Yahoo! JAPAN

八丈島遠征で20kg頭に良型カンパチ全員安打 アカイカ泳がせで狙い撃ち

TSURINEWS

20kg級堂々浮上(提供:週刊つりニュース関東版APC・田中義博)

6月7日(火)と8日(水)の二日間、6人のメンバーで泳がせ釣りで巨大魚を狙う八丈島遠征を楽しんできた。両日とも10kgを超えるカンパチをキャッチしたので、その模様をリポートしたい。

八丈島へ遠征釣行

一進一退のパワーファイトの末、紺碧の海中から姿を現すのは、ゆうに10kgを超える巨大魚ばかり。そんな巨大魚との夢のようなビッグファイトを味わえるのが遠征釣りの醍醐味だ。

それまでの静寂を打ち破るように竿先がバタバタと暴れ出した次の瞬間、泳がせ用の剛竿がバット部分から曲がり込む。トルクフルで重厚な引きに対して、ミチイトを出されないようフルドラグで耐える。そして、魚の引きが弱まった一瞬の隙に少しずつ間を詰めていく。

そのスケールの大きさゆえに、敷居の高さを感じている人が多いのも事実。しかし、羽田から飛行機を利用すれば、片道わずか1時間かからずに行けるのが伊豆七島の南端にある遠征釣りのメッカ・八丈島。現地での船の手配はもちろん、レンタルタックルも充実、宿泊施設も備えていて釣り人を手厚くフォローしてくれているのが伊豆諸島八丈島の八丈島総合釣りセンターアサギクだ。

私が所属する「味釣会(みつるかい)」でも、毎年、有志を募ってアサギクを利用しており、今年も6月7日(火)と8日(水)の二日間、6人のメンバーで八丈島遠征を楽しんできた。

アサギクで泳がせ釣り

7日は、羽田空港から7時半発の初便に乗り、八丈島に到着したのが8時半。空港からはアサギクからの迎えの車を利用し、9時にアサギク到着。

3人ずつに分かれ、神湊漁港から10時に出船。私が乗船したのは宇乃丸。船長の話では、ここのところ20kgオーバーの大型も数多く出ているとのこと。だが、この日は西風が10m以上でウネリも4mと高かったため、沖めのポイントには行けず港から近いエリアを攻めるとのこと。

釣り場までは約40分の航程(提供:週刊つりニュース関東版APC・田中義博)

狙いは泳がせ釣り。この時期の八丈島では生きエサにアカイカを準備してもらえる場合があり、初日は各自10杯程度を用意してもらった。

開始から3時間沈黙

約40分でポイント到着。水深120mでスタートとなる。親バリをアカイカの両目の間に浅く刺し、孫バリは剣先部分に装着。

エサはアカイカ(提供:週刊つりニュース関東版APC・田中義博)

アカイカから先に投入し、元気に泳いでいるのを確認してから、300号のオモリを仕掛けが絡まないようイカから離して投入。一気に落とすとイカを弱らせることになるので、サミングしながら海底へとアプローチしていく。

タックル図(提供:週刊つりニュース関東版APC・田中義博)

船長からの指示ダナは海底から7m。徐々に浅くなっていくとのことだったので、私はやや高めの10mを基点に上下2~3mを探っていった。

しかし、釣り開始から3時間。船中でアタリはまったくなく、付けエサのアカイカもエサ取りにやられてばかり。風の強さも増し、ウネリもさらに大きくなっていく。

時合い到来で良型カンパチ続々

船中には諦めムードが漂いだしていたが、その雰囲気を一気に打ち破る時合いが到来。

ポイントの様子(提供:週刊つりニュース関東版APC・田中義博)

水深90mのポイントで再開のアナウンス。先陣を切ったのは松野さん。1尾目こそ小ぶりだったが、すぐ次のアタリを出し、後検12kgのカンパチをゲット。

12kgで先陣を切った(提供:週刊つりニュース関東版APC・田中義博)

続けて、ミヨシの桑幡さん。終始手持ちで狙い、ハリ掛かり後はレバードラグリールのフルスタンディング。こちらも危なげなく同サイズをキャッチする。

渾身の力で12kg級手中

取り残された私はソワソワしたものの、タナを取り直した直後に前アタリから一気に竿が絞り込まれた。何とか初動に耐えて竿を起こすものの、何度も訪れる強引に体を持っていかれそうになる。

必死に耐える(提供:週刊つりニュース関東版APC・田中義博)

それを渾身の力で耐えて巻き上げていく。リーダーが入ったところで船長が駆けつけて、海面を割ったカンパチにギャフで一閃。無事に私も12kg級を手にすることができた。その後、私は8kgを追加。15時に沖上がりとなった。

1日目の釣果(提供:週刊つりニュース関東版APC・田中義博)

初日は全員安打

別船の幸漁丸に乗ったメンバーでは、福西さんが、この日最大となる14.5kgを頭に4尾。北原さんも14kgを筆頭に3尾。丸山さんは8kgをキャッチし、全員安打で初日を終えた。

1日目のメンバーで記念撮影(提供:週刊つりニュース関東版APC・田中義博)

2日目スタート

風が収まった翌日は、朝から気合十分。だが、漁でのイカが獲れず、各船生きたアカイカは10杯ずつのみ。前日に使用して保管していた冷凍イカも使用して狙うこととなった。

5時にモヤイが解かれた。風は収まったものの外洋のウネリは大きく残り、この日も3m以上。そんななか、前日に行けなかった沖合のポイントを目指し、船は南下していく。

約50分でポイントに到着。水深130mでスタート。「ここは出ればデカいのもいるからね。ドラグはギッチリと締めておいてよ」と船長。

14kgサイズアップ成功

スタートから何度目かの流し換えで、ファーストヒットを捉えたのは私。明らかに前日よりもトルクのある引きに、グリップを両手で支えるのがやっと。電動リールでのスタンディングだったが、何度も巻き上げが止まり竿が伸される。それでも何とか姿勢を立て直して巻き上げ、船長に取り込んでもらったのは後検14kgのカンパチだった。

直後に桑幡さんの竿も引き込まれた。やはり前日とは魚の大きさが異なるようで、何度も巻き上げる手が止められる。それでも魚に主導権を与えず、無事に海面を割ったのは14kgだった。

14kg級キャッチ(提供:週刊つりニュース関東版APC・田中義博)

20kg巨カンパチ浮上

この日のクライマックスは8時すぎ。水深140mのポイント。まず私が11kgをキャッチ。桑幡さんにきたアタリは竿がまったく立たない。何とかファーストランを引き留め、電動で巻き上げをスタート。途中、何度も強烈な引き込みに耐え、無事に海面を割ったのは、後検20kg。この遠征で最大のカンパチであった。

20kg浮上(提供:週刊つりニュース関東版APC・田中義博)

「電動でもやりとりをしたかったので、この流しから電動に替えておいてよかったです」とは本人の弁。

レバードラグでのフルスタンディングは、確かに魚との真剣勝負がより鮮明となるものの、電動スタンディングやウィンチスタイルなど、釣り手の体力や技量に合わせた釣り方で挑戦できることも泳がせ釣りの魅力だ。

桑幡さんは、その後も10kgオーバーを追加。この日は活きエサが潤沢ではないなかでも存分に八丈島での釣りを楽しめた釣行となった。

遠征プランが充実

10時に港に帰着。幸漁丸のグループでは、丸山さんと北原さんがそれぞれ17kgをゲット。前日以上の釣果に恵まれた二日間となった。

宿に戻ってからは、魚の下処理やパッキングなどを行い、シャワーも浴びてスッキリ。八丈島発13時50分の便で羽田空港へと戻ってきた。南国の空気が流れる八丈島で、巨大魚とのやりとりを体験してみてはいかがだろう。

アサギクでは旅行会社と提携しており、行き帰りの交通手段(羽田空港からの全日空利用/竹芝桟橋からの東海汽船利用)と宿泊がパックになったプランが充実。乗合船や仕立船の手配もしてくれるうえ、竿やリール、クーラーのレンタルや、各種釣り物に即した仕掛け類も現地で購入することが可能だ。

なお、飛行機を利用の場合は機内へ持ち込める荷物は重量サイズともに決められている。詳細は全日空のホームページを参照。東海汽船利用時にも手荷物に関するルールはあるため、同社のホームページの確認を。

<週刊つりニュース関東版APC・田中義博/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2022年6月24日号に掲載された記事を再編集したものになります。The post八丈島遠征で20kg頭に良型カンパチ全員安打 アカイカ泳がせで狙い撃ちfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事