Yahoo! JAPAN

<モラハラ旦那>【前編】「私は旦那のサンドバッグ」暴言を吐かれる原因を作ったほうが悪いから……

ママスタセレクト

旦那さんからの言葉にイライラしてしまったり、落ち込んでしまった経験がある方はきっと多いことでしょう。たとえどんなに正しいことだとしても、言い方がキツいと「どうしてそんなことを言われないといけないの?」と頭にくることもあるかもしれません。そして時には、思い切り傷ついてしまうこともあり得ます。

『不備ばかりな仕事相手、非常識な義家族、前科持ちの友人が周りにいる旦那。私にはとにかく厳しく「挨拶の声が小さい」「もう少しまともにできないのか?」「そんなおかしいやり方はない」「雑」「頭がおかしい」「頭が腐ってる」……とにかくダメ出しばかりです。「なぜそんなに言われないといけないの? 私以外にもおかしい人はいるのに、そういう人たちにはなぜ言わないの?」と聞いても、「夫婦だから言える。お前のおかしいところは、俺以外の誰が言える? 言ってもらえるだけありがたいんだ。そういう関係じゃない夫婦は不倫している。俺は不倫もしていないし、よかっただろう」と言われます。
もう私は生きてる価値がない気がして疲れました。たしかにできた人間ではないけれど、妻って夫からそんなに否定されて当たり前ですか?』


開いた口がふさがらなくなりそうなほどの暴言の数々を、旦那さんから浴びせられているようですね。「自分は生きている価値がないのではないか」とこぼすまでに追い詰められている様子の投稿者さんに、「旦那さんはひどい」との怒りの声が集まりました。

ひどすぎる!旦那さんはどういうつもり?

旦那さんの心ない発言に、ママスタコミュニティのママたちは怒り心頭の様子です。

『妻に優しくない旦那はダメ。旦那は勘違いしているね』


『投稿者さんより旦那のほうが頭がおかしいよ……。自分を守って、正しいほうへ行ってね』


『旦那に否定されるのが当たり前なわけない。鬱になりそう、耐えられない。同じ空間にいたくない』


『「夫婦だから言える」って、甘えですよね。妻は所有物だとか、日頃のストレスのはけ口だとでも思っているのかな。図々しい考えだと思います。思いやれないなんて、人間としてどうかと思う。いちばんの理解者であるはずの旦那が否定的なことを言う人だなんて苦痛ですよね』


ママたちから飛び出したのは、「一緒にいるなんて耐えられない」「旦那さんは人間としてどうかと思う」など辛辣な非難の嵐。また「頭がおかしいのは、旦那さんのほうでは?」となかなか攻撃的な声も聞こえてきました。部外者であるはずのママたちが思わずそう言ってしまうくらい、旦那さんの言葉は驚くほどの暴言ということなのでしょう。
ママたちからの怒りの声を受けて、投稿者さんはそっと呟きます。

『旦那は仕事関係の人のミスは指摘せず、「お金も絡むから」と見過ごすのに、私に対しては「お金も発生しないし、俺が言わなきゃお前は一生困る」といろいろ言われます。私って旦那のサンドバッグ状態ですよね』


自らを「旦那のサンドバッグ」と揶揄する投稿者さん。この短いひと言からは悲哀すら感じられます……。お互いに永遠の愛を誓い合ったはずの旦那さんから「サンドバッグ」と感じるほどの扱いを受けるなんて、苦痛以外の何物でもないでしょう。

旦那さんの言動は、もはやモラハラにしか見えない

旦那さんの暴言を聞いて、ママたちの頭にはひとつの単語が浮かんだようです。

『完全にモラハラです。優しくて浮気していない旦那さんはごまんといる。騙されないで!』


『完全なモラハラだね。それが普通じゃないとちゃんと気づかないと。夫婦だから言えることもあるけれど、そんなダメ出しばかりは思いやりが感じられない。そんな旦那は不要』


『浮気する人って、優しすぎるか冷たいかどっちかのような気がするけれどね。投稿者さんの旦那はしていないだろうけれど、それがモラハラをしていい理由にはならないし、否定ばかりだと投稿者さんの精神が壊れるよね』


ママたちがそろって口にしたのは、モラルハラスメント。厚生労働省によって開設されている、働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト「こころの耳」によるとモラルハラスメントとは、

『言葉や態度、身振りや文書などによって、働く人間の人格や尊厳を傷つけたり、肉体的、精神的に傷を負わせて、その人間が職場を辞めざるを得ない状況に追い込んだり、職場の雰囲気を悪くさせること』


と定義されています。精神的なダメージを感じている投稿者さんは、まさにモラハラを受けているのかもしれません。投稿者さんも、実際に旦那さんに対して「それはモラハラだ」と言ったことがあるようです。しかし……

『モラハラだと言い返したとき、「そう言われる原因を自分で作ったんだ」と言われました。旦那はいじめも浮気も不倫も、やられる側にも原因があると言い張るタイプです。私は原因があるからといって悪いことを正当化しているようにしか思えませんが、旦那からは頭がおかしい呼ばわりです』


なんと「暴言を吐かれる原因を作ったほうが悪い」と言い放つ旦那さん! どうやら自分の言葉が攻撃的であることはしっかりと理解しており、しかもそれを投稿者さんのせいだと主張しているようですね。投稿者さんの告白を受けて、ママたちから声が聞こえてきました。

後編へ続く。
引用:厚生労働省働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト「こころの耳」モラルハラスメント
文・motte 編集・荻野実紀子

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 独断ご容赦!ハヤブサ営業マンおすすめ アフターフィッシング「激旨ラーメン」編 営業部・齋藤智さんの場合 | 沖縄・兵庫

    WEBマガジン HEAT
  2. 【京都】シェフがこっそり教える「一度は食べておくべきテイクアウトグルメ」3選

    anna(アンナ)
  3. 【読めそうで読めない】「鮃」の正しい読み方は?「たい」は間違い?

    LAURIER PRESS
  4. 2021年5月2日オープン Pizzeria La Balena(ピッツェリア ラ バレーナ)

    京都速報
  5. 本当に当たった!ママたちが当選したことがある、すごい懸賞品とは?

    ママスタセレクト
  6. <父娘の里帰り出産>母を亡くしたばかりの実家。孫を心待ちにする父……私は帰るべき?【後編】まんが

    ママスタセレクト
  7. 東京五輪女子バスケで日本が劇的勝利!メダルかけて準決勝フランス戦へ

    SPAIA
  8. <本当はアレルギー>おやつ禁止の理由を「お金を払っていないから」と言う学童の先生に【前編】まんが

    ママスタセレクト
  9. <残酷な孫差別>【後編】実母の孫差別が許せない!非常識な毒親と今後も関わらないといけない?

    ママスタセレクト
  10. 【読めたらスゴイ漢字】「玉蜀黍」なんてよむ?“夏に美味しい黄色い食べ物”です。

    saita