Yahoo! JAPAN

マールボロ「ブラック・メンソール」がアイコスでも吸えるようになった!

価格.comマガジン

マールボロ「ブラック・メンソール」がアイコスでも吸えるようになった!

加熱式タバコのデファクトスタンダードとして君臨する「アイコス」。専用たばこスティックの新顔はなんと、紙巻きタバコのマールボロの中でもハード&クールな存在感で人気の「黒マル」「ブラメン」こと、"ブラック・メンソール"だ。そんな「マールボロ・ヒートスティック・ブラック・メンソール」を、アイコスでも吸える日が来るなんて感慨深い……。ではその味わいを確認してみよう。

20本入り520円(税込)。2020年8月6日から、コンビニエンスストアを含む全国の主要たばこ取扱店でも発売

アイコスで「黒マル」「ブラメン」が吸える日がやってきた!

喫味の強さから、本格タバコとして紙巻きタバコシーンで絶大な人気を誇る「マールボロ」。通常バージョンの赤箱は通称「赤マル」として親しまれ、ほかにも「金マル」、「緑マル」など、パッケージの色で愛称が付けられているのだが、その中でも強くてクールな印象を持つのが「黒マル」(別名「ブラメン」)と呼ばれるブラック・メンソールである。

メンソールと聞くと、思い浮かべるのはスースー爽快な清涼感だろうが、この「黒マル」に関してはもっと精悍で、引き締まったメンソールがガツンと来るタイプ。レザーやバイクが似合うようなストイックなメンソール味なのである。

今までもアイコスには、「ヒーツ」ブランドも含めて数多くのメンソールタイプが出ているのだが、「ブラメン」は特別と考える人にとっては、今回の「マールボロ・ヒートスティック・ブラック・メンソール」は、まさにお待ちかねの製品である。

「ブラメン」待ってました!

甘みを極限にまで抑えた、刺激一直線のメンソール

では、実際に味わってみたい。メーカー的には「アイコス史上最強のメンソール」ということだが、パッケージを開けただけでは、目に染みるようなスースー感はそれほど強くない。

加熱して吸い込んでみると、よそ見せずにのど奥にストレートに直撃するメンソール感。ふんわりとかスースーとかではない、ストイックで甘みを極限にまで抑えた刺激一直線のメンソールである。たしかに刺激の強さは最高峰だ。

その辺は紙巻きタバコの「ブラメン」と非常に通ずるものがある。もちろん、加熱式タバコは紙巻きタバコと違ってタールなどが削減させているので、まったく同じ味ではないが、こののど奥ストレートパンチな味わいは、共通している。

ふんわり甘やかなメンソール、ゆったり深呼吸するときのような爽快メンソールと言うよりも、戦いに挑む戦士が気合を入れるために一服するような味わい。筆者は純粋にかっこいいと思ったし、文句なしにおいしいと言える。

メンソールが苦手な人でも、おいしく感じやすい味仕立て

スタンダードな「マールボロ・ヒートスティック・メンソール」とは役目がまったく違う

では、マールボロ・ヒートスティックのスタンダードメンソール銘柄「マールボロ・ヒートスティック・メンソール」とはどう違うのか。フレーバーメンソールなどは各種あるが、純粋メンソールとなると、マールボロ・ヒートスティックには、デバイス登場当初からあるこの「メンソール」しか強力メンソールは存在しない(「ミント」はやさしいタイプ。「ヒーツ」は除く)。

実際に吸い比べてみると、「メンソール」のほうはやはりやさしい甘みがふわっと含まれている、正統派メンソールの味わい。これはこれでおいしいのだが、気合を入れるというよりは、ゆったりくつろぐタイプの味だ。同じメンソールでありながら、役目がまったく違う印象である。

マールボロ・ヒートスティックは箱上部にしか種類名が書いていない。スティックは、フィルター部分の蝶ネクタイ状アイコンが黒なのがブラメン、緑がメンソールだ

ここ一番、気合を入れたいときに向いているストイックなメンソール

タバコに甘みを求めるかどうかでも、両者は差異がある。ギリリと引き絞られた史上最強メンソール刺激を持った「ブラック・メンソール」。黒いパッケージもクールだし、広がりにくいメンソールというストイックさも、とてもうまいと筆者は感じた。

この「ブラメン」登場によって、紙巻きタバコからの移行組が増えそうな予感さえする。加熱式タバコユーザーでも、甘さや余計なフレーバーはいらない、最大の刺激だけ欲しいという人ならおすすめである。

厳しい夏は、ハードなメンソールで乗り切ろう!

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 聞くだけで幸せ!お子さんが嬉しそうな顔をする瞬間を教えてください

    ママスタセレクト
  2. 「マットに乗って」のコマンドにしっかり従うハスキーくん♪ → でも「こっちへ来て」と言われると…。

    PECO
  3. 中川翔子“誕生ヒストリー”父・中川勝彦さんの二十七回忌に母が回想「子供を作ろうと言われ…」

    Techinsight
  4. 小野大輔、TOKYO FM新番組『Delightful Days』が10月3日スタート 喜びのコメントが到着

    SPICE
  5. 「A3の持ち手付きケース」が300円!! 家の整理にも便利そう。

    東京バーゲンマニア
  6. Chelmico、「どうやら、私は」ミュージックビデオが完成

    SPICE
  7. 【9月21日プロ野球公示】阪神が浜地真澄と中田賢一抹消、岩田稔とエドワーズを登録、DeNAは京山将弥を登録

    SPAIA
  8. ハナコ岡部大が朝ドラ「エール」で評価急上昇!ライバルは“共通点だらけ”のハライチ澤部佑

    日刊ゲンダイDIGITAL
  9. 大森隆志さんが明かす「サザン時代の自分は地上2m上をフワフワ浮いていた」【ロフト創業者が見たライブハウス50年】

    日刊ゲンダイDIGITAL
  10. 草刈正雄さん コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔のないよう思いを伝えたい」【#コロナとどう暮らす】

    日刊ゲンダイDIGITAL