ももクロ&エビ中ら出演、スタプラフェス開催。来場者投票によるシンデレラはCROWN POPの三田美吹に! - Yahoo! JAPAN

Yahoo! JAPAN

ももクロ&エビ中ら出演、スタプラフェス開催。来場者投票によるシンデレラはCROWN POPの三田美吹に!

Pop’n’Roll

ももクロ&エビ中ら出演、スタプラフェス開催。来場者投票によるシンデレラはCROWN POPの三田美吹に!

ニッポン放送『ミューコミプラス』とスターダストプロモーションのアイドルセクション『スターダストプラネット』が完全コラボレーションしたイベント<「ミューコミプラス」presents スタプラアイドルフェスティバル〜今宵、シンデレラが決まる〜>が、2020年1月19日(日)に横浜アリーナにて開催された。

同イベントは、『ミューコミプラス』パーソナリティ・吉田尚記が司会を務め、スターダストプラネット所属アイドル12グループが集結するイベント。2014年以降結成の若手8グループ(ばってん少女隊、ときめき♡宣伝部、はちみつロケット、アメフラっシ、いぎなり東北産、ukka、CROWN POP、B.O.L.T)の中から、“アイドルとしてずば抜けた存在感のある”たった1人が、来場者の直接投票によって決まる<シンデレラ決定戦>と先輩4グループ(ももいろクローバーZ、私立恵比寿中学、TEAM SHACHI、たこやきレインボー)による『ミューコミプラス』で事前募集した“夢のセットリスト”によるライブパフォーマンスが大きな見どころとなった。

イベントには全国各地から熱心なファン、リスナー、あわせて1万人が集結。15時のイベント開始時間と同時に会場の照明が落とされ、アイドル12組総勢64名によるメドレーリレーからイベントはスタート。

「笑一笑 〜シャオイーシャオ!」(ももいろクローバーZ)、「どしゃぶりリグレット」(私立恵比寿中学)ら計13曲を披露。最後は全員で「COLOR feat.ももいろクローバーZ」を熱唱し、圧巻のステージで観客を魅了した。

<「ミューコミプラス」presents スタプラアイドルフェスティバル〜今宵、シンデレラが決まる〜>横浜アリーナ(2020年1月19日)

このイベントでしか観ることのできない豪華なステージに観客も大興奮。百田の“みなさん盛り上がってますか?”との問いかけに大きな歓声が上がり、会場の熱が冷めやらぬ中、“ゴボウ〜!”の呼びかけで『ミューコミプラス』のパーソナリティでニッポン放送アナウンサーの吉田尚記が登場。“いっかいのオタクをこんなところに呼んじゃダメだよ”とこぼしつつ、イベントのルールを紹介。今回のイベントでは会場に集まったリスナー1万人による投票で“シンデレラ”が決定することを告知した。

続けてお姉さんグループのステージがスタート。今回は『ミューコミプラス』で事前に募集した“夢のセットリスト”を披露するということで、観客も大盛り上がり。

トップバッターを飾るのは、たこやきレインボー。大阪の定番挨拶を披露して会場を沸かせつつ、「絶唱!なにわで生まれた少女たち」や「ナンバサンバイジャー」など計8曲を披露した。吉田アナウンサーとのトークでは、“番組に呼んでください!”とアピールして退場した。

<「ミューコミプラス」presents スタプラアイドルフェスティバル〜今宵、シンデレラが決まる〜>横浜アリーナ(2020年1月19日)

2番バッターには、改名後初のスターダストプロモーションのイベント参加となるTEAM SHACHIが登場。「THIS IS TEAM SHACHI」をテーマに6曲を披露。途中から、ばってん少女隊といぎなり東北産も加わり、“地方組”の団結力を見せつけた。

<「ミューコミプラス」presents スタプラアイドルフェスティバル〜今宵、シンデレラが決まる〜>横浜アリーナ(2020年1月19日)

イベントも後半に差し掛かり、今回のメインイベントである<シンデレラ決定戦>がスタート。先輩グループの楽曲4曲を46人のメンバーがリレー形式で1人ずつソロ歌唱をし、1万人の観客が見守った。メインで歌う部分はもちろん、それ以外の時間でも会場全体を動きながらのパフォーマンスで、観客にアピールをした。

<「ミューコミプラス」presents スタプラアイドルフェスティバル〜今宵、シンデレラが決まる〜>横浜アリーナ(2020年1月19日)

<シンデレラ決定戦>の投票の間は、吉田アナウンサーとサブMCのももいろクローバーZがメインステージに登場。百田は“お客さんが楽しんでいる姿を見て嬉しかった”と笑顔で語りつつ、“モノノフ(ももいろクローバーZファンの総称)がニヤニヤしていた”と一言。

中継レポーターを担当したたこやきレインボー、TEAM SHACHIが会場の観客にインタビューする場面では、“推しがいたけど、頑張っている子がいて、その子に投票しました”と話すリスナーも見られた。

会場内に開票センターが設営され、50人を超えるスタッフによる開票作業が行われ、ガチンコでの結果を待つこととなった。

シンデレラに輝くのは誰なのか、期待と緊張が入り混じった独特の空気に包まれる中、私立恵比寿中学のライブがスタート。“スタダDD 超大変!元気いっぱい!エビマラソン 4.2m!!(休憩所あり)”をテーマに全9曲を歌い上げた。

“休憩所”ではスタッフによる開票中の様子を公開し、会場から笑いが起こる場面も。会場を全力疾走するなど、ファンサービスもたっぷり交えつつ、エビ中らしいパワフルなパフォーマンスで実力を見せつけた。

<「ミューコミプラス」presents スタプラアイドルフェスティバル〜今宵、シンデレラが決まる〜>横浜アリーナ(2020年1月19日)

トリを飾ったのは、ももいろクローバーZ。衣装替えしたメンバーがステージに登場し、「-あの空 inst-」「灰とダイヤモンド」を2曲続けて歌い上げた。定番曲として愛されている「走れ!」、アグレッシブなダンスが見どころの「stay gold」を披露。

MCでは吉田アナウンサーとステージ裏と生中継をつなぎ、“シンデレラが決まった”と発表。会場が緊張感に包まれる中“シンデレラに選ばれたのは……”というところで中継が切れ、メンバーは“早くしろよ!って言われるところだよ”と文句を口にしながら、ライブを続行することに。「あんた飛ばしすぎ‼︎」「Z伝説 〜ファンファーレは止まらない〜」「ロードショー」を立て続けにパフォーマンスした。

<「ミューコミプラス」presents スタプラアイドルフェスティバル〜今宵、シンデレラが決まる〜>横浜アリーナ(2020年1月19日)
<「ミューコミプラス」presents スタプラアイドルフェスティバル〜今宵、シンデレラが決まる〜>横浜アリーナ(2020年1月19日)

今回、リスナーと考えたももクロのセトリのテーマが、“いつもはライブ冒頭で始まるOVERTUREをライブの最後に流します”というものだったため、ももクロのOVERTUREの直後に、シンデレラが登場する演出となった。

発表に向けてOVERTUREによって会場の熱が最高潮に達したところで、シンデレラがステージに登場!

シンデレラに輝いたのは、CROWN POP・三田美吹。三田自身が1番好きな曲で、自ら選んだという「手のひらに青空」をソロで熱唱した。

大きな歓声に包まれながら、高城よりタスキ、百田よりティアラを授与された三田は“本当に呼ばれた時はびっくりした。リハの時からみんな頑張っていたので、申し訳ない気持ちもあるが、これからも頑張っていけたらなと思います”と涙を流しながら挨拶した。

<「ミューコミプラス」presents スタプラアイドルフェスティバル〜今宵、シンデレラが決まる〜>横浜アリーナ(2020年1月19日)

百田から“憧れの先輩は?”と聞かれると、“エビ中の柏木ひなた”と答え、会場を沸かせる場面も。最後は出演者全員がステージに登場し、三田をセンターに 「We Are "STAR"」を全員で熱唱。

最後に、イベント翌日の1月20日(月)放送『ミューコミプラス 』では、シンデレラに輝いた三田が出演することが決定し、吉田アナウンサーが“誰に投票したのか”についても放送で明らかにすると発表。

興奮冷めやらぬ客席から大きな拍手と歓声がわき起こる中、イベントは幕を閉じた。

<「ミューコミプラス」presents スタプラアイドルフェスティバル〜今宵、シンデレラが決まる〜>横浜アリーナ(2020年1月19日)

【関連記事】

おすすめの記事