Yahoo! JAPAN

波止アジングで本命10尾 冬の好敵手メバルも登場【福岡・志賀島】

TSURINEWS

波止アジングの釣果(提供:週刊つりニュース西部版APC・鈴木泰也)

私の毎週のルーティンとなっている、福岡市志賀島・弘漁港のライトゲーム。アジングが主だが、12月に入ると水温が低下し、セイゴ、メバル、ムツといったターゲットが幅広く狙える。

志賀島・弘漁港でアジング

12月5日、午前4時すぎに起床し、5時に弘漁港に着くと、先行者は少ない。11月はサゴシ狙いのアングラーであふれていたが、今はアジ狙いの人しかいない。

弘漁港広域略図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

テトラを伝いで歩いて先端に着くと、サビキで釣ったアジをエサに泳がせのタックルを準備している年配の人がいたので隣で私はライトゲーム。

ワームで22cmメバル

この日は風波が強めで、アジングには少しやりづらい状況。干潮だが、ジグヘッドは1.5~1.8gを使用し、風を考慮。イトフケが出すぎるとアジングはアタリが取れなくなるため、キャストの方向に注意する。

ワームは海毛虫Jrをセットし、キャストすると、すぐにブルブルとアタリ。構わずリトリーブすると、グンとティップが入り、正体はメバル。小気味よいアタリと引きを見せる、冬場の好ターゲットである。

20cm以下はリリースしながら狙うと、ググーと力強い引きを見せたのは22cm。20cmを超えるメバルは意外に力強く、ライトロッドを曲げてくれる。

ようやく本命25cmアジ

しばらくメバルを狙っていると、時刻は6時を回る。「そろそろかな?」とアジの時合いを待つ。前週はアタリが少なく、時合いは15分足らず。「今回はどうだろう?」と探りを入れると、メバルとは違う引きを見せる。ようやく25cmサイズのアジ。

数は出なかったが25cm前後と遊べた(提供:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

ラインブレイクの原因はムツ

しかし連発とはいかず、しばらく間があり、今度はラインブレイク。引きはアジと変わらないぐらいなので、正体は分かった。次を狙い、アタリがあると大きくアワセ!ドラグを鳴らす相手は、ムツである。

鋭い歯にリーダーはスパッと切られてしまう。アワセを入れて硬いアゴに突き刺す必要がある。

アジの釣果は10尾

そうこうしていると6時30分を回り、ようやくばたばたと良型のアジがヒット。アベレージサイズの25cm前後が10尾と数は伸びなかった。

7時前に時合い終了。ここからはセイゴの猛攻にあったため、場所を移動しメバルを狙うも、風波が強まり、短い釣行を終えた。

10月から続くアジの活性は2か月目に突入したが、アジが活性低くとも、さまざまな魚が相手をしてくれるので、これから釣りをする人にもオススメだ。

<週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年1月8日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post波止アジングで本命10尾 冬の好敵手メバルも登場【福岡・志賀島】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事