常に厄介。

弱点をつけるからといってかくとうタイプのポケモンを選出しても、あっという間にやられてしまう可能性があります。

そんなときはギラティナ を選出するのをおすすめします。

ゴースト/ドラゴンタイプということで、ひっかく をほぼ無効化することができます。

またゲージ技・ドラゴンクロー は素早くゲージを溜められるので、ダメージを与えるだけでなくシールドの消費にも向いています。

通常技がだましうち の場合は、ダメージを半減できるカイリキー やルカリオ を選出すると良いでしょう。

ゲージ技はすばやくゲージを溜められるクロスチョップ やグロウパンチ を選択するのがおすすめ。

いずれにせよ、相手はこちらがゲージ技を使用すると最初の2回に必ずシールドを使用してきますので、ペルシアンとの対面で2回のシールドを消費させておくのをおすすめします。

サカキの2番手はカイリキー 、パルシェン 、ゴローニャ のいずれかになります。

相手がパルシェン、ゴローニャであった場合は、1番手・ペルシアンのおすすめポケモンであげたカイリキー やルカリオ 等かくとうタイプのポケモンをそのまま続投させても効果抜群をとることができます。

カイリキーの場合はエスパー、フェアリータイプのポケモンを選出するのがおすすめ。

特にトゲキッス やサーナイト は高威力の通常技・あまえる を覚えるので、カイリキーの体力をどんどん削っていくことができます。

ただし、カイリキーの通常技がバレットパンチ だった場合、こちらも弱点を突かれることになりますので注意しましょう。

サカキの3番手はホウオウ で固定されています。

ほのお/ひこうタイプのポケモンということで、いわタイプの技が二重弱点になりますので、ラムパルド 、バンギラス 等を選出すると良いでしょう。

通常技でもホウオウの体力をどんどん削っていくことができます。

ロケット団まとめ

GOロケット団対策まとめ!したっぱ・リーダー・ボス全攻略!

本記事の内容は攻略大百科編集部が独自に調査し作成したものです。
記事内で引用しているゲームの名称、画像、文章の著作権や商標その他の知的財産権は、各ゲームの提供元企業に帰属します。

©2020 Niantic Inc. ©2020 Pokémon. ©1995-2020 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc. 
ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。

【関連記事】

おすすめの記事