Yahoo! JAPAN

鈴木愛理、predia、=LOVE、神宿、EMPiRE……K-POPトレンドがもたらすJ-POPアイドルの形|「偶像音楽 斯斯然然」第39回

Pop’n’Roll

鈴木愛理、predia、=LOVE、神宿、EMPiRE……K-POPトレンドがもたらすJ-POPアイドルの形|「偶像音楽 斯斯然然」第39回

アイドルファンもよく口にする“K-POPっぽさ”とは何なのか? 今回、冬将軍が鈴木愛理、predia、=LOVE、神宿、EMPiREらの楽曲構造やビジュアル、プロモーションを分析し、“J-POPの中で醸し出されるK-POP感”の正体に迫る。

『偶像音楽 斯斯然然』
これはロックバンドの制作&マネジメントを長年経験してきた人間が、ロック視点でアイドルの音楽を好き勝手に語る、ロック好きによるロック好きのためのアイドル深読みコラム連載である(隔週土曜日更新)。

以前、<今さら訊けないK-POPとJ-POPの相違>と題し、K-POPとJ-POPの違いについて触れた。世界的なポップスのトレンドとして、“サビらしいサビ”が存在しない(そもそもサビの概念がJ-POP的である)ということを踏まえ、“メロディが弱く、リズムも単調で印象に残りづらい”、“物足りなさを感じる楽曲の長さ”という、一見マイナスを思わせるポイントを逆手に取ったプロダクトなどを挙げた。

上記記事内でも例に出しているが、TWICEのアルバムリード曲「MORE & MORE」と日本向けシングル「Fanfare」を比べれば、その違いは瞭然だろう。

TWICE "MORE & MORE" M/V

TWICE 「Fanfare」Music Video

しかしながら、これはどちらが優れているというわけではなく、国内だけで成立する日本の音楽市場と海外に販路を見出すしかなかった韓国との違い、日韓の音楽マーケティング戦略による違いによるものだ。

日本におけるK-POP人気はいうまでもないが、それが実際どういう影響をもたらしているのか。アイドルファンの中でもよく“今度の新曲はK-POPっぽい”などという声を耳にすることがあるが、その場合、実際は何かが似ているわけではなく、ちょっと大人びたダンス曲だとそう言われることが多いように思う。これはあれだ、ひと昔前の“R&Bっぽい”と同じように語られている。言葉だけが形骸化しているわけだ。

しかしながら、先述記事でNiziUを例に取り上げたように、“符割りに見合った無理のない言葉数と柔らかい語感”がその印象をもたらしていることも事実。

そこで今回はNiziUやIZ*ONEのように“日本人がK-POPをやる”といったものではなく、“K-POP意識のJ-POP”という趣を感じられる曲について、楽曲自体の構造やビジュアル、プロモーションといったさまざまな要素から考えてみたい。とはいえ、K-POP=世界のトレンド、となりつつあるために、それを偏にK-POP意識としてしまうことは難しい部分もあるわけだが、見方の1つとして考えてもらえれば幸いである。

まずは先日“2020年夏を盛り上げる攻めに攻めた曲”として取り上げた=LOVE「CAMEO」。

=LOVE「CAMEO」J-POPによる見事なK-POP咀嚼

=LOVE(イコールラブ) / CAMEO DANCE&LIP ver.【MV full】

得体の知れない中華風味を醸す80s’ハウス、オリエンタルな雰囲気が謎の中毒性を誘う。冒頭からの符割りに沿った無理のない言葉数と柔らかい語感。“女の子は”を“おん/なのこは”とする区切り方や“ス→リ→ル”の符割りは日本人発想ではあまりやらない手法。古典的なボーカルディレクションに則ってみれば、綺麗な響きとは言い難い切り方である。サビの“気付いてる?気づいてる?”の語尾の処理、猫撫で声っぽい上げ方、ぬらっとしたアンニュイな響きを持つサビもJ-POPにはない独特の聴き心地。MVの作りも、色合い、メンバーのオルチャンメイクも相まってK-POP意識の雰囲気を醸している。それでいて決して“かぶれ”ているわけでないのが、この楽曲の面白いところ。Cメロに歌い上げのパートがしっかり入ることによって、日本のアイドルグループとしてのポップ性を高らかに示す、という隙のなさである。

TWICEやIZ*ONEが海外向けと日本向けで楽曲を変えるように、日本ではわかりやすさが求められる。メリハリ、ワビサビ、といった緩急と盛り上がりが人気に繋がることが多い。であるから、高低差のないメロ、淡々とした楽曲構成、というトレンドを取り入れるも、サビらしいサビを用いない替わりに、CメロないしDメロに楽曲のピークを持ってくる、というわけだ。

トレンドを用いながらJ-POPらしさを持ち込んでいるといえば、聴けば聴くほど面白いのがprediaだ。

predia トレンドを見越したJ-POPからの回答

predia「NAKED」

prediaといえば、湊あかねと村上瑠美奈による鉄壁のツインボーカルを軸とした文句なしの歌唱力、そこから生じる圧倒的な説得力がすさまじい。豪奢を纏い、余裕綽々な振る舞いを魅せつけながらも、守りに入ることなく容赦なく攻め立てていく様が見事。特に6人体制となってからの切れ味は抜群で、新体制最初のシングル「NAKED」(2019年)はEDMテイストを散りばめたサウンドとレゲエっぽいトラップを盛りこんだ楽曲構成に、普遍的なJ-POP歌謡を感じさせるサビが斬り込んでくるエッジィな楽曲だった。そして今回、新メンバー、あのんを加えた7人編成初シングル「東京マドンナ」、これがまた面白い。

predia 「東京マドンナ」 Music Video

前奏らしいものがなく、突如入るソリッドなリズムのAメロ、伸びやかたっぷりにBメロときたら、ここで肩透かしのようにぬらりとしたドロップでサビを躱していくのが昨今のK-POP〜海外トレンドであるのだが、あえてここで正攻法なJ-POPサビを投下。先ほどまでのソリッドさとは打って変わって、prediaが得意としてきた歌謡ライクで普遍的ニューミュージック要素たっぷりのメロディを艶やかに標榜する。この貫禄はさすがとしか言いようがない。間奏的なものもなく、全体像を捉えればギュッと歌の聴きどころだけを凝縮した無駄のない見事な楽曲構成で、3分31秒にすべてを収めた美学。この短さも現在のポップス基準。まさに世界的トレンドを見越したJ-POPからの回答というべきもの。今どきのポップミュージックのトレンドを押さえながらきちんとJ-POPしていて、それでいて何よりもprediaらしさを存分に感じられる、一切の隙を与えない楽曲である。

そんなpredia楽曲を多く手掛けているのはJazzin’parkの栗原暁だが、相方の久保田真悟が手掛けているのが鈴木愛理の配信シングル「Let The Show Begin」。派手なブラスアレンジと高揚感を誘う高低差の大きいメロディが聴く者を昂らせる、古き良きアメリカンな香りがする新境地である。

鈴木愛理「Let The Show Begin」に見るMVの重要性

鈴木愛理‐『Let The Show Begin』(Music video)

J-POPセオリーも無視した展開を次々とリズミカルに畳み掛ける様は栗原同様にJazzin’parkらしい流石の業。アレンジはルーツミュージック要素を散りばめながらも、きちんと現在のポップミュージックに仕上げている。それにしても、楽曲自体はアメリカンな雰囲気なれど、ずっと優等生スタイルだった愛理が、こんなブリティッシュシンガーのようなスモーキーでがなるような歌い方ができるようになったんだなぁ(しみじみ)、などと、感傷に浸る古参ベリキューヲタも多いのではないだろうか。

そんな楽曲であるが、やはり目を惹くのは高揚感が猛り狂うMVだろう。日本のMVでは観ることの少ないミュージカル映画のようなゴージャスで目紛しい仕上がりだ。手掛けたのは韓国が世界に誇るSamsungによるプロジェクト『Boost Your Creativity』ということで納得。韓国は基本的にK-POPは長期プロモーション戦略であり、特にMV制作の力の入れ方には余念がない。対して日本は、先述の記事「今さら訊けないK-POPとJ-POPの相違」前後編で述べたとおり、リリース日に照準を合わせたレコード会社主導の短期プロモーションであるために、MVの制作体制が韓国や海外に比べると正直弱い。しかしながら、ストリーミング主体となり、リリース日よりもYouTubeでのMV公開タイミングでのインパクトが重要視されてきている昨今だからこそ、こうしたMVによるプロモーション方法は今後変わっていくのかもしれない。

神宿のガーリー路線

そして、ウマい具合いにトレンドを昇華しているグループといえば神宿だろう。

神宿 KAMIYADO「Brush!!」MV

「ボクハプラチナ」における、Grimes〜LOONA的手法を意識したかのようなJ-POP解釈に驚き、「在ルモノシラズ」のダークサイドに慄いたわけだが、「Brush!!」はどこか懐かしいガールポップな匂いを漂わせながらも、きちんと今どきっぽいガーリー感をかぐわせているという抜け目のなさ。サビらしいサビがなく、間奏替わりのラップパート、あえて歌い上げパートは作らずにサラッと聴かせる耳馴染み重視の3分39秒。先日この曲が披露されたライブを観たが、高低差の少ないメロを持つ同曲は、いわゆるアイドル的な盛り上がりがある“沸き曲”とはまったく別の存在にあることを再認識した。

さらに同曲の面白さは、リフレインされるキメフレーズに“Summer Time Match Every Moment Brush Yeah”と英語を用いてるところだ。ロックバンドはバンドブーム以降、BOØWYが確立した“サビは英語”というのがある種の常套手段になっているが、ガールポップにおいては、浜崎あゆみが“タイトルは英語だが、サビは必ず日本語”という決め事をしていたように、サビに英語を用いることは意外にも少ないのである。特にアイドルソングはそれが顕著である。であるから、正攻法にアイドルポップスに取り組んできた神宿がこういった方向性にシフトしてきたことは興味深い。

しかしながら、同曲は“作詞:塩見きら”とクレジットされていることで妙に納得してしまった。鼻から抜けるような清んだ声を持ち、既存メンバーとは明らかに異なる感性で、グループに新たな息吹をもたらしている彼女が起こしている化学反応。9月30日にリリースされるニューアルバムでは、どんな面差しを見せてくれるのか。

EMPiREの掲げる“SUPER COOL”とは?

K-POPの影響力は音楽のみならず。特にBLACKPINKを筆頭とした“女性が憧れる女性=Girl Crush(ガールクラッシュ)”という新機軸は世界中に旋風をもたらしている。これまでの異性を意識した欧米型の“Sexy”とは異なるスタイルである。

その昔、私が韓国アーティストの制作に携わっていた頃、向こうのA&Rが“K-POPの女性アーティストは胸の谷間を強調するといったセックスアピールはしない”と言っていたのだが、そういうことなのだろう。

日本のアイドル文化は“Pretty”や“Cute”では表現できない“Kawaii”を海外に広めた。そのビジュアルアイコンはハロー!プロジェクトやAKBグループに見られるような、制服、メイド、ロリータファッション……というようなものだろう。しかしながらそうした概念を打ち破ったのはWACKだ。パンクやハードコアといった、激しいロックをアイドルシーンにもたらしたBiSの功績は言うまでもないが、ビジュアル面においても、ミニスカートのようなフリフリ衣装を着ないアイドルスタイルを広めたことも大きい。そして、BiSHの大躍進によって、WACKのスタイルは今やメインストリームのアイドルスタイルまで到達したと言ってもいいだろう。

そんなWACKの中でも異質の存在であるのがEMPiREである。WACKとエイベックスとの共同プロジェクトで生まれたグループであるが、WACKの特色でもあるエモーショナルな要素よりも、スタイリッシュさにベクトルを向けてきた。サビではなくドロップを大胆に持ってきたEDMなど、現代のダンスミュージックに重きを置き、全員がビシッと揃えたシルエットで魅せていくパフォーマンスに力を注いでいる。その戦略は他媒体であるが、私がエイベックスのEMPiRE制作担当にインタビューした記事にて深く語られている。

EMPiRE / Have it my way [EMPiRE’S GREAT REVENGE LiVE] @Zepp DiverCity

EMPiREがさらに面白みを生んでいるのは、そうした流行りのダンスミュージックをWACKの伝統である、肌露出のない衣装で行なっていることである。それが、どこかスポーティな印象を与え、ワイルドでエレガントなEMPiRE独自のスタイルを確立することに成功している。新EPでは自らを「This is EMPiRE SOUNDS」と高らかに声を上げているのだが、それこそが彼女たち流のガールクラッシュ、EMPiREの謳う新機軸“SUPER COOL”なのだろう。

EMPiRE / SUPER FEELiNG GOOD [EMPiRE'S GREAT PARTY EXCEPTiON -SUPER COOL EGP-]

世界を見据えたK-POPの音楽探究

K-POP影響のJ-POPがあれば、その逆もある。YUKIKA(寺本來可)は韓国で活躍する日本人シンガーであり、昨今海外でも注目を浴びつつある日本独自の音楽であるシティポップをベースとしているアルバム『Soul Lady』をリリースした。これが、LOONAでお馴染み韓国気鋭のプロデューサー集団MonoTreeが手掛けているというのだから、衝撃の事実である。

[MV] 유키카 YUKIKA - 「서울여자 (SOUL LADY)」 Official Music Video

K-POPがJ-POPより優れているというつもりはないのだが、世界的なトレンドを吸収し、自国の音楽に昇華させ、今やトレンドを作っていることは紛れもない事実である。しかも、その音楽探究の対象が欧米の音楽のみならず、J-POPにまで及んでいるという周到さには感服せざるを得ないのだ。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 食卓の椅子に座ったら、目の前にキュウリがあった。食べるかどうか悩んだ…挙句、食べることにした柴犬。【動画】

    柴犬ライフ
  2. バレンタインはチョコだけじゃない!他と差をつける「変わり種バレンタイン」が登場♡

    anna(アンナ)
  3. 飼い主さんとTVを見てたらおネムに…超大きな赤ちゃんにしか見えない脱力ゴールデンが可愛すぎて超癒し。【動画】

    Retriever Life
  4. 男性たちに聞いた!こんな恋の駆け引きにドン引きしました #3「かわいい子でも無理!」

    ウレぴあ総研
  5. 【実録】“ママ友トラブル”で関係が終わった人 #1「気さくで優しかったのに」

    ウレぴあ総研
  6. 【メゾンドフルール】プーさんとピグレットの顔がモチーフの新作コレクション

    ウレぴあ総研
  7. お正月太りを引きずっていたら「ミオドレ」で解決! お腹、顔…気になる部位はぜ~んぶお任せ! #Omezaトーク

    FYTTE
  8. 【2日限定】「Mr. CHEESECAKE」から数量限定のフレーバーが登場♡

    anna(アンナ)
  9. 2021年の節分は2月3日ではなく2日。恵方巻や豆まきの日を間違えないように!

    ママスタセレクト
  10. ホームレスに無償で散髪するセレブ理容師「僕もホームレスだったから」(仏)

    Techinsight