Yahoo! JAPAN

ついてる味噌は落とす?そのまま?『菊芋の味噌漬け』の美味しい食べ方をチェック!

オリーブオイルをひとまわし

ついてる味噌は落とす?そのまま?『菊芋の味噌漬け』の美味しい食べ方をチェック!

菊芋を使った基本的な菊芋の味噌漬けの作り方からアレンジメニューを紹介する。さらに菊芋の味噌漬けの保存方法や通販で人気がある商品にまで触れていく。これを機に菊芋の味噌漬けについて知ってもらい、家庭での副菜の一品に役立ててもらいたい。

1.菊芋の味噌漬けの作り方やアレンジ

まずは、菊芋の味噌漬けの基本となる作り方について紹介していく。そのあとで、味付けのアレンジなどにも触れていく。

基本的な菊芋の味噌漬けの作り方

材料は菊芋、味噌、みりんのみ。菊芋は水で洗い泥をしっかりと落としてから、芽が出てきている部分や変色している部分を、包丁などを使い取り除く。そして、菊芋を薄切りにして水にさらしてアク抜きをしておく。味噌とみりんを合わせたものに、ペーパータオルなどで水分を拭き取った菊芋を漬け込み、保存容器などに入れて冷蔵庫で保存する。

菊芋の味噌漬けを美味しく作るコツ

菊芋の味噌漬けは、翌日には食べることができるけれど、少し我慢して数日間漬けてからのほうが美味しく食べられる。菊芋の味噌漬けを食べる日が決まっていたら、日にちに余裕をもって作ることをおすすめしたい。

菊芋の味噌漬けのアレンジ

調味料を変えたりプラスしたりすることで、菊芋の味噌漬けの味わいが変わってくる。たとえばみりんをはちみつに変更することで子どもにとって食べやすい一品になる。マヨネーズをプラスするとマイルドな仕上がりに、七味唐辛子をプラスするとピリ辛の菊芋の味噌漬けが完成する。

2.菊芋の味噌漬けの味噌は洗う?そのまま食べる?

菊芋の味噌漬けを食べる際に、菊芋のまわりについている味噌はどうするのがよいだろうか?それについて、以下に説明していく。

まわりについている味噌はどうする?

菊芋の味噌漬けを食べる際には、漬け込む時にまわりについた味噌は洗ってから食べるのが一般的なようである。しっかりと時間をかけて漬け込んでいるので、味噌を洗い流しても菊芋に美味しさはそのまま残っている。もちろん、どうしても味噌を洗い流さないといけないというわけではないので、漬けたままの状態で食べたいという場合には、そのまま食べても問題はないだろう。

味噌の再利用について

菊芋のまわりについた味噌を取り除いた場合、その味噌はどうすればよいか。とても美味しく仕上がっている味噌なので、そのまま捨てたりせずに再利用するとよいだろう。肉、魚、野菜などに利用して、美味しい味噌漬けを作ってもらいたい。まさに一石二鳥である。

3.菊芋の味噌漬けの日持ちや保存方法

手作りの菊芋の味噌漬けの、保存方法について紹介していく。

菊芋の味噌漬けの保存方法と日持ち期間について

菊芋の味噌漬けは、フリーザーバッグや保存容器などに入れて空気との接触を極力避けるようにして、冷蔵庫で保存するようにする。さらに、時間がたち菊芋から水分が出てきたら、こまめに拭き取るようにするとよいだろう。菊芋の味噌漬けの日持ち期間は最大でも1週間程度であり、できれば3日程度で食べ切るとよいだろう。

菊芋の味噌漬けを長期保存するための作り方とは?

菊芋をカットしてから味噌漬けにするよりも、丸のままの状態で漬けたほうが長期保存に繋がるだろう。

4.通販で人気の菊芋の味噌漬け

ここでは、通販で購入することができる、菊芋の味噌漬けを紹介していく。近年ではスマートフォンが1台あれば簡単に注文することができるので、ハードルを下げて気軽に試してみてもらいたい。

マルコ醸造ネット店「菊芋田舎味噌漬」

マルコ特製の田舎みそに漬けて作られた、菊芋の味噌漬けになる。菊芋が吟醸酒粕に漬けられている。サクサクの食感がとても美味しい。そのままでも美味しいが、輪切りにカットして天ぷらにするのも斬新でよいだろう。菊芋がまるごと入っていて、満足すること間違いなしである。

㈲小澤商店「菊芋 味噌漬け(赤味噌)」

豊田産の菊芋を自慢の赤みそで漬け込んだ、シャキシャキとした食感が美味しい商品である。菊芋を洗い味噌を流してから、薄くスライスするのがおすすめである。また、刻んでお茶漬けに入れたり、おにぎりの具にするのも美味しいので試してみてもらいたい。

一般財団法人小千谷市産業開発センターこだわり食品本舗「菊芋みそ漬」

れんこんに似たシャキシャキとした食感と、ゴボウに似た香りをもっている菊芋を、厚めにスライスして味噌漬けにした商品である。菊芋本来の食感を残すために、味噌の漬け替えをしながらゆっくりと味をしみ込ませている。また、通常の味噌漬けと比較すると、塩分控えめに作られている。

結論

本記事では、菊芋の味噌漬けについて紹介してきた。基本的な作り方からアレンジ方法、そして保存方法まで解説しているので、ぜひ参考にしてもらいたい。少しでも菊芋の味噌漬け作りに挑戦してみようと思ってもらえたら幸いである。市販品も紹介しているので、注目してもらいたい。まずは市販品から試してみてもらうのも、美味しさを知るためにはよいかもしれない。

投稿者:管理栄養士 戸田綾子
監修者:管理栄養士 藤江美輪子

【関連記事】

おすすめの記事