Yahoo! JAPAN

中小40万円、個人20万円 苦境の事業者へ独自支援 〈藤沢市〉

タウンニュース

新型コロナウイルスに伴う経済対策を巡り、藤沢市は国の一時支援金や県協力金の支給対象の基準に満たない中小企業と個人事業主に対し、独自の「事業継続支援金」を支給する。申請期間は11月1日から来年1月14日まで。

交付額は中小企業が40万円以内、個人事業主が20万円以内。緊急事態宣言の発令などで特に影響が大きかった飲食・観光・交通事業者については一律20万円を加算する。

市内に事業所を有し、今年4〜9月まで6カ月間の売上高合計が前年または前々年の同時期と比べて6万円以上かつ20%以上減少していることなどが条件。

同事業は今年1〜3月に収入が減少した事業者に給付した独自支援金の第2弾。今回は中小企業と個人事業主合わせて700件程度の給付を見込んでおり、市は市議会9月定例会の補正予算で関連事業費約2億3200万円を計上した。

所定の提出書類を用意し、期間内に藤沢商工会議所内の市支援金受付係まで郵送する。交付申請書など様式は市や市商議所ホームページからダウンロードできる。問い合わせは専用ダイヤル【フリーダイヤル】0120・64・1700へ。

【関連記事】

おすすめの記事