Yahoo! JAPAN

買い出しは15分で終わる!「食費が少ない人」が“スーパーに長居しない”買い方のコツ

saita

買い出しは15分で終わる!「食費が少ない人」が“スーパーに長居しない”買い方のコツ

節約生活スペシャリストの三木ちなです。スーパーでどう買い物をするかで、食費は大きく変わります。大切なのは、滞在時間を短くすることがポイントです。ここでは、5人家族・月の食費2万円台でやりくりするわたしが、「スーパーに長居しない」買い方のコツをご紹介します。

スーパーの長居は高リスク!

食材の買い出しにどれくらい時間をかけていますか? スーパーを走り回る必要はありませんが、節約するのなら長居は禁物です。
スーパーには新作のお菓子やスイーツ、お惣菜など誘惑がたくさん潜んでいます。どれも食費がかさむ原因になりやすいので、できるだけ“見ない”が一番の対策!
誘惑にのらないためにも、スーパーの買い出しは短時間でサクっと終わらせるのが鉄則です。

スーパーに長居しない買い方のコツ

時間をはかる

stock.adobe.com

わたしが買い物をするときは、必ず時間をはかります。滞在時間は、レジに並ぶまでに15分。売り場を時間内でまわりきって、必要なものをすべてカゴへ入れます。
スマホのタイマーを使うもよし、時間を見て「○分までに終わらせよう」と覚えておくでもOKです。
大切なのは、時間を意識すること。時間に縛りをつくると、自然と用事のある売り場しか立ち寄らなくなります。

買うものを決める

stock.adobe.com

自分で決めた制限時間を守るには、あらかじめ買うものを決めておく必要があります。無計画でスーパーへ行くと探すのに時間がかかりますし、余計なものをカゴに入れるリスクが高まります。
「買うものリスト」はスマホでも、紙に書いてもOK! 自分がやりやすい方法で、必要な食材をまとめておきましょう。

細道に入らない

stock.adobe.com

商品を見るとき、すべての売り場へ入る必要はありません。細道に入ると、ずらりと並んだ商品に気を取られて余計なものまで買いがちです。
そのためわたしは、売り場の入り口や脇にカートを置いて、一瞬だけ細道にGO! 必要なものだけ手に取り、すぐにカートへ戻ります。
このやり方だと、ムダなものを買わずに済みます。細道にカートで侵入すると、混雑してなかなか戻れなくなることも多いので、身ひとつで入ってさっと入るとスーパーの長居も防げます。

買い出しは時短で節約

誘惑が多いスーパーには、できることなら寄りたくないのが本音。ですが、行かないわけにはいきません。
タイマーを使う、細道に入らない、リストをつくる。この3つを試すだけでも、余計な買い物は減るはずです。
時短できれば家事の負担が減って一石二鳥ですので、ぜひ実践してみてください。

三木ちな/お掃除クリンネスト1級、節約生活スペシャリスト、歴20年業スーマニアの節約ママライター

【関連記事】

おすすめの記事