Yahoo! JAPAN

TOHOアニメーション×神戸市垂水区・五色塚古墳 3月公開 五色塚古墳を題材にしたアニメMV企画が始動!楽曲担当はHOWL BE QUIET

Kiss

『呪術廻戦』『僕のヒーローアカデミア』など、数々の話題作を生みだしている東宝株式会社の自社アニメレーベル「TOHO animation」が、設立10周年を記念してアニメミュージックビデオプロジェクトを始動。新進気鋭のアーティストたちによる、アニメーションと楽曲を掛け合わせたミュージックビデオという形で発信されます。

劇中の五色塚古墳のカット ©Kobe City


そんなTOHO animationが挑む新たなアニメプロジェクトは、”地方から生まれる物語”。今回の舞台に選ばれたのは、関西を代表する港町である神戸。

日本映画発祥の地の1つとされ、AFCI(国際フィルムコミッショナーズ協会)の日本における正式会員第1号である神戸フィルムオフィスが存在し、これまで、そして現在も東宝作品を始めとした数多くのドラマ・映画のロケ撮影が行われている“常に新しい物語が生まれ続ける街”の1つです。

五色塚古墳


神戸といえば、港町・異人館・ファッションなど、お洒落で異国情緒溢れるイメージがありますが、今回の物語で描かれる場所として選ばれたのが神戸市垂水区にある『五色塚古墳』。

全長194mにもおよぶ巨大な前方後円墳で、成り立ちに数多くの謎が残り、全国でも珍しい海に面した立地、周囲が住宅に囲まれ、例えるなら“時空の歪みから突如現れた”ような異様な佇まいが特徴の“ミステリアス過ぎる巨大古墳”です。

キャラ設定画 ⒸKobe City


作品『ワンダリズム きみを呼ぶ声』は、2022年3月にウェブ上での公開を予定。武井氏は公式サイトのコメントで「古墳をモチーフにアニメを製作する。こんなにチャレンジングな企画もなかなかありません」と、“ミステリアス過ぎる巨大遺跡”を題材にしたアニメ制作に意気込みが語られています。

プロデューサー・武井克弘が企画プロデュースを務め、タイトルは『ワンダリズム きみを呼ぶ声』。4人組のピアノ・ロック・バンド「HOWL BE QUIET」が楽曲を担当し、新曲「Wonderism」を書き下ろしました。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 2022年4月21日オープン スープカレーとカフェの店 Eigo

    京都速報
  2. NMB48 渋谷凪咲、『DELL XPS 未来ラボ』新CM放送開始! ビートボクサ―SHOW-GOとの対談「エピソード3」公開予定

    Pop’n’Roll
  3. 中島健人 本命女性にはノーセクシー「本当の僕は人間臭いし、感情にあふれてる」

    フジテレビュー!!
  4. <旦那の隠し子は30歳!?>不信感は拭いきれないけど。私が決めた道「ありがとう」【まんが】

    ママスタセレクト
  5. がんで3本脚になった犬、川に飛び込みカワウソの赤ちゃんを救う(米)

    Techinsight
  6. <男性が運転係の場合>長距離を運転する旦那さんに、どんな気遣いをする?逆に寝てろと言われる?

    ママスタセレクト
  7. めるる、買ったばかりの傘捨ててしまう「切なすぎる」

    ナリナリドットコム
  8. 有沙(馬場ふみか)の望まぬお見合いをめぐる波乱の展開!<『やんごとなき一族』第5話完全版>

    フジテレビュー!!
  9. 韓国アイドル界で注目の「日本人メンバー」TOP10

    ランキングー!
  10. 森川智之はノーミス、宮野真守は腕立てでパンプアップも 『トップガン マーヴェリック』“胸熱”吹替声優イベントで収録秘話が明らかに

    SPICE